鈴木棟一「金融庁処分連発に潜む主導権奪取の事情(新・永田町の暗闘)」週刊ダイヤモンド2006/06/10

公開日: : 最終更新日:2012/09/16 書評(雑誌), 週刊ダイヤモンド



20060605235959


最近、与謝野・中川と竹中の対立が言われている。そのことと、最近の金融庁による金融機関への頻繁な行政処分が繋がっているという話がこれ。なるほどと思った。急速に人望を集める与謝野氏は次の自民党総裁の可能性もあるという。なんとも


与謝野氏については、過去にも気になって何回かメモしたことがあった


石川潤「アイフル全店処分の必然(時流超流)」日経ビジネス2006年4月24日号


“「金融相、信用取引、担保除外を批判―ライブドア株で。」日経平成18年1月19日夕刊”


こういうこれまでの発言を踏まえて、この人物をどう評価していいかわからない




・4月末からの1ヶ月、与謝野氏率いる金融庁は突然変異のように金融業界への業務停止命令など制裁行政を連発する電撃作戦に出た


・金融庁の激しい動きの背景に、これまで金融行政を支配してきた竹中氏への、報復の意思がうかがえる


・三井住友への業務停止だが、郵政民営化の準備会社である日本郵政株式会社の西川善文社長は竹中氏と関係が深く、三井住友の前頭取である日本経済団体連合会の奥田碩会長は、東京証券取引所社長で東芝出身の西室泰三氏を推したが、首相は、竹中氏が推した西川氏に決めた


・竹中氏のブレーンだった木村剛氏の日本振興銀行にも疑惑の目が注がれている。関係者の話。「銀行の免許を竹中が超スピードで下ろした。ネットのソニー銀行が一年半かかったのに4ヶ月ぐらいで取れた。しかし、『親類や身内への貸し付けが不自然だ』と告発もあり、金融庁は次のターゲットにしている」


・なぜ首相は竹中氏を敬遠し始めたのか。平沢勝栄氏が語る。「竹中はゴマすりの天才で、イエスマンだということで小泉が重用した。しかし、小泉は最近になって『竹中の言うことを聞いていると、いろいろ問題が起きる』と気づいた。ホリエモン事件は竹中事件、というのは永田町の常識だ」


・「歳出カットばかり言うと経済が萎縮する。一方で成長政策で増収策を採らねば。クルマの両輪でやらなければ経済が失速する」このバランス感覚が与謝野氏である


・与謝野氏は選挙に弱かった。3年前に落選から復帰したとき「どうせ無役だろう」と量子力学の本を十数冊、シリーズで買い込んで勉強しようというほど学者タイプの仕事人である







google adsense

関連記事

no image

鈴木棟一「民主をまねて自民が大揺れ 世襲制限めぐる対立の行方(新・永田町の暗闘)」週刊ダイヤモンド2009/06/06

最近、気になる ・自らは秋田から集団就職列車で上野駅に着き、東武東上線の沿線のベニヤ工場で働き

記事を読む

no image

ジョセフ・E・スティグリッツ「ミット・ロムニーの所得税問題にあるアメリカの“不公正”(スティグリッツ教授の真説・グローバル経済)」週刊ダイヤモンド2012/10/06

20121002223608 このシリーズは、いつもは斜め読みである。しかし今回は通読して

記事を読む

no image

海老沢泰久「マスターズが世界一美しい理由」週刊東洋経済2005.5.21

20050613210245 マスターズが私的であるため、その運営において妥協なく理想を追求してい

記事を読む

no image

佐藤吉哉「佃和夫氏 三菱重工業社長 環境技術で世界派遣を(編集長インタビュー)」日経ビジネス2008年3月31日号

20080429060000 プリンスホテルの契約違反の件があったが、同時期にさりげなく三菱重工の

記事を読む

no image

佐藤優「仕事上で有益な人物とどのように知り合うか(知の技法 出世の作法)」週刊東洋経済2007.9.8

20071021120800 この連載は、内容はあまり信用していない。が、面白いのでかなり細かく読

記事を読む

no image

山崎元「新入社員に贈るマネー生活の基本的な心得(マネー経済の歩き方)」週刊ダイヤモンド2006/04/22

この人は、社会的なプレゼンスをどんどん高めているように思う。今週の本誌では中心人物だ。特集の「あとで

記事を読む

no image

池田信太朗「強いリーダー 良品計画松井忠三会長 V字回復へ柔和な豪腕」日経ビジネス2008年7月21日号

こんなこと、実際にあったのだから恐ろしい。しかもブランドが比較的しっかりしていると思われた無印良品で

記事を読む

no image

池尾和人「政府資産の売却は決め手にはならない(経済を見る眼)」週刊東洋経済2006.4.22

20060420001100 筆者は慶応大学経済学部教授 不良債権で苦しんだ銀行が本店を売却

記事を読む

no image

鈴木宗男「渦中のひと 鈴木宗男元衆議院議員の告白 ロシア外交の灯を再び」日経ビジネス2011.11.28

20111129234013 現在、喜連川にて収監中という。そこで、ここまでの主張ができるとは驚く

記事を読む

no image

内田通夫「マスメディアは事件を消費するだけか 耐震偽装事件に賞味期限はない(アウトルック)」週刊東洋経済2006.11.25

報道のいい加減さ、狡さの例。極めて共感したコラムだった 結局、記者クラブでなかよく開示された報道資

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

google adsense

pay整理とKyashへの収束

20181209101111 ソフトバンク系と楽天系のポイントが

楽天ペイのアプリとローソン

20181208145713 Rakuten PayがPayPa

銀行の口座振替(引落し)設定の解除

20181207112040 とある事情で、とある業者への支払い

Pixel3の購入と現状の整理

20181120110248 Pixel初代とPixel2が日本

ドコモ「dアカウント」と「ポイント共有グループ」の整理

20181106112305 ドコモに3回線MNPの顛末(2

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑