改定・保育士養成講座編纂委員会編「改定・保育士養成講座2006第9巻 教育原理」全国社会福祉協議会

公開日: : 最終更新日:2012/02/10 書評(書籍), 保育士試験

保育士試験受験シリーズ(9/11)
ここだけなぜか、試験範囲の記述とテキストで順番が違う
試験問題の内容について、受験者の批判が多かったのがこの科目。ネットをみると主催者や厚生労働省に抗議している受験者が少なからずいるようだ。ここを逃すと1年待たなくてはならない。その上、ここが不合格だと、次の科目の「養護原理」も連帯して不合格となってしまうので、キツイ
ただ、思うに、受験科目として「教育原理」があり、これが幼児教育に限らず、生涯学習も含めた包括的な教育を対象にしている以上、今回の出題に保育所と関係のなさそうな学童のいじめに関するものがあっても問題ない
最も難しいということについては同意。自分も最もヒヤヒヤしたのがこの科目。速報ベースの誤った情報により一旦は不合格と認識したものの、最終的にはギリギリの6割を取ることができた。解答時間も30分では足りず最後の問題は適当に回答したということも、他の科目ではなかったことだ

p39.ルソーにとっては、従来の教育は子どもにおとなの社会的偏見や間違った先入観を植えつけるだけで、かえって子どもが学び、考える力を奪うことになるとした
p42.”Kindergarten”、子どもたち(Kinder)の花園(Garten)を意味するこのことばは、彼の母国であるドイツ以外の国々でも用いられる、世界共通語となっている、そこには、「子どもたちの楽園」を構想し、実現するに至ったフレーベルをながくたたえようとした後世の人々の思いがこめられているといえる
p48.わが国には、古来「7つまでは神のうち」ということわざがある。このことばには2つの意味があるとされている。その1つは、日本の民衆の貧しさからくる乳幼児死亡率の極端な高さが、大いに原因していた。すなわち7歳(満6歳)までは、いつあの世に召されるかわからない生命の不安定さがあるとするものである。もう1つは、7歳までの子どもは純真で無垢、悪意のない神のような存在であるとする考えであり、彼らには自由なふるまいが許されていた
p66.騎士の教育は学校においてではなく、7歳ごろから宮廷での生活を通じて行われ、騎士道精神を体得させるために、「騎士の7芸」、すなわち乗馬・水泳・弓術・フェンシング・狩猟・チェス・作詞が教えられた
p66.徒弟の期間は職業の種類により、または修行の年齢により異なるが、イギリスでは7年、大陸では3~4年、親方の家に住み込んだ。年季を終えて試験に合格すれば、徒弟は職人になり、職人の期間には通常1年間「お礼奉公」した後、数年間にわたり「遍歴」修行に出て見聞を広めるとともに、技を磨き、遍歴から帰って「親方作品(masterpiece)」を提出し、その審査に合格すれば、親方になれるのである
p81.農民の子として育ち、のちに民俗学者になった宮本常一はその著書「家郷の訓」において、村里で「よき家人、よき村人となるための教育」を記録している。それによれば、通常、子どもは6、7歳になるまで祖父母のもとで育てられ、その後、両親が家にいる場合、あるいは母親が家を守っている場合、主として母親が子どものしつけにあたる
p82.日本には親の側が自己の能力の限界を知り、子どもを「家」から「他家」や職業集団へ送り出し、信頼できる「世間」に委ねるという意識があった
p92.イエスにとって、子どもだけでなく、弟子やおとなたちも「子よ」「子たちよ」「娘よ」と父子関係にある者として呼びかけられる存在にほかならない
p93.もっとも、新約聖書では、旧約聖書にみられる「性悪説」的子ども観が払拭されているか、断言はできないが、少なくとも、それは「幼な子らをわたしの所に来るままにしておきなさい。止めてはならない。神の国はこのような者の国である」(「マルコによる福音書」第10章第14節)というような子どもに対する絶対的な信頼が表明された、歴史上はじめての文書であるといえるのではなかろうか
p131.アメリカでは、日本のように「私の子どもは中学2年生です」といっても正確に意味が通じない
p204.引きこもりは、推計で平成12年現在、全国に140万人いるとされる
p209.室内でのテレビゲームでは身体を使わないし、子ども同士のトラブル経験も少なくなる。それだけ人間関係を築く経験を持てないことになる
p209.その点、テレビゲームなどで遊ぶ場合には自分の都合が悪ければリセットしたりスイッチオフにすればよいのだから簡単であるし楽である

20060819230000

保育士養成講座 第9巻

posted with 簡単リンクくん at 2006. 8.19
改訂・保育士養成講座編纂委員会編
全国社会福祉協議会 (2006.2)
通常24時間以内に発送します。

google adsense

関連記事

no image

池谷裕二ほか「ゆらぐ脳」文藝春秋

あっという間に読み終えたほどの平易な内容。期待に反して内容は薄かったものの、なかなか示唆に富む記載も

記事を読む

no image

真壁昭夫「若者、バカ者、よそ者」PHP新書

20120927225306 なんかタイトルと内容が違う。思ったほどメモがなかった

記事を読む

no image

大久保寛司「仕事の壁を破るヒント」PHP研究所

20070410222000 本の構成がおもしろい。一区切りついたところで作者が読者に呼び

記事を読む

no image

杉山勝行「10人の達人に学ぶセルフブランドの創り方」三修社

昔読んだものを再読したもの。昔のチェックと今回のチェックの内容が微妙に異なっている。過去にチェックし

記事を読む

no image

竹村健一「竹村健一の最後に勝ちを拾う発想法」青春出版社

微妙だよな。興味深い事例に溢れており、楽しく読み通すことができる。そして著者の主張にも概ね首肯できる

記事を読む

no image

谷口克広「信長・秀吉と家臣たち」学研新書

20111209225322 信長の合理性。成し遂げられなかった封建制の成立を薦めた秀吉。この辺は

記事を読む

no image

近藤勝重「書くことが思いつかない人のための文章教室」幻冬舎新書

20120208213420 スキル/テクニックを教える本を読むときは、意識して外枠から攻める。表

記事を読む

no image

加登豊「インサイト管理会計」中央経済社

前書きに「知識と洞察力が必要なビジネスパーソン向けの本は、不思議なことにこれまで存在しなかった。この

記事を読む

no image

藤原和博「建てどき」情報センター出版局

筆者が自分の家を建てるため、長い年月をかけて得た知識と経験の集大成。その知識を施主の立場において必要

記事を読む

no image

鴨下一郎『ひとつ「捨てると」人生がひとつ「楽になる」』新講社

期待する路線とは少し違った。というのもあまり理屈だったことは書かれておらず、かなりさらっと書き流した

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

google adsense

pay整理とKyashへの収束

20181209101111 ソフトバンク系と楽天系のポイントが

楽天ペイのアプリとローソン

20181208145713 Rakuten PayがPayPa

銀行の口座振替(引落し)設定の解除

20181207112040 とある事情で、とある業者への支払い

Pixel3の購入と現状の整理

20181120110248 Pixel初代とPixel2が日本

ドコモ「dアカウント」と「ポイント共有グループ」の整理

20181106112305 ドコモに3回線MNPの顛末(2

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑