小堀宗慶「感情抑えきれず慟哭(私の履歴書)」日経平成18年8月30日朝刊

公開日: : 書評(新聞)

日経朝刊の「私の履歴書」で、これだけ心を揺さぶられたものは、終ぞなかった。肩書きと名前だけ見ると多分敬遠したと思われる今月でも、その毎回のタイトルから尋常でないものを感じて、チラ見すると有無を言わせず引き込む魅力ある文。いうまでもなくその多くはシベリア抑留時代の記述
著者のさまざまな知識・経験を生かして生き延びてきた模様もアツイものがあった。食料の確保のこと、ノルマの達成のこと、絵描きの心得のこと、出自から来る自己批判の要求のこと
この日は、それがクライマックスで30年ぶりのシベリア訪問で著者が、その職に似合わず、激高するのだ。さもありなん、と強い共感

・ついにイルクーツクの、針葉樹に囲まれた日本人墓地での法要で、こらえることができなくなった。一人私は立ち上がり、亡き戦友たちに声を限りに呼びかけずにはいられなかった。「なつかしい戦友よ、私は30年ぶりに、やっと君たちに会いに来た! 遅くなって悪かった。どうか許していただきたい」「私は昨日、世界第二ともてはやされるブラーツクの水力発電所を見せられた。そのダムの底には、我々が切歯扼腕しつつ働いた捕虜収容所が沈んでいるという。湖底をのぞき、我々の血と涙と汗で築かれた発電所を前にして、戦友よ、私がいかなる激情に襲われたか、察して下さい」「戦友よ、君たちの死は決して無駄にはしないからどうか安らかに眠って下さい。君たちの子々孫々は君たちに代わって頑張っている。戦友よ、魂魄となって日本をお守り下さい」。涙があふれ出、慟哭の余り声が出なくなった

歴史や文化を知る者ならば、「小堀」という姓が示す意味を理解するだろう。しかし、その切り口からの記述は振り返るとそれほど多くなかったと思う。裏読みすると、「日経もこういう人を8月に持ってくるものだ」と少しイヤーな感じはした
なお、今月をもって日経の定期購読を止めることとした。メリットがどんどん薄まってコストに見合わないと考え出したことによる。珍しく、今月は私の履歴書も朝刊と夕刊の連載小説もすべて読んでいたのに
直接的なきっかけは、週刊東洋経済の8月26日号の記事に影響を受けたということは否定できない
3ヵ月毎の契約更新をしており、一応、契約自体は9月末まであったのだが、最寄の販売店に電話したところ、あっけなく了承され、そのために経済的なデメリットは特になさそうだった。その程度のものなんだなあ。まあ、「転勤で」ってバレないウソをついたんだけど
住民税もたくさん払っているのだから、それが応益でありたいと思う私としては、公共図書館に通って、月に一度くらいは、大樹小機とか、私の履歴書とか、チンギス・ハンや天海の連載小説をまとめ読みするのだろう
これで新聞を定期購読しない者という先端者の仲間入りをしたのだなあ
20060831000100

google adsense

関連記事

no image

三宅伸吾「穴だらけ買収・防衛ルール、ドタバタ整備―想定外の行動に大慌て(法務インサイド)」日経平成17年8月15日朝刊

日経の企業買収に伴う法務の解説は基本的に感心しない。今回の記事もその1つ この記事に「ともに直前の金

記事を読む

no image

「金融相、信用取引、担保除外を批判―ライブドア株で。」日経平成18年1月19日夕刊

20060120004400 マネックス証券がライブドア関係株の担保価値をゼロにしたことについて、

記事を読む

no image

堺屋太一「世界を創った男 チンギス・ハン」日経平成18年2月27日朝刊

20060308231000 なかなか快調に読み進められている。モンゴルはほとんどはじめての題材な

記事を読む

no image

佐藤洋二郎「金の匂いする所、政治家あり(さらりーまん生態学)」日経平成18年2月23日夕刊

意味を感じられない文章。じゃあ、コメントしなければいいのにとは自分でも思うけど 著者は作家という。

記事を読む

no image

西條都夫「自動車産業、勝負の分かれ目―日本勢「鍛錬」重ね快走(経営の視点)」日経平成17年8月29日朝刊

著者は、編集委員 こういう「まじめさ」や、「継続性」を肝に銘じたい。時節柄思い出すのは、義務教育の

記事を読む

no image

「離乳食にベビーフード、多用で偏食の傾向」日経平成18年6月30日朝刊

これって、すごい問題ある記事じゃないかという気がする。日経というか、厚生労働省の問題だろうか 母乳

記事を読む

no image

「日本電産社長永守重信(5)我流の書(こころの玉手箱)」日経平成18年2月17日夕刊

日経夕刊の紙面が新しくなったという。が、あんまりパッとしない。デザインな改善はある。でも、内容は大し

記事を読む

no image

岩倉正和「村上ファンド問題の真の意味(十字路)」日経平成18年5月31日夕刊

20060603000100 筆者は確か、かの岩倉具視の子孫だと記憶している。まあ、お公家の家柄で

記事を読む

no image

伊藤浩昭「民意束ねる機能衰え(激震「郵政解散」瀬戸際の改革②)」日経平成17年8月11日朝刊

筆者は日経新聞の政治部記者 多数決と全会一致の違いは何か。昔、NHKの「その時歴史が動いた」で、パ

記事を読む

no image

前田晃伸「銀行『冬の時代』を越えて②(ひとスクランブル)」日経平成18年4月25日夕刊

20060429023600 結局、日経夕刊はいくら梃入れされても読み応えを感じない。それどころか

記事を読む

google adsense

Comment

  1. 白ゆり姫 より:

    小堀宗慶は当代の茶人としては、大変に尊敬を集めている方です。私は別の流派ですが、お家元のさまざまな本を読んできました。中でも茶花の本はバイブルのように、ずっと愛読というか、参考にしています。そしてシベリア抑留の話は有名で、折にふれて語られています。気骨のある方なので、読みごたえがあると思います。一読をおすすめします

  2. Max より:

    白ゆり姫さん、コメントありがとうございます。茶っていうのは座禅とともに、いまちょっと興味を持っているんですけど、勝手に思っているんでしょうか、なかなか入り込めない精神的な壁を感じています。俗な考えかもしれませんが、茶の大家にしてはなんというか硬い人間臭そうな感じを、この「私の履歴書」を読んで思いました。「気骨のある方」という評もその辺かと思いますが、変な予断を持たずに紹介いただいた本を探してみようと思います。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

google adsense

pay整理とKyashへの収束

20181209101111 ソフトバンク系と楽天系のポイントが

楽天ペイのアプリとローソン

20181208145713 Rakuten PayがPayPa

銀行の口座振替(引落し)設定の解除

20181207112040 とある事情で、とある業者への支払い

Pixel3の購入と現状の整理

20181120110248 Pixel初代とPixel2が日本

ドコモ「dアカウント」と「ポイント共有グループ」の整理

20181106112305 ドコモに3回線MNPの顛末(2

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑