ウィリアム・リード「記憶力・発想力が驚くほど高まるマインドマップ・ノート術」フォレスト出版

公開日: : 最終更新日:2012/09/16 書評(書籍)



20060830014300








読書術や自己啓発に関する本は結構読む。そしてその中でよく出てくるのが本著が主題としているマインドマップである。先日に読んだ“原尻淳一・小山龍介「IDEA HACKS!」東洋経済新報社”でも登場した。それを受けて自分のパソコンにFreeMindをインストールもしてみた


この本ではマインドマップの効用と、その実際を説明している。一通りの説明があり、またそれも平易なので、入門書といった感じか。とりあえずの一冊としては十分に推薦できる


装丁も黄色いブックカバーでいい感じだし、中は多色刷りとなっていてとっつきやすく、サンプルとして掲載されているマインドマップを眺めていると、自分が作ったのではないのになぜか達成感を感じる


これはトンデモなのか、違うのか。結構市民権を得ていると思われるマインドマップ。この本の中でも欧米を初めとする有名企業も導入していると言うが、どうも説明において素直に読んでいけない部分もある


右脳と左脳の違いの説明が出てくる。それはマインドマップの理屈のためには必要なようだが、どうも決定的な主張を読み取れなかった。であるから、方法論とはあまり関係がないと思われて仕方なく、であれば読み飛ばしてしまえばよかったとも思えた




p24.これは中心のテーマから放射状に言葉や絵が伸びていく記憶を写しとる技術と言っていいかもしれません。そして、ここで重要なのは「放射状になっている」という点です。なぜ重要なのかと言えば、情報が連想となって放射状に広がるしくみは、脳の神経細胞であるニューロンと同じで、マインドマップは脳のネットワークをそのまま紙に写した形だからです




脳の神経細胞のニューロンと同じ形をしていることが情報の整理と記憶に有用であると主張しているようなのだが、どうもストンと落ちてこない。リーズニングがないというか、感覚的というか、短絡的というか、そんな説明じゃないですか




p48.あなたが右脳と左脳のどちらの思考が強い傾向にあるのかは、利き目から類推することができます




これ、自分でやってみたんですけど、どうしても利き目を判定することができません…




p59.たとえば、最初に「テーブル」という言葉を「語呂合わせと関連づけ」で覚えるとしましょう。「1→イチゴ」と関連づけるのがテーブルです。「テーブルとイチゴ……お皿にのったイチゴがテーブルの上に置いてある」というようなイメージが一般的な解答です。しかし、このような関連づけは印象が薄くてあまりいいとは言えません。状況があまりにもありふれているため、ごく当たり前のどこにでもあるようなイメージは消えやすく、ほかのイメージと混ざりやすいからです。より印象的な状況をイメージしてみましょう。たとえば「テーブルの上にあるイチゴを手で握りつぶして、その汁をテーブルにこすりつけて来ている服に飛び散った」というような、あなたにとってふるうではないイメージをつくるようにするのです




なるほど、メモメモ




p74.メイン・ブランチを4~5本としているのは、別にルールとしてあるのではありません、人間は一度に7つ以上のものを覚えるのは困難になると言われています


p91.ブランチが一方向にだけ伸びてしまうということがあります。残りのメイン・ブランチは貧弱になってしまいます。これは、あなたのイメージが最初のものからズレていってしまっているということを意味します。その場合は別の用紙に替えて、あなたが強くイメージしたものをテーマイメージにしてマインドマップを作り直すと、よりあなたの脳に直結したバランスのとれたマインドマップを描くことができます


p93.人間の脳は話す速度の4~10倍で考えると言われています


p95.話し言葉は、ふつう1分間に135字くらいです。一方、書く速度は1分間に40字ほど。どんなに早く書ける人でも話すときの3割程度にとどまります。しかし、話された言葉の10%にあたる重要なキーワードをとらえておけば話の内容が再現できます。つまり、毎分10個のキーワードをつかみ取る能力を持てばよいわけです


p109.カラースキーマー・オンラインというページにHEXコードを入力すれば、ゴールデンロッドの適合色16色が自動表示されます。テーマに合わせて5~6色選べば、自分のマインドマップ用にすてきな配色が作り出せます


p121.右脳で絵を描くワークショップは日本でもあります。絵がまったくダメという人でも、この講座を受講すると絵を描けるようになったという例が数多くありますし、私自身の受講経験からもおすすめです


p122.この本の目的は絵をうまく描くことではないですから、むしろ「身体は食物で養われるが、脳はビジュアルな情報によって培われる」という意識で、ビジュアルの感性を磨いていってください


p134.人間は、覚えたことを復習しなければ、24時間以内に80%を忘れてしまう生き物です


p135.記憶や思い出すことについては多くの研究があります。それらの研究結果によると、人の記憶にもっとも残るのは、最初と最後のものであるということです。ですから、計画的に休憩し復習することで、最初と最後の回数を増やしましょう


p144.マインドマップを知っている人でさえ、他人のマインドマップを見てもなかなか理解できません。ですから、知らない人にとっては資料として適切ではありません。マインドマップはあなたのイメージを形にしたものですから、自分の資料として手元においてください


p147.プレゼンのリハーサルは中身に一貫性を持たせ、完全に自分のものにするための準備です。イメージが湧くように実際に声に出して、身につくまで何度も練習しましょう。あとは本番であなたらしく振る舞うだけです







google adsense

関連記事

no image

竹内一郎「人は見た目が9割」新潮新書

だいぶ前、この本が流行っているころに読んだのだが、メモするのがだいぶ遅れた。改めて読み直してみると、

記事を読む

no image

山田真哉「さおだけ屋はなぜ潰れないのか?」光文社新書

万人に薦められる 流行り本系の香りがするので、速やかに売り飛ばすつもりで読み始めた。軽やかに読むこ

記事を読む

no image

宮内義彦「経営論」日経ビジネス人文庫

20080325060000 真っ当でオーソドックスなことが書いてある。もっと難しいことが

記事を読む

no image

羽生善治「簡単に、単純に考える」PHP文庫

将棋の羽生氏が、ラグビーの平尾氏、スポーツ・ジャーナリストの二宮氏、コンピュータ研究者の金出氏の3人

記事を読む

no image

山根一眞「メタルカラーの時代1」小学館文庫

20111223080312 福島の原子力発電所が事故になったせい、関東で電力供給が悪くなり、さら

記事を読む

no image

長谷川洋三「ゴーンさんの下で働きたいですか」日経ビジネス人文庫

第1章が面白い。ゴーンの経営を垣間見るのがこの部分。彼の動きについては強く賛同できる 本書のタイトル

記事を読む

no image

横石知二「そうだ、葉っぱを売ろう!」ソフトバンククリエイティブ

素材自体が大変に面白い。実話のおもしろさ、地方の農業振興、必然的に年寄りの話ということで熱い物語にな

記事を読む

no image

林則行「「銅メダル英語」をめざせ!」光文社新書

20120818045503 英語って、やっぱり、日本人にとってのひとつの引っかかりなんだと思

記事を読む

橘玲「日本の国家破産に備える資産防衛マニュアル」ダイヤモンド社

20130821001756 日本の国家破産に備える資産防衛マニュアル著者 : 橘玲ダイヤモンド社

記事を読む

no image

鈴木理生「東京の地理がわかる事典」日本実業出版社

じっくりと1ページ1ページ読み込んでしまう良書。本当かどうか分からないが、かなりマニアックな内容で、

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

google adsense

pay整理とKyashへの収束

20181209101111 ソフトバンク系と楽天系のポイントが

楽天ペイのアプリとローソン

20181208145713 Rakuten PayがPayPa

銀行の口座振替(引落し)設定の解除

20181207112040 とある事情で、とある業者への支払い

Pixel3の購入と現状の整理

20181120110248 Pixel初代とPixel2が日本

ドコモ「dアカウント」と「ポイント共有グループ」の整理

20181106112305 ドコモに3回線MNPの顛末(2

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑