梅沢正邦「ミタルvs.王子製紙 2つのTOB 2つの経営者像」週刊東洋経済2006.11.18

公開日: : 最終更新日:2012/02/10 書評(雑誌), 週刊東洋経済

気になった記事。M&A、ひいては経営全般に対する2人の経営者のスタンスの違い
あきらめない。成功するまで続けることが成功するということだ。人事を尽くして天命を待つ。天は自ら助くる者を助く

・王子製紙のTOBを退けた北越製紙が、日本製紙連合会の鈴木正一郎会長(王子製紙会長)に辞任要求を突き付けている
・言うまでもなく、TOBは合法的な経済行為だ。にもかかわらず、衆目監視の中、意趣返しに及ぶあたり、まるで駄々っ子である。日本の経営者はここまで発育不全だったのか
・アルセロールCEOのギー・ドレは口を極めてミタルをののしった。「血も涙もない乗っ取り屋。戦略も実績も何もない」。ドレが執拗に攻撃したのは、ラクシュミ・ミタル会長がインド出身である点だ。「あそこはインド人だらけ」「モンキー・マネー」とまで言った。サルがカネを背負ってやってきた、「欧州的価値観」がわからないヤツやに会社を引き渡せるか
・ミタルはあきらめなかった。TOB価格を大幅に引き上げ、合併新会社の社名はアルセロールを先にする「アルセロール・ミタル」とし、アルセロールの経営陣の身の安泰も保証。譲れるところは譲り、そして、相手の失策をじっくり待ったのだ
・是が非でもセベルスターリとの合体を成立させ、ミタルのTOBを退けたかったのだろう。だからと言って、ルールまで変えたのでは、「欧州的価値観」が泣こうというものだ。ミタルはそこを攻めまくった。欧米メディアにその非を訴え、アルセロールの株主総会への関心が一気に高まった。アルセロールは自滅した。しかし、その自滅を引き出したのは、ミタルの5ヶ月にわたる、あきらめない戦いである。ひるがえって、わが王子はTOB価格を引き上げるでもなく、三菱商事への第三者増資に法的手段を取るともしなかった。ただ、相手が自分の威光の前にひれ伏すことを期待していたとしか思えない対応だった
・同じ「論理」に突き動かされながら、あきらめないミタルと簡単にあきらめた王子。違いは経営者の「出自」と「資質」に発している。ミタルはインドネシアの小さな電炉工場から出発し、トリニダードトバゴやカザフスタンの国営製鉄所の再建などいくつもの修羅場をくぐり抜け、世界一にのし上がった。ミタルにとって、製鉄産業の近未来は、自分と一族の運命そのものである
・世界経済の大再編期に主役を張れるのは、サラリーマン経営者ではあるまい。ミタルと王子のコントラストを見るにつけ、日本経済の先行き不安は、「経営者資源」の不安である

200701100027

google adsense

関連記事

no image

ロスチャイルドの富は「情報力」で築かれた(社会科学の女王か金儲けの手段か)」週刊東洋経済2007.9.8

ネイサン・ロスチャイルドが相場で大儲けをする有名な話。ここで気になったのは次の文章 ・仮にネイ

記事を読む

no image

山川龍雄「編集長インタビュー 小林健氏(三菱商事社長)内向きの時代に抗う」日経ビジネス2011.12.26・2012.1.2

20120109114821 雇用者側に理がある。しかし、学生だって、そのように教わってきているん

記事を読む

no image

「CSに「即効薬」なし(特集 2012年版アフターサービスランキング)」日経ビジネス2012.7.30

20120804164843 日経ビジネスの恒例の特集。かなり影響力を持つものと思う。自分でもこれ

記事を読む

no image

「五味廣文(元金融庁長官)インタビュー規律欠如が過剰規制を生む 自縄自縛に苦しむ証券業界」週刊ダイヤモンド2012/09/08

20120916014826 今年度上期の金融ビジネスシーンでは、「自浄努力」が流行語大賞

記事を読む

no image

野口悠紀雄「われわれは生活防衛策を真剣に考える必要がある(『超』整理日記430)」週刊ダイヤモンド2008/09/20

このコラムにおける日本に対する著者の傾向は前からかなり悲観的であるが、今回は悲観そのもの。本旨とは違

記事を読む

no image

山田昌弘「拡大する地域間格差 大変化する家族形態(The compass)」週刊東洋経済2006.1.21

20060130231500 著者は最近ベストセラーを出して有名になった人だ。ビジネス誌でも去年の

記事を読む

no image

林康史監修「Q&Aで読み解く必勝!投資の心理学」週刊東洋経済2006.4.8

この号の株投資の特集は面白くて一気に読んでしまった。その中で、この記事は最近流行の行動ファイナンスの

記事を読む

no image

佐藤吉哉「佃和夫氏 三菱重工業社長 環境技術で世界派遣を(編集長インタビュー)」日経ビジネス2008年3月31日号

20080429060000 プリンスホテルの契約違反の件があったが、同時期にさりげなく三菱重工の

記事を読む

no image

新井美江子ほか「特集 新・ニッポンの接待」週刊ダイヤモンド2012/6/23

20120620004052 今週は非常におもしろい特集 確かヨーロッパのほうでは民間同士の賄賂

記事を読む

no image

佐藤優「うまくやれとの指示にどう応えるか(知の技法 出世の作法 第246回)」週刊東洋経済2012.05.26

20120914223543 上司が「うまくやれ」とわざわざ曖昧に指示しているのに、記録と

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

google adsense

pay整理とKyashへの収束

20181209101111 ソフトバンク系と楽天系のポイントが

楽天ペイのアプリとローソン

20181208145713 Rakuten PayがPayPa

銀行の口座振替(引落し)設定の解除

20181207112040 とある事情で、とある業者への支払い

Pixel3の購入と現状の整理

20181120110248 Pixel初代とPixel2が日本

ドコモ「dアカウント」と「ポイント共有グループ」の整理

20181106112305 ドコモに3回線MNPの顛末(2

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑