吉本佳生「投資リスクとのつきあい方(上)」講談社+α文庫

公開日: : 最終更新日:2011/09/03 書評(書籍)

株式投資において、投資しようとする銘柄のリターンを想定して、ボラティリティを算出して、正規分布に当てはめ、それをサイコロの出目でイメージして将来の損失の可能性を認識し、それを損切りなどの投資判断の一助とする
これが基本的なアイデア。これをいかに簡単におこなうか、そういう工夫がほどこされており、数学が苦手でもついていけるような内容になっている。読みやすいのし、株式投資のリスク管理の入門としては適切な本だと思う
最初の部分において、株式投資を競馬のハンデ戦に喩え、ファーストリテイリングとダイエーという2つの会社の株価を引き合いに出しながら、会社の優劣によって今後株価が上昇するかどうかは決まらない、ということを説明している
また、世にある株式投資に関する誤解に対する挑戦もなされており、その辺が頼もしい。この本では、「長期投資はリスクを減らす」という考え方に対する批判をしている
氏のほかの本、または本書で薦められている本も読んでみたくなった

p4.株式投資について「投機と投資はちがう」と主張する人がいます。「投機はギャンブルであり、博打であるが、投資は、ギャンブル(博打)ちはちがう」と表現し、その上で「私は、株式投資はおこなうが、投機は好ましいことではないので、断じておこなわない」などという人がいます。筆者は、そんなことをいう人間をあまり信用しません。厳密にいえば、株式市場における投資と投機を区別することはできないわけではありませんが、資産運用として株を売買しているのであれば、株価の変動に賭けて儲けようという点において、株式投資と投機にちがいなどなく、ギャンブル(博打)以外の何ものでもないからです
p24.くり返し強調しますが、確実にタロウが勝つ勝負を、タロウが勝ったり負けたりするようにハンディをつけて調整し、「”確実なもの”をわざわざ”不確実なもの”にしておこなう」のがギャンブルなのです。ギャンブル(賭け)とは、相手があればこそ成立するもので、結果が確実なら、賭けの相手がなかなかみつかりませんから、結果が不確実でなければ賭けが成立しないのは、当然のことといえるでしょう
p35.何にしても、あのマイクロソフトが、自社の株価についての投機をおこなった結果、大損をしたというのですから驚きです。少なくとも筆者はたいへんに驚きました。その記事をみて考え直したのは、ストロング型の効率的市場仮説の評価です
p54.筆者は、効率的市場仮説についてつぎのように考えています(この結論に自信があるわけではないのですが)。第一に、効率的市場仮説の考え方はある程度妥当するので、”確実に儲かるような株式投資のやり方”といったものは存在しない。第二に、効率的市場仮説の考え方だけで、現実の株価の変動を完全に説明できるわけではない。だから、きちんと勉強すれば、”確率的にみて少し有利な株式投資”をおこなうことは可能かもしれない
p65.現在でも、日本人の中には「株式投資で儲けることは、一所懸命に働いて儲けることより、人間として劣ることである」とか、「株で儲けたあぶく銭よりも、額に汗して稼いだお金の方が尊い(価値が高い)」などと考えがちな人が多いでしょう。しかし、いまの日本では、額に汗して働く人の職を守るためにこそ、コツコツとまじめに働いてきたのにリストラされて職を失ってしまったという人が働く場所をつくるためにこそ、株式投資でお金を稼ごうとする人がどうしても必要なのです
p72.こういった、まちがった資産運用アドバイスの発信源は銀行や証券会社などの金融機関であることが多く、一方で、金融機関とは独立して資産運用アドバイスをしている人もいますが、その人たちも、そういった金融機関の発信した情報を請け売りしていることが多いのです。そして、まちがったアドバイスを発信しているような金融機関の人たちは、自らが金融取引をおこなうときには、まちがいであることを十分承知している内容を、しかし、個人には正しいと信じ込ませて、つまり明らかに騙してアドバイスしているのです
p88.現実の株価や円相場などの変動を示す分布は、よく使われる分布(正規分布)よりも、端の部分の確立が少し高くなるのです。この性質は”ファット・テイル”と呼ばれています。わかりやすくいえば、基本的な分布で考えるよりも、異常なことが起きやすいのです

20060913234700

投資リスクとのつきあい方 上

posted with 簡単リンクくん at 2006. 9.13
吉本 佳生〔著〕
講談社 (2002.7)
この本は現在お取り扱いできません。

google adsense

関連記事

no image

山田ズーニー「話すチカラをつくる本」三笠書房知的生きかた文庫

極めて平易に、話すチカラをつける方法を教えてくれる。正攻法であり、しかも必要なことは容易。分量も少な

記事を読む

no image

林成之「脳に悪い7つの習慣」幻冬舎新書

脳を低温にすることで救急患者の救命の率を上げるという、日大板橋病院で有名だった医師 三歳児神話をサ

記事を読む

no image

須田慎一郎「下流喰い」ちくま新書

個別の事例集としては面白い。ここだけを読むのは有益だと思う。ただ、主張に関する部分には薄さが見られ、

記事を読む

no image

吉井亮介「どこの会社でも通用する、ポータブル・スキルを身につけろ!」クロスメディア・パブリッシング

20100105005100 サクサクと、速読の効果が覿面な本。あんまり新しい知識はなかっ

記事を読む

no image

佐藤優「自壊する帝国」新潮文庫

筆者の単行本として読んだのは2冊目 佐藤優「国家の罠-外務省のラスプーチンと呼ばれて-」新潮文

記事を読む

no image

井上功「借金1兆円を10年で返したリクルートの現場力」ダイヤモンド社

リクルートの仕組みの解説。細かく記述されており参考になる。特に、人材育成、目標管理、チームアップなど

記事を読む

no image

橋本努「自由に生きるとはどういうことか」ちくま新書

全体としての統一感というか、結局この本の主張が何かがイマイチわかりづらい。著者の博覧強記振りは分かる

記事を読む

no image

エルバート・ハバード「ガルシアへの手紙」総合法令

20090108220600 "清水克衛ほか「本調子」総合法令"にも登場するハイブロー武蔵

記事を読む

no image

竹内一郎「人は見た目が9割」新潮新書

だいぶ前、この本が流行っているころに読んだのだが、メモするのがだいぶ遅れた。改めて読み直してみると、

記事を読む

no image

中島義道「私の嫌いな10の人びと」新潮社

著者の著作を読むのは初めてだが、結構な人気があるらしい。確かにそのような香りのする本である 面白い。

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

google adsense

pay整理とKyashへの収束

20181209101111 ソフトバンク系と楽天系のポイントが

楽天ペイのアプリとローソン

20181208145713 Rakuten PayがPayPa

銀行の口座振替(引落し)設定の解除

20181207112040 とある事情で、とある業者への支払い

Pixel3の購入と現状の整理

20181120110248 Pixel初代とPixel2が日本

ドコモ「dアカウント」と「ポイント共有グループ」の整理

20181106112305 ドコモに3回線MNPの顛末(2

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑