山川龍雄ほか「日系人という架け橋(特集ブラジル)」日経ビジネス2006年12月18日号

公開日: : 最終更新日:2012/02/10 書評(雑誌), 日経ビジネス

今回のブラジル特集は、日経ビジネスにしては久しぶりにじっくりと読ませる内容だった
引用はその中の一節。小泉前首相は、こういうところが人気がある理由だと思う

「あれはパフォーマンスじゃない。小泉さんの涙は本物だった」
日系移民発祥の地、サンパウロ州グァタパラ。そこで日系人コミュニティーの代表を務めるグァタパラ農事文化体育協会長の川上淳はこう信じている。周囲から「政治家にとって涙を流すのは朝飯前」と言われたこともある。だが、一度だって疑ったことはない。
2004年9月15日、ブラジルを訪問した当時の首相、小泉純一郎はスピーチの途中で涙した。詰めかけた日系人を前に笑顔で話し始めたが、グァタパラの話になった途端、「涙をもって迎えてもらいました」と言ったきり、約30秒間、絶句した。
これには伏線がある。その前日、小泉はグァタパラを訪れていた。ちょっとしたハプニングだった。この日、小泉はエタノール工場の視察でグァタパラ上空を飛ぶことになっていた。それを知った川上らは「近くに来るのなら、先亡者を祭った墓地に花束を投下してほしい」と領事館を通じて嘆願した。
風の強い日だった。住人達は、サトウキビ畑に囲まれたサッカー場に石灰で「カンゲイ小泉首相」と書き、ヘリコプターを待った。傍らには日の丸と鯉のぼり。それを見た小泉は、地上に降りて挨拶したいと言い出した。
ヘリが着陸した時はパニックとなった。住民たちが次々に駆け寄り、握手を求める。万歳をする人、小泉にいきなり抱きつく人、ひざまずいて涙を流す人もいた。その輪の中央で、小泉は真一文字に口を結び、ほとんど言葉を発しなかった。
その翌日、小泉は感涙にむせんだ。この姿を見て聴衆もすすり泣いた。移民たちと首相との距離が一気に縮まった瞬間だった。小泉がそこで見たのは「日本人の原点」ではなかったか。素朴で人を信じる。古き良き時代の日本人がブラジルにはいる。

20061222003000

google adsense

関連記事

no image

池田信太朗「オーケー(食品スーパー)(戦略フォーカス 顧客の囲い込み)」日経ビジネス2006年10月2日号

少し前の記事だけど。ほんとにこの兄弟はすごいと思う ・「二十世紀梨 まだ最盛期に比べたら。今ひ

記事を読む

no image

江田憲司ほか「官僚支配からの脱却と国民の望行政改革の実行こそ急務(日本の政治を問う!)」週刊東洋経済2008.9.27

恐い恐い恐い ・私が橋本総理の政務秘書官のとき、最大のスーパー権力官庁の大蔵省分割がテーマとな

記事を読む

no image

高橋由里、大野和幸『中古車でも人気沸騰「プリウス」内なる懸念』週刊東洋経済2009.12.5

やっぱり自分が思うことは他人も思っている ハイブリッドを考えるときに気になるのが、電池の持ち。以前

記事を読む

no image

麻生祐司ほか「現場に広がる縄張り意識 問われる日産ウェイの真価(特集ゴーン大反論)」週刊ダイヤモンド2007/06/09

・じつは日産ウェイには別の思いも込められている。社員の評価軸の再構築である。日産の人事評価制度は日本

記事を読む

no image

ロスチャイルドの富は「情報力」で築かれた(社会科学の女王か金儲けの手段か)」週刊東洋経済2007.9.8

ネイサン・ロスチャイルドが相場で大儲けをする有名な話。ここで気になったのは次の文章 ・仮にネイ

記事を読む

no image

山田昌弘「若者に厳しい民主党政権 若者を犠牲にした財政再建の意味とは?(THE COMPASS)」週刊東洋経済2012/03/31

20120911011303 若者に厳しく、高齢者に優しい。これをひっくり返すために、若者は、

記事を読む

no image

飯泉梓「セブンが認めた総菜のプロ ヤマザキ(食品製造業) 現場力」日経ビジネス2009年9月21日号

プロが買っていくというのがスゴいね。この記事の前からセブンのこのシリーズは気になっていて、ポテトサラ

記事を読む

no image

戸田顕司「企業再生を新たに担う 『ユニクロ』前社長、玉塚元一のプロ経営者への挑戦(企業再生最前線)」日経ビジネス2006年3月6日号

玉塚氏の更迭と新たなコンサルティング会社の立ち上げの件は結構なニュースになった。一つには、オーナーに

記事を読む

no image

新井美江子ほか「特集 新・ニッポンの接待」週刊ダイヤモンド2012/6/23

20120620004052 今週は非常におもしろい特集 確かヨーロッパのほうでは民間同士の賄賂

記事を読む

no image

菅原雅信ほか「化粧なき素顔をさらす(特別企画 人材奔流)」日経ビジネス2008年3月3日号

20080430060000 プロというのはいったい何だろうかと思わせる記事。やはり、「その人でな

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

google adsense

pay整理とKyashへの収束

20181209101111 ソフトバンク系と楽天系のポイントが

楽天ペイのアプリとローソン

20181208145713 Rakuten PayがPayPa

銀行の口座振替(引落し)設定の解除

20181207112040 とある事情で、とある業者への支払い

Pixel3の購入と現状の整理

20181120110248 Pixel初代とPixel2が日本

ドコモ「dアカウント」と「ポイント共有グループ」の整理

20181106112305 ドコモに3回線MNPの顛末(2

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑