野口悠紀雄「貿易大国から脱していない日本人の意識(「超」整理日記)」週刊ダイヤモンド2006/04/29・05/06合併号

公開日: : 最終更新日:2012/02/10 書評(雑誌), 週刊ダイヤモンド, 野口悠紀雄



週刊ダイヤモンドと週刊東洋経済というイガミ合う2誌に、著者の同じようなコラムがある。どれを読んでも明快であり、雑誌を買ってよかったと思う。しかし、両誌に同時にコラムを連載していてモラル的な問題はないのだろうか


いわゆる虚業への軽蔑が、とくにライブドアや村上ファンド以降に強くなってきているが、それと一見関係のなさそうに見える人口減少問題への解決のベクトルを繋げて、要は加工貿易の観点でしか物を見ることができない日本なのだ、次元の違いがあるのだと説明している。2次元の世界からは3次元を理解することができない、と整理してしまうと、なるほどこの傾向の強硬さも理解できる




・アメリカは2000年で純資産がマイナス251兆円という巨額の債務超過国であるにもかかわらず、所得収支はいまだに黒字なのだ(94年で240億ドル)。これは、アメリカの対外投資が、企業年金や投資信託などによる株式投資や企業の直接投資など、高リターンを実現するものが多いためだ。ヘッジファンドなどによる高リスク・高リターン投資も増えている。その半面で、アメリカに流人する資本は、リスク・マネーを扱い慣れない国からのものが多い(その代表が日本である)。このため、低リスク・低リターン投資となり、利子支払額が抑えられているのである


・「日本人が汗水流して働いているのに豊かな生活ができず、アメリカ人が豊かな生活をしているのは不合理だ」という意見がある。一人当たりGDPで、いまやアメリカは日本より高いから、「アメリカのほうが豊か」という事実に誤りはない。しかし、その原因は、(しばしば誤って指摘されるように)アメリカがドル紙幣を印刷するだけで外国からモノを買えることではない。また、軍事力を背景に世界経済を操っていることでもない。アメリカが豊かなのは、「他国との頭脳力格差」を利用できているからなのである


・日本では、「ものづくりこそが正当な経済活動であり、ファイナンス理論などはいかがわしい」という誤解が根強い。ライブドア事件は、この誤解をさらに強める結果となった。人口構造の変化に対しても、それを前提として社会構造を変えるのではなく、出生率を高めて人口構造を昔のかたちに戻し、成長率を高めようとする考えが一般的だ。つまり、日本人の意識は、いまだに貿易大国から脱していないのである




20060817235500

google adsense

関連記事

no image

藤井清孝「日本よ、防御に回るな」特集/日本をぶち壊せ!」週刊東洋経済2009.4.25

こういう、システムの運営者になりたい ・本屋にずらりと並ぶグルメ本を見ても、藤井は首をかしげる

記事を読む

no image

中島募「政府がNHKに拉致問題の放送を命令 効果を期待、57%が賛成」日経ビジネス2006年11月27日号

20061130001000 当のNHKを初めとして、こういう「報道の自由」に触りそうな事件につい

記事を読む

no image

冨岡耕「豪空港ファンドが日本上陸 狙われた「羽田」視界不良の攻防戦(スペシャルレポート)」週刊東洋経済2007.10.27

タイトルの羽田になぜカギカッコがつくのかもわからないが、下に引用する文において空港ビル関係者がなぜ「

記事を読む

no image

「“非常識”なヒコーキ ホンダジェットの勝算(特集/ボーイングvs.三菱vs.HONDA)」週刊東洋経済2008.9.20

20080925060000 この週の東洋経済は飛行機特集できわめて専門的な記載が多く、普通のビジ

記事を読む

no image

野口悠紀雄「出生率の引き上げは少子化社会対策として適切ではない(通説粉砕経済塾)」週刊東洋経済2006.4.1

ここで急に1年以上前の記事をメモしておく ・出産費用がゼロになったところで、出生率に大きな影響

記事を読む

no image

「五味廣文(元金融庁長官)インタビュー規律欠如が過剰規制を生む 自縄自縛に苦しむ証券業界」週刊ダイヤモンド2012/09/08

20120916014826 今年度上期の金融ビジネスシーンでは、「自浄努力」が流行語大賞

記事を読む

no image

鈴木棟一「国家公務員改革が閣議決定 政治と官僚の仁義なき戦い(新・永田町の暗闘)」週刊ダイヤモンド2008/04/19

すごい。官僚の主張を繰り返し繰り返し代弁する町村氏が4回。対する渡辺喜美は、この記事にも写真が出てい

記事を読む

no image

大橋洋治「未曾有の危機でこそ社員との直接対話を(有訓無訓)」日経ビジネス2005年11月7日号

日経ビジネスの巻頭に、それも目次よりも前に、このコーナーがある。大体いいことが書いてある。後ろのほう

記事を読む

no image

大宅映子「本来あるべきゴルフの姿に」週刊東洋経済2005.7.23

20050722001100 ゴルフが接待用に調整されている日本の現状に対して憂いを表明する。現在

記事を読む

no image

飯泉梓「セブンが認めた総菜のプロ ヤマザキ(食品製造業) 現場力」日経ビジネス2009年9月21日号

プロが買っていくというのがスゴいね。この記事の前からセブンのこのシリーズは気になっていて、ポテトサラ

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

google adsense

pay整理とKyashへの収束

20181209101111 ソフトバンク系と楽天系のポイントが

楽天ペイのアプリとローソン

20181208145713 Rakuten PayがPayPa

銀行の口座振替(引落し)設定の解除

20181207112040 とある事情で、とある業者への支払い

Pixel3の購入と現状の整理

20181120110248 Pixel初代とPixel2が日本

ドコモ「dアカウント」と「ポイント共有グループ」の整理

20181106112305 ドコモに3回線MNPの顛末(2

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑