本城武則「なぜ私たちは3カ月で英語が話せるようになったのか」実業之日本社

公開日: : 最終更新日:2011/11/13 書評(書籍)



IQよりもEQを重視。対人恐怖という切り口から日本人と外国人の違いを主張。日本語と英語の違いを言語として沿革から説き起こす。あとはポイントとなる語学上の注意点だけを述べたもの


ドラゴン桜、といってもテレビドラマしか見たことないが、そこに出てくる英語の特別講師に似てる。なぜ、外国人は一言でも日本語を知っていると「日本語が出来る」と軽く自慢するのに、日本人が「英語が出来る」と言うためにはストイックなまでに完璧を目指すのか、と。そういう内容なので期待と違う人には不満を覚えるかもしれない


英語が上達する本としては内容は薄いかもしれない。しかし本の値段も安い。むしろ、本の作り方には共感を覚える。無駄な記述もなく、言いたいことが絞り込まれている。そしてそれが最後にまとめの形で出てくる。これぞ、まさに筆者のいいたいことが実践されている感じ。“ロバート・キヨサキほか「金持ち父さん貧乏父さん」筑摩書房”でも“近藤藤太「デカい態度で渡り合え! 世界中で通用する人間関係10のルール」フォレスト出版”でも同様の作りとなっていたと記憶している。




p33.松下電器の創業者である松下幸之助氏も

google adsense

関連記事

no image

荒井千暁「勝手に絶望する若者たち」幻冬舎新書

世代を切り取るものなので、スノビッシュな興味からスムーズにページが繰られる。ときどき的確な指摘があり

記事を読む

no image

堀E.正岳「情報ダイエット仕事術」大和書房

20120130000747 確かに電子メールに対してすぐに見てもらえるという期待をなくしたい。常

記事を読む

no image

加登豊「管理会計入門」日経文庫

これと同じ方の本だ hiog: 加登豊「インサイト管理会計」中央経済社 最近、管理会計の本をよく

記事を読む

no image

三谷宏治「トップコンサルタントがPTA会長をやってみた」英治出版

20080917060000 面白い。筆者がPTAや生徒の前で話した具体的内容が興味深い

記事を読む

no image

井沢元彦「古寺歩きのツボ」角川oneテーマ21

おもしろかった。内容は簡単。しかし、半分以上は既に知っている知識だったので、これは話半分というところ

記事を読む

no image

藤村正宏「これ、知ってました?集客に、お金はかからないのです。」イースト・プレス

帯の推薦を見て手に取り、目次とその気になる部分をザラザラっと読んで購入を決めた。賞味2時間程度の読み

記事を読む

no image

渡部昇一・林望「知的生活 楽しみのヒント」PHP研究所

先日読んだ”林望「知性の磨きかた」PHP新書”を見つけた際に、あわせて見つけたので読んでみたのがこの

記事を読む

no image

林田正光「リッツ・カールトンで学んだ仕事でいちばん大事なこと」あさ出版

ホテル勤務経験の長い著者による接客サービス術に関する知見の集大成。頷ける記述が多く、買って正解。

記事を読む

no image

冨山和彦「会社は頭から腐る」ダイヤモンド社

この人の容姿がいまいち好きになれない。しかし、この本を強く勧める人がいて、読んでみることにした。結果

記事を読む

no image

マーク・ルイス「悪いヤツほど成功する7つの法則」ベストセラーズ

なぜいま5年前の本を読んでいるのか分からないけど そしてどうでもいいことに気づいたんだけど、KKベス

記事を読む

google adsense

google adsense

pay整理とKyashへの収束

20181209101111 ソフトバンク系と楽天系のポイントが

楽天ペイのアプリとローソン

20181208145713 Rakuten PayがPayPa

銀行の口座振替(引落し)設定の解除

20181207112040 とある事情で、とある業者への支払い

Pixel3の購入と現状の整理

20181120110248 Pixel初代とPixel2が日本

ドコモ「dアカウント」と「ポイント共有グループ」の整理

20181106112305 ドコモに3回線MNPの顛末(2

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑