早坂隆「世界の日本人ジョーク集」中公新書ラクレ

公開日: : 最終更新日:2012/11/10 書評(書籍)



20060912235500








面白い、所収のジョークが。ただ人によっては、半分以上は聞いたことがあるようなものなので、知っている人ほどがっかりするのかもしれない。でも、昔聞いて忘れていたものを確認して反芻するのも悪くない


日本人の良いところを褒めるジョークも多いので、自尊心をくすぐられるところはあると思う


著者のコメントは退屈だ。いわずもがなの部分が多い。畢竟、この本の読み方は決まってくる


そうすると大体30分くらいで読み終わる感じだ。ここまでいろいろと集めてあるので、それでも760円の価値はあると思う


でも、このジョークを読んだからと言って、日本で使ってみようと思う人はいないのだろうし、読んで楽しむだけということだろうか。アメリカの映画では、よく「おい、これから面白いジョークを言うから、聞けよ」みたいなやり取りがされる場面がある。こういうのは日本でももっとおこなわれるようになると、暇つぶしになるかな





google adsense

関連記事

no image

中西輝政「情報亡国の危機」東洋経済新報社

インテリジェンス関係の本は好んで読むもののひとつ。と言うと、かなりとんでもない印象を持たれかねないか

記事を読む

no image

普通であること/森博嗣「常識にとらわれない100の講義 」大和書房①

20130217011236 著者の本って、縁がなくて。これが初めての本。本業はフィクショ

記事を読む

no image

マイケル・ルボーフ「自宅にいながらお金持ちになる方法」ダイヤモンド社①

20071119060000 大昔に買っていたのだが、最近まで読まなかったこの本。そろそろ

記事を読む

no image

杉山勝行「10人の達人に学ぶセルフブランドの創り方」三修社

昔読んだものを再読したもの。昔のチェックと今回のチェックの内容が微妙に異なっている。過去にチェックし

記事を読む

no image

金森重樹「1年で10億つくる!不動産投資の破壊的成功法」ダイヤモンド社

不動産投資を考えるときに読んでおくべきなのが本著。不動産投資に関する本も何十冊か読んできた。その中で

記事を読む

no image

サントリー次世代研究所「U35世代 僕と仕事のビミョーな関係」日本経済新聞社

20050926234348 35歳以下の会社員、このカテゴリに典型的な、主にダメな考え方

記事を読む

橘玲「日本の国家破産に備える資産防衛マニュアル」ダイヤモンド社

20130821001756 日本の国家破産に備える資産防衛マニュアル著者 : 橘玲ダイヤモンド社

記事を読む

no image

佐藤可士和「佐藤可士和の超整理術」日本経済新聞出版社

超整理術というよりは、仕事術として読んだ。というのは、整理術に関する新しい知識をい感じなかったら。む

記事を読む

no image

三枝匡・伊丹敬之『「日本の経営」を創る』日本経済新聞出版社

2人の対談を本にしたようなもの。2人ともすごく偉人に見える。実際、そのとおりなんだろうと思う もう

記事を読む

no image

岩見隆夫「陛下の御質問」文春文庫

日本の現代史、昭和史好きには堪らない一冊。タイトルと帯を見た直感で購入して正解。内奏の現実や政治の内

記事を読む

google adsense

Comment

  1. man_to_man より:

    畢竟
    http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%C9%AD%F0%EF&search_history=&kind=&kwassist=0&mode=0&jn.x=40&jn.y=9
    仏教用語なんですね。
    となると、「ジョーク集」ならぬ「冗句集」、否、「超苦集」ということでしょうか。
    尤も、シャレや風刺は、ももともとこの国でも根付いているので、若年層ではやや下火かもしれないそれらの感覚を磨くことが、かの国へのジョークへのカウンターかもしれないですね。

  2. Max より:

    man_to_manさんコメントありがとうございます。
    変な言葉を使ってすみません。「畢竟」とは、「したがって」とか「結局は」という程度の意味です。
    ジョークだと、政治的に微妙な素材でも割り切って扱えるというのは面白いと思います。イギリスだと、アイルランド人はバカだとか、スコットランド人はケチだとか。アメリカだと黒人問題だとか、レッドネックとか。この本の中でも、詳しくは忘れましたが、韓国人が「それは日本人のせいだから謝罪を求める」みたいな件が書かれていた部分があったと思います。ジョークという舞台は、本当はシリアスなことを、そうであると認識させるために、逆にグサッと言い切ってしまうことが許される、という効果があるように思います。大河ドラマの話になりますが、「利家とまつ」において、前田慶次郎による豊臣秀吉への侮辱の場面も想い起こされます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

google adsense

pay整理とKyashへの収束

20181209101111 ソフトバンク系と楽天系のポイントが

楽天ペイのアプリとローソン

20181208145713 Rakuten PayがPayPa

銀行の口座振替(引落し)設定の解除

20181207112040 とある事情で、とある業者への支払い

Pixel3の購入と現状の整理

20181120110248 Pixel初代とPixel2が日本

ドコモ「dアカウント」と「ポイント共有グループ」の整理

20181106112305 ドコモに3回線MNPの顛末(2

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑