沓沢江美「女性コンサルタントが教える新サラリーマン処世術」半蔵門出版

公開日: : 最終更新日:2011/09/03 書評(書籍)

女性だから書けた。男性が書くと問題が起きる気がする
評価に悩む内容。注意して読むべき本。そうは言ってもそれほど内容の濃い本ではないので、注意すべきところは読んでいて直ぐに分かる
そうはいっても、巻末の参考文献を見る限り、結構オーソドックスな本が並んでいる
ちょっとカバーが凄くて、手に取るのがちょっと恥ずかしいかも

p20.成功している女性起業家を拝見すると、背後に男性メンターの存在が見えるようです。つまり、頼り上手なんですね
p28.女性は相手がどう思っているのかをとても気にします。それが途中経過においても、出てきてしまうんですね。で、土壇場になって、しかもあなたが問いかけて始めて、かなりやばい状況であることが発覚したりして
p31.女性にとっては、今が大事だからです。長期的な視点に欠ける。今の自分にとってのベストな状態は何かを考えて、常にベストなところに自分を置いておきたいんですね。プライオリティの基準が、絶対的な現在にあるわけです
p37.ブランド力のない未婚男性と、ブランド力のある既婚男性と、彼女たちはどちらを選ぶでしょうか? 残念ながら、後者を選ぶケースが多いですね。漫画家のさかもと未明がいうように、キャリア女性は不倫にはまりやすい。それは、淋しさを埋めるためのとりあえず、の相手ではあっても、ブランドの魅力からは脱出し難いほど保守的だからです
p41.ここまで頑張ってきたんだから、周りから羨ましがられるような生活ができないとイヤ。子供を産んで、仮に仕事を辞めたとしても、ちょこっとビジネスでいいから「カリスマ主婦」として巻き返しを図りたい。そのための資産を持ってるような相手だともっといいんだけど
p49.女性が、男性のどこに魅力を感じるかといえば、一心に何かをしている姿です。これについてはほとんど異論はないと思うんですね
p58.男性のあなたにお願いしたいことは、まだあって。それは、彼女の無言の声を聞いてほしい、ってこと。すごく難しいんですけど、男同士って、手伝ってほしければ言うはずだ、って思っているでしょ? でも、女性は察してほしいんです
p104.決断できないという、本当の理由を考えてみると、チャレンジしたことそれ自体よりも、結果を重視する価値風土があるように思います。成功する確率が五分五分だったとして、あるいは、もっと低くても、チャレンジしたことそのものはあまり評価されない。成功して当たり前で、失敗すれば責められる。そういう雰囲気に染まっていると、リスクを取ってまで何かをしようとしなくなるのですね
p128.対人スキルが全体的に落ちてきているせいか、スペシャリストの人気が高いように見受けられます。でも、組織からすると、専門的な知識を持ちつつ、ゼネラリスト的に働ける人の方がより重宝します
p141.経済産業省が起業を強力に推進していますけど、それほど起業が素晴らしければ、経済産業省の官僚は起業家になっているはずではありませんか?
p155.社内で研修する暇はない。だからデキる人に入ってもらおうと。スペックとしてデキるということと、社内営業ができて、自分の職務遂行のための布石を打てる人、というのは違うんですね。新しい人間関係を上手に作らないことが原因で、せっかく期待されて転職したのに成果が出せない人というのは大勢います
p167.団塊の世代というのは、特に責任というところで、美味しいとこ取りをした世代。それ以前の世代は、家庭においても一族郎党の世話をすることと引き換えに君臨していたわけですね。是非はともかくとして、愛人も含めて。一族の長としての責任を引き受けていたからこその権力が認められていたわけです。ところが団塊の世代になると、核家族化が進んで、親類縁者の面倒を見ることもなく、君臨することだけを覚えた。つまり、威張ることだけが分離して残ったんです。一見リベラルなんですが、責任を取る気がないから、他人の自由を認めている、という部分もあって
p177.ひとつのことを30年も40年も続けている、そのことに胸を張っていただきたいと思います。その上で、最小の努力で最大の結果を獲得していくことを考えていけばよいのではないでしょうか

20061205235800

女性コンサルタントが教える新サラリーマン処世術

posted with 簡単リンクくん at 2006.12. 5
沓沢 江美著
半蔵門出版 (2005.9)
この本は現在お取り扱いできません。

google adsense

関連記事

no image

原賀真紀子『「伝わる英語」習得術-理系の巨匠に学ぶ-』朝日新書

面白かった。勉強になるというよりも、参考になる。蘊蓄系の読み物としても楽しい 「英語を習得するのな

記事を読む

no image

藤井孝一「週末起業」ちくま新書

20071229060000 不況やリストラに立ち向かい、副収入や独立を得るための考え方の

記事を読む

no image

ハロルド・ウィンター「人でなしの経済理論」バジリコ

その副題のとおり、トレード・オフについて手を変え品を変え論じている。いくつか印象的なケースを紹介しな

記事を読む

no image

田中森一「反転」幻冬舎

登場する人物や機関のものの考え方がわかる。世間を騒がせた刑事事件の内幕がわかる。大きな金の動いている

記事を読む

斉藤賢爾「これでわかったビットコイン」太郎次郎社エディタス

20140615061107 これでわかったビットコイン: 生きのこる通貨の条件著者 : 斉藤賢爾

記事を読む

no image

樋口健夫「稼ぐ人になるアイデアマラソン仕事術」日科技連出版社

延べ2日、実働は4時間くらいで読んだ。ノートやPCに対して脳の記憶機能を譲り渡し、脳に対してより重要

記事を読む

no image

門倉貴史「こっそり儲ける経済学」三笠書房

20080121060000 前に読んだ別の著作"門倉貴史「出世はヨイショが9割」朝日新書

記事を読む

no image

江村林香「まずは小さな世界で1番になる」かんき出版

読んですんなりと納得できる内容。ということは著者のスタンスは私自信が周りから言われる程度にドライなの

記事を読む

no image

大前研一「私はこうして発想する」文藝春秋

20090304230300 先日、古い本(hiog: 大前研一「遊ぶ奴ほどよくデキる!」

記事を読む

no image

田坂広志「深き思索 静かな気づき 『仕事の思想』を高める25の物語」PHP研究所

じっくり読んでも30分くらいで読み終わる本。価格も本体1,100円と安い。しかし、内容はそれらを超え

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

google adsense

pay整理とKyashへの収束

20181209101111 ソフトバンク系と楽天系のポイントが

楽天ペイのアプリとローソン

20181208145713 Rakuten PayがPayPa

銀行の口座振替(引落し)設定の解除

20181207112040 とある事情で、とある業者への支払い

Pixel3の購入と現状の整理

20181120110248 Pixel初代とPixel2が日本

ドコモ「dアカウント」と「ポイント共有グループ」の整理

20181106112305 ドコモに3回線MNPの顛末(2

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑