ケン・ブランチャードほか「1分間自己管理」ダイヤモンド社

公開日: : 最終更新日:2012/02/18 書評(書籍)



これも2年前に買って積んだままになっていたものだ。直ぐに読んでおけばよかったと後悔する良書


読み終わって改めて表紙を見る。何なんだ。どこが「1分間」というのだ。表紙に偽りあり、タイトルに偽りあり。これだけ読んだのではよくわからないが、どうも著者の代表作が1分間というキーワードらしいのだが。まあ、このことは忘れることとする


この違和感を差し置いても、なかなか面白い内容の本だった。エンディングはちょっとベタッとしてたけどね。まあ、よかった


特に、下に引用したとおり、トリアージ、ノー、熱い心でやりぬけ、などは印象に残るものだった


内容は平易で分量もそれほど多くない。寝る前に軽く読むのに良いのではないか。寝ている間に自分の脳が改造されることと思う




p34.「先延ばしの癖のある人は、いかにも忙しそうにしているけれど、実はどうでもいいことに引っかかっていることが多い。それでいて、大事なことはなかなか行動に移れない。だから、優先順位の高いことほど遅れがちになる。この場合、先延ばしは『時間を守れない』という悪循環を生むのよ」


p35.「先延ばしの癖のある人は、意識するしないにかかわらず、自分にも他人にも『ストレス』を与えているということよ。ぎりぎりになってあわてるので、自分もストレスになる。まわりの人もはらはらさせられたり、尻ぬぐいをさせられたりしてストレスを受けるわ」


p37.「アルギャロンのみんなにも、あらゆる活動にたえず”トリアージ”をかけてもらいたいの。そうすれば、目先のことから片づけていくのではなく、いちばん大事なこと―つまり優先順位のトップ―から真っ先に処理していける。肝心なことは何かを見抜ければ、大事なことで遅れをとったりしなくなるわ」


p55.(なんだかこの世界に希望が出てきた)と思いながら、ボブは廊下をとおって今度は息子に謝りにいった。ようやく妻とともにベッドに入ると、ボブと妻は無言で抱き合った


p66.CEOは言葉をつづけた。「今が『何の時』なのか、まず知らなければならない。子どもがほしいとしたら、いつそのことを考えればいいのかしら。30歳の時? それとも70歳の時?」


p75.・「オンタイム・マネジャー」は自ら模範を示す。・「オンタイム・マネジャー」は人に奉仕する。・「オンタイム・マネジャー」は必要とあれば、人にものを頼む。・「オンタイム・マネジャー」は他人の貢献を認め、賞賛する


p93.「父には、自分の健康を守ろうというコミットメントがなかったのよ」「つまり、真剣に取り組む姿勢、どうあっても達成しようという決意ですね」と、ボブは努めて抑えた口調で念を押した


p98.毎日、生徒たちが帰ったあと、このおじさんは教室を清掃し、黒板をきれいにする。そして、小学校を4年までしか出ていないこの人物は、黒板の隅に一つの言葉を(それも間違った綴りで)書き込むのだった。それは『YOU GOTTA WANNA(熱い心でやりぬけ)』という言葉だった


p100.CEOは身長に言葉を選びながらいった。「期待しているんじゃないわ。望んでいるのよ。あなたが『3つの原則』を理解し、日々実践してくれることをね。その次に望むのは、あなたが自分自身や家族にコミットすること。仕事があなた自身やあなたの家族、あるいはあなたの夢をつぶすとしたら、優先順位のつけ方が間違っているんだわ」「つまり人生において、自分自身や家族を何よりも大切にしろってことですか」「そのとおり」


p109.優先順位―すべてを”トリアージ”せよ 妥当性―「倫理憲章」を思い出せ コミットメント―熱い心でやりぬけ


p114.「『どろなわマネジャー』は、どんな要求にも『イエス』と答えようとするから、何でも遅れをとってしまうの。これも、もとはといえば『興味』と『コミットメント』の違いがわかっていないからよ」ボブは、わけがわからないという表情を浮かべた。「でも、頼まれたことに『ノー』と答えるのは、人に奉仕する精神に欠けていることになりませんか?」「そんなことないわ。人に奉仕するというのは、あらゆる人を喜ばすことだと思っている人が多いけれど、それは間違い。奉仕の精神をもつということは、心がまっすぐで正しいことの反映なの。自分や会社や同僚や顧客に対する思いやりのほうが、ひょっとしたら自分勝手なものにすぎない要求に『イエス』と答えることより大切なのよ」


p119.「これからは赤ちゃんを優先順位のトップに置こうと思うの…だからアルギャロンを辞めるつもりよ。ときどき講演をやる以外は、子育てに専念しようと思っているの」


p125.彼は社員一人ひとりに、こう呼びかけた。「一緒にやろう。一緒に学ぼう。一緒に成長しよう。そして、みなんで『オンタイム・マネジャー』になろう」と




20061212000001


google adsense

関連記事

no image

藤井孝一「週末起業」ちくま新書

20071229060000 不況やリストラに立ち向かい、副収入や独立を得るための考え方の

記事を読む

no image

吉本佳生「投資リスクとのつきあい方(上)」講談社+α文庫

株式投資において、投資しようとする銘柄のリターンを想定して、ボラティリティを算出して、正規分布に当て

記事を読む

no image

内田貴「民法改正-契約のルールが百年ぶりに変わる」ちくま新書

20120504012031 最近の民法改正の動きを正当化する立法事実の説明を行っているもの。実は

記事を読む

no image

菅原健介「羞恥心はどこへ消えた?」光文社新書

確か、どこぞの新聞か雑誌で紹介されていたから、読んでみたもの。タイトルがなかなか魅力がある 新書に

記事を読む

no image

中西輝政「日本人として知っておきたい近代史(明治編)」PHP新書

誤植の目立つ、雑な作り。内容との関係では十分に買いの一冊。新書だし 大学受験のときに、近現代史はか

記事を読む

no image

改定・保育士養成講座編纂委員会編「改定・保育士養成講座2006第2巻 児童福祉」全国社会福祉協議会

保育士試験受験シリーズ(3/11) 受験しようと思ったのは、保育士試験の受験要領を請求できる1日くら

記事を読む

no image

司馬遼太郎「関ヶ原(下)」新潮文庫

20090108215000 "司馬遼太郎「関ヶ原(上)」新潮文庫"、そして"司馬遼太郎「

記事を読む

no image

プロとアマ、または顧客満足と自己満足/森博嗣「常識にとらわれない100の講義 」大和書房③

20130223112111 近接して、対照的な2つの記述があった p092.良い仕

記事を読む

no image

クリスティン・ニュートン+古賀良子「絵を右脳で描く」旬報社

保育士試験の第1次筆記試験が10科目全部一発合格ということになった。なお、10科目を含む、保育士試験

記事を読む

no image

中島義道「うるさい日本の私」新潮文庫

日本に住む人には一読をお勧めしたい 先日読んだ本"中島義道「私の嫌いな10の人びと」新潮社"が面白

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

google adsense

pay整理とKyashへの収束

20181209101111 ソフトバンク系と楽天系のポイントが

楽天ペイのアプリとローソン

20181208145713 Rakuten PayがPayPa

銀行の口座振替(引落し)設定の解除

20181207112040 とある事情で、とある業者への支払い

Pixel3の購入と現状の整理

20181120110248 Pixel初代とPixel2が日本

ドコモ「dアカウント」と「ポイント共有グループ」の整理

20181106112305 ドコモに3回線MNPの顛末(2

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑