野口悠紀雄「英語力が国力を決める時代(「超」整理日記)」週刊ダイヤモンド2006/10/07

公開日: : 最終更新日:2012/02/10 書評(雑誌), 週刊ダイヤモンド, 野口悠紀雄



週刊ダイヤモンドの最新号は、「外国が日本のことをどのように見ているか」という、日本人好みといわれるテーマだ。肯定的な部分を強めに編集してあるようだ。産業もまだまだ頑張れる上に、文化では極めて素晴らしいものがある。ヨーロッパは日本のアニメを見ているし、アメリカはトヨタを買うことをアメリカを買うことだと思っている、とな


しかし反対に、「日本はいまや文化的には小国になった」とするのが、同じ週刊ダイヤモンドの1ヶ月前の野口氏のこのコラムである。相変わらず的確で鋭い指摘をなさっており、反論の余地のない主張で、大変に感銘を受けた


久しぶりに英語に力を入れようと素直に思った


運の巡り会わせで偶々話せた英語を使うだけで仕事をしていると認められている人を多く見てきた。その一方には、本当に仕事ができるけど自らの英語の不完全さを恥じ入り、英語の世界には足を踏み入れようともしなかった人たちがいた。後者が前者の存在を許していた。こういう2つの人種はなくなればいい


これまでも英語に関する本はここで2つメモしている。“本城武則「なぜ私たちは3カ月で英語が話せるようになったのか」実業之日本社”“近藤藤太「デカい態度で渡り合え! 世界中で通用する人間関係10のルール」フォレスト出版”




・グーグルの新聞記事検索サービスは、過去200年以上の期間にわたって、欧米主要紙の記事が検索できる。これは「驚異」としか言いようのないサービスだ


・これまでは、古い新聞記事は事実上利用不可能な情報だった。歴史学では、従来の歴史観を覆すような新発見が多数得られるだろう。それだけでなく、人文科学、社会科学を中心とする多くの分野で、学問の基本的性質に大きな変化が生じるだろう


・これまで、「もの知り」はどんな分野でも重要だったが、その価値はほとんどゼロに低下する。重要なのは、いくらでも入手できる情報をいかに活用し、いかなる結論を引き出せるかだ




一つのもの、権威あるもの、既存のもの、にこだわることの危険性に留意だ




・注意すべきは、検索対象は英語の文献が中心になることだ。日本語は含まれないだろう。つまり、今後の世界においては、英語と日本語の差が、現在よりさらに広がることになるのだ。いや、「差が本質的なものになる」と言うべきだろう。別の表現をすれば、英語を読めるか否かによって、その人の情報能力には本質的な違いが生じることになる


・ITの進歩によって、10年前には考えもつかなかった経済活動が生じている。ところが、日本はこの大変化から完全に取り残されている。その大きな原因は、日本人の英語力の低さだ


・英語力を高めるしか方法はない。そのためには、英語を勉強する時間を増やすしか方法はない。生活にかかる負担は仕方のないことだ。ヨーロッパの小国はこれまでも、そうしたことを経験してきた。その結果、これらの国では、旅行者がどんなことをするにも、英語だけで用が足りて、まったく不便しない


・英語を勉強すると、自国の文化を衰退させるという人もいる。ヨーロッパの小国がそうでない例だ。逆に、英語を勉強しなくても伝統文化が衰退することはある。ほかならぬ日本がその典型例である




義務教育での英語強化に対して、「もっと大事なことがある」と、国語や歴史教育の重要性を主張するむきがある。この「もっと大事なことがある」というのは間違っているとは思わない。しかし、じゃあどうするのか、というと「両方やるんです」(“財政取材班「民間流、事業は縮まない(財政 経済が問う)」日経平成18年6月14日朝刊”




・日本はいまや文化的には小国になったことを、はっきりと認識すべきだ。英語の能力が国力をきめる時代が始まっている




20061105002300

google adsense

関連記事

no image

戸田顕司「企業再生を新たに担う 『ユニクロ』前社長、玉塚元一のプロ経営者への挑戦(企業再生最前線)」日経ビジネス2006年3月6日号

玉塚氏の更迭と新たなコンサルティング会社の立ち上げの件は結構なニュースになった。一つには、オーナーに

記事を読む

no image

鈴木洋子「バーチャレクス社長 丸山栄樹(起・業・人)」週刊ダイヤモンド2007/12/15

話す人と、実際にやってみる人とは違う。この当然が書かれていたのでテイク・ノート ・新卒入社後わ

記事を読む

no image

杉山俊幸「”死んだ”男、ペットを救う 小森伸昭氏[アニコムインターナショナル社長](ひと劇場)」日経ビジネス2006年4月10日号

小森氏はペット保険ビジネスの創業者として、ビジネス誌を中心にときどき見かけるし、"ショーンKほか「成

記事を読む

no image

白壁達久「ルーブルの番人、FBTの味方 ワテック(小さなトップランナー)」日経ビジネス2008年7月14日号

20080928060000 一度に複数のイッシューの解決を図るすばらしいアイデアの例 ・設

記事を読む

no image

梯郁太郎「ロックウォーク殿堂入り「ライフワークは音楽」 長老智慧」週刊東洋経済2007.6.23

20070627033300 こういう長期の見通しというのは大事 ・社名のローランドという言

記事を読む

no image

藤原秀次郎「専門家頼みではダメ/素人の『理屈』こそ宝(有訓無訓)」日経ビジネス2006年1月23日号

話し手は、しまむらの会長 我が意を得たり、というところ。専門家というのは一定の見方に凝り固まっており

記事を読む

no image

新井美江子ほか「必見!モテる企業ランキング 男は収入、女は外見という現実(特集 今、入るべき会社)」週刊ダイヤモンド2012/12/01

20121208003155 この特集がかなり面白かった。切り口が良くグッと最後まで通読さ

記事を読む

no image

北川達夫「対話の手法 戦略的な仮面に対処するには(わかりあえない時代の「対話力」入門 第33回)」週刊東洋経済2010.1.9

この連載は、ときに面白い。海外での経験、海外と交渉した経験を元に、対話について、平易で冷静な解説をし

記事を読む

no image

山口圭介「三菱東京UFJ銀行(人事天命)」週刊ダイヤモンド2012/1/21

20120211215253 3代先まで誰が頭取になるか読める、ってスゴいことだと思うんで

記事を読む

no image

井上裕「永守重信氏 企業買収で人を育てる(編集長インタビュー)」日経ビジネス2006年3月27日号

20060413014000 永守氏のインタビュー記事。ササッと読もうとして、やはり立ち止まってし

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

google adsense

pay整理とKyashへの収束

20181209101111 ソフトバンク系と楽天系のポイントが

楽天ペイのアプリとローソン

20181208145713 Rakuten PayがPayPa

銀行の口座振替(引落し)設定の解除

20181207112040 とある事情で、とある業者への支払い

Pixel3の購入と現状の整理

20181120110248 Pixel初代とPixel2が日本

ドコモ「dアカウント」と「ポイント共有グループ」の整理

20181106112305 ドコモに3回線MNPの顛末(2

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑