ケン・ブランチャードほか「1分間自己管理」ダイヤモンド社

公開日: : 最終更新日:2012/02/18 書評(書籍)



これも2年前に買って積んだままになっていたものだ。直ぐに読んでおけばよかったと後悔する良書


読み終わって改めて表紙を見る。何なんだ。どこが「1分間」というのだ。表紙に偽りあり、タイトルに偽りあり。これだけ読んだのではよくわからないが、どうも著者の代表作が1分間というキーワードらしいのだが。まあ、このことは忘れることとする


この違和感を差し置いても、なかなか面白い内容の本だった。エンディングはちょっとベタッとしてたけどね。まあ、よかった


特に、下に引用したとおり、トリアージ、ノー、熱い心でやりぬけ、などは印象に残るものだった


内容は平易で分量もそれほど多くない。寝る前に軽く読むのに良いのではないか。寝ている間に自分の脳が改造されることと思う




p34.「先延ばしの癖のある人は、いかにも忙しそうにしているけれど、実はどうでもいいことに引っかかっていることが多い。それでいて、大事なことはなかなか行動に移れない。だから、優先順位の高いことほど遅れがちになる。この場合、先延ばしは『時間を守れない』という悪循環を生むのよ」


p35.「先延ばしの癖のある人は、意識するしないにかかわらず、自分にも他人にも『ストレス』を与えているということよ。ぎりぎりになってあわてるので、自分もストレスになる。まわりの人もはらはらさせられたり、尻ぬぐいをさせられたりしてストレスを受けるわ」


p37.「アルギャロンのみんなにも、あらゆる活動にたえず”トリアージ”をかけてもらいたいの。そうすれば、目先のことから片づけていくのではなく、いちばん大事なこと―つまり優先順位のトップ―から真っ先に処理していける。肝心なことは何かを見抜ければ、大事なことで遅れをとったりしなくなるわ」


p55.(なんだかこの世界に希望が出てきた)と思いながら、ボブは廊下をとおって今度は息子に謝りにいった。ようやく妻とともにベッドに入ると、ボブと妻は無言で抱き合った


p66.CEOは言葉をつづけた。「今が『何の時』なのか、まず知らなければならない。子どもがほしいとしたら、いつそのことを考えればいいのかしら。30歳の時? それとも70歳の時?」


p75.・「オンタイム・マネジャー」は自ら模範を示す。・「オンタイム・マネジャー」は人に奉仕する。・「オンタイム・マネジャー」は必要とあれば、人にものを頼む。・「オンタイム・マネジャー」は他人の貢献を認め、賞賛する


p93.「父には、自分の健康を守ろうというコミットメントがなかったのよ」「つまり、真剣に取り組む姿勢、どうあっても達成しようという決意ですね」と、ボブは努めて抑えた口調で念を押した


p98.毎日、生徒たちが帰ったあと、このおじさんは教室を清掃し、黒板をきれいにする。そして、小学校を4年までしか出ていないこの人物は、黒板の隅に一つの言葉を(それも間違った綴りで)書き込むのだった。それは『YOU GOTTA WANNA(熱い心でやりぬけ)』という言葉だった


p100.CEOは身長に言葉を選びながらいった。「期待しているんじゃないわ。望んでいるのよ。あなたが『3つの原則』を理解し、日々実践してくれることをね。その次に望むのは、あなたが自分自身や家族にコミットすること。仕事があなた自身やあなたの家族、あるいはあなたの夢をつぶすとしたら、優先順位のつけ方が間違っているんだわ」「つまり人生において、自分自身や家族を何よりも大切にしろってことですか」「そのとおり」


p109.優先順位―すべてを”トリアージ”せよ 妥当性―「倫理憲章」を思い出せ コミットメント―熱い心でやりぬけ


p114.「『どろなわマネジャー』は、どんな要求にも『イエス』と答えようとするから、何でも遅れをとってしまうの。これも、もとはといえば『興味』と『コミットメント』の違いがわかっていないからよ」ボブは、わけがわからないという表情を浮かべた。「でも、頼まれたことに『ノー』と答えるのは、人に奉仕する精神に欠けていることになりませんか?」「そんなことないわ。人に奉仕するというのは、あらゆる人を喜ばすことだと思っている人が多いけれど、それは間違い。奉仕の精神をもつということは、心がまっすぐで正しいことの反映なの。自分や会社や同僚や顧客に対する思いやりのほうが、ひょっとしたら自分勝手なものにすぎない要求に『イエス』と答えることより大切なのよ」


p119.「これからは赤ちゃんを優先順位のトップに置こうと思うの…だからアルギャロンを辞めるつもりよ。ときどき講演をやる以外は、子育てに専念しようと思っているの」


p125.彼は社員一人ひとりに、こう呼びかけた。「一緒にやろう。一緒に学ぼう。一緒に成長しよう。そして、みなんで『オンタイム・マネジャー』になろう」と




20061212000001


google adsense

関連記事

no image

竹内淳「外国為替投資の基礎常識」実業之日本社

最近、外国為替証袖金取引がツイている。このところ毎週、万から10万の単位で利益を出している。ある金融

記事を読む

no image

内藤誼人「悪魔の対話術」ダイヤモンド社

著者の本はたくさん読んでいる。メモをとったのは、これだけだけど hiog: 内藤誼人「勝つための「

記事を読む

no image

小川洋子「博士の愛した数式」新潮社

帯に惹かれて購入。私の読後感は、その推薦に違わなかった。内容は気が利いているものの、静かであり、特に

記事を読む

no image

藤川太「サラリーマンは2度破産する」朝日選書

良書。内容はオーソドクスであり、平均的だ。家計のプランニングにおいて必要最低限のことは網羅されている

記事を読む

no image

林和人「香港大富豪のお金儲け7つの法則」幻冬舎

おもしろくて一気に読み終わってしまった。内容も平易で読み易いということもあるけど。でも著者の熱意とい

記事を読む

no image

司馬遼太郎「功名が辻(1)」文春文庫

20050701213500 山内一豊とその妻千代の出世物語。司馬遼太郎の本はハズレがない

記事を読む

no image

蛯谷敏「三井物産 人材活性プラン、そろり始動 (現場力)」日経ビジネス2009年5月18日号

社員が同質であることの限界。視野を広げる 部門を横断して様々な経験を退職の危うさなしに可能とする、社

記事を読む

no image

石川知裕「雑巾がけ 小沢一郎という試練」新潮新書

20121205232517 面白い。政治が好きだから。小沢一郎が好きだから。有罪判決を受

記事を読む

no image

本田直之「ノマドライフ」朝日新聞出版

20120914004829 流行の本なので、カバーをかけずに公衆の空間で読むのが小っ恥ずかし

記事を読む

no image

カーマイン・ガロ「スティーブ・ジョブズ驚異のプレゼン」日経BP社

20110305225307 この本を読んでからスティーブ・ジョブズのプレゼンを見るように

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

google adsense

ドコモ「dアカウント」と「ポイント共有グループ」の整理

20181106112305 ドコモに3回線MNPの顛末(2

ワイモバイルにMNP

20181104115802 この記事を見て、小一時間考えてMN

ドコモに3回線MNPの顛末(2018/09)

20181029231515 ちょうど1カ月が経つので、思いつく

キャッシュレスまたはクレジットカード

20181023225403 政府がキャッシュレスを進めているみ

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑