鈴木棟一「靖国参拝を強行する小泉首相の新の狙い(新・永田町の暗闘)」週刊ダイヤモンド2006/07/08

公開日: : 最終更新日:2012/02/10 書評(雑誌), 週刊ダイヤモンド

週刊ダイヤモンドは終わりに近づくに連れ、読み応えのある内容となっているのが興味深い雑誌である。最初の「プリズム」や一コマ漫画、中盤の齋藤孝は読む価値がないし、ゴルフやレストランの記事はつまらない。しかし、最後の野口悠紀雄、鈴木棟一、櫻井よしこ、多川俊映の各氏の連載コラムはいい。こういうのや、中程の山崎元氏や「転->展->天職」などがあるから、やっぱり週刊ダイヤモンドはチェックをはずせない、ということになる
今日、気になったのはその中の鈴木氏の政治に関するものである。8月15日の事件が予め分かっているなら、事前にうまく立ち回ることで一儲けできないだろうか。為替の材料?、株価の材料?。今日は別ルートでも同じ話を聞いた
以下、本コラムの主観的な要約

今年は8月15日に小泉首相は靖国神社に参拝する。この事実は安倍官房長官の総裁選出を支援する効果がある
小泉氏は安倍氏を総裁にしたい、その理由は福田前官房長官を総裁にしないため。なぜ福田氏を総裁にしたくないかといえば、それは小泉政権下の外交に関する4つの大罪が、すべて当時の福田官房長官の独断専行によるもので、これを恨みとしているから、というもの。飯島主席秘書官の談
第1は、金正男が成田空港で拘束された際に福田氏が中国と話をつけて送還し、外交カードを失ったこと。この際、警察庁は「調べる前に帰してはならない」と主張したのに、外務省が「極秘にすぐ送り帰すべき」とした
第2は、首相の靖国参拝の予定を、福田氏が中国の唐家セン氏と折り合いをつけて8月15日から13日にずらしたのに、その唐氏が事後に大々的に靖国参拝を批判したこと
第3は、中国の活動家7人が尖閣諸島に不法上陸したとき、沖縄県警が取り調べるつもりだったのに、福田氏と外務省が那覇から中国機で送還してしまったこと
第4は、上海領事が女性問題を材料に中国の公安当局者から外交機密情報を求められたことを苦にして自殺した件で、中国と交渉して、公表せず、総理にも報告しないとしたこと

予断だが、同じ号では上場株式の理論株価を紹介している。週刊ダイヤモンドと同じ出版社が出しているZAiやデータブックなどでも紹介されているこの理論株価というやつ、どうも気になる。到底、そのまま信じることはできないのだが、それでも心迷わされる
200607072330

google adsense

関連記事

no image

麻生祐司ほか「カルロス・ゴーン独占インタビュー(特集ゴーン大反論)」週刊ダイヤモンド2007/06/09

別に、ゴーン氏が辞めるべきだとか、日産はどうすべきだと思っているわけではない。経営の勉強の材料として

記事を読む

no image

内田樹「終身雇用を死守しよう(編集長インタビュー)」日経ビジネス2009年6月8日号

20090620180947 主張は記憶に残らなかったけど、引証は記憶に残った ・エコという

記事を読む

no image

戸田顕司ほか「特集 キリンがビールを超える日」日経ビジネス2008年3月3日号

責任体制が明確でよろしい。インセンティブを適切に制御する仕組みと思える ・M&Aの成果を確実にするた

記事を読む

no image

堀越千代「ゲレンデに客を呼び戻した白馬五竜スキー場の挑戦(カンパニー&ビジネス)」週刊東洋経済2008.3.22

20080502060000 そのとおりだと思う。それが原因でスキーがあまり好きではなくなったよう

記事を読む

no image

山田昌弘「拡大する地域間格差 大変化する家族形態(The compass)」週刊東洋経済2006.1.21

20060130231500 著者は最近ベストセラーを出して有名になった人だ。ビジネス誌でも去年の

記事を読む

no image

山崎元「株式運用はプロ任せよりも自分でやるほうが有利(マネー経済の歩き方)」週刊ダイヤモンド2005/10/29

著者の魅力は、投資における不正、いい加減、曖昧、誤解に対する指摘と、その際の舌鋒の鋭さにある。今回も

記事を読む

no image

高橋由里ほか「産科・小児科・外科…医療の担い手が消える(特集/日本の医者・病院・診療所)」週刊東洋経済2007.11.3

どういう意味なのか、よく分からないけど、興味深かった記事。近所にいつも携帯電話で話をしているお母

記事を読む

no image

「CSに「即効薬」なし(特集 2012年版アフターサービスランキング)」日経ビジネス2012.7.30

20120804164843 日経ビジネスの恒例の特集。かなり影響力を持つものと思う。自分でもこれ

記事を読む

no image

鈴木棟一「民主をまねて自民が大揺れ 世襲制限めぐる対立の行方(新・永田町の暗闘)」週刊ダイヤモンド2009/06/06

最近、気になる ・自らは秋田から集団就職列車で上野駅に着き、東武東上線の沿線のベニヤ工場で働き

記事を読む

no image

内田通夫「マスメディアは事件を消費するだけか 耐震偽装事件に賞味期限はない(アウトルック)」週刊東洋経済2006.11.25

報道のいい加減さ、狡さの例。極めて共感したコラムだった 結局、記者クラブでなかよく開示された報道資

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

google adsense

pay整理とKyashへの収束

20181209101111 ソフトバンク系と楽天系のポイントが

楽天ペイのアプリとローソン

20181208145713 Rakuten PayがPayPa

銀行の口座振替(引落し)設定の解除

20181207112040 とある事情で、とある業者への支払い

Pixel3の購入と現状の整理

20181120110248 Pixel初代とPixel2が日本

ドコモ「dアカウント」と「ポイント共有グループ」の整理

20181106112305 ドコモに3回線MNPの顛末(2

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑