西岡常一「木に学べ」小学館

公開日: : 最終更新日:2011/11/12 書評(書籍)



学者をやり込めた話。具体的な名前も出てくる。学者に対する不信


経験からくる確信。祖父から教わったこと


百年、千年残るための仕事。いまの道具がおもちゃのようなものだということ


現在の建築に対する批判。建築基準法やコンクリートを使うこと


飛鳥時代が最もしっかりした建築だった。法隆寺に見られる各時代の建築を見て。釘などに使う鉄を見て




p16.自然に育った木ゆうのは強いでっせ。なぜかゆうたらですな、木から実が落ちますな。それが、すぐには芽出しませんのや。出さないんでなくて、出せないんですな。ヒノキ林みたいなところは、地面までほとんど日が届かんですわな。こうして、何百年も種はがまんしておりますのや。それが時期がきて、林が切り開かれるか、周囲の木が倒れるかしてスキ間ができるといっせいに芽出すんですな。今年の種も去年の種も百年前のものの、いっせいにですわ。少しでも早く大きくならな負けですわ


p19.長い目で見たら、気を使って在来の工法で家を建てたほうがいい。今ふうにやれば1000万円ですむものが在来工法で建てると1200万円かかりますわ。そのかわり200年はもつ。1000万円やったら25年しかもたん。200万円多くだせば200年もつ。どっちが得か考えてみなさい


p20.建築規準法も悪いんや。これにはコンクリートの基礎を打回して土台をおいて柱を立てろと書いてある。しかし、こうしたら一番腐るようにでけとるのや。コンクリートの上に、木を横に寝かして土台としたら、すぐ腐りまっせ。20年もしたら腐ります


p22.一番悪いのは日光の東照宮です。装飾のかたまりで、あんなんは建築やあらしまへん。そやから、何回も解体せなならんのですわ


p60.建築物は時代が新しくなるにつれて構造の美しさというのが失われてきとるのや。その失われていく様子を、法隆寺では一目で見ることができます。法隆寺は飛鳥時代の大工たちが知恵を出しきって作ったんです。法隆寺のよさは力強い美しさやな


p62.飛鳥時代にはほかにも寺が作られてますが、ここだけが残った。これは構造を大事にしたからですな。聖武天皇のとき、各地に国分寺を建てましたが、ひとつとして残ってませんでっしゃろ。あるのは国分寺跡だけ。その頃の大工が、無理矢理集められて、いやいや作ったからや。今の大工にも似たところがありまっせ


p64.大陸からの技術を鵜呑みにせんと、雨が多く、湿気の多い日本の風土に合わせて、こういう軒の深い構造を考えたんですな。こういう知恵の働きというのは、近頃のアメリカのまね、イギリスのまねをやってる日本人は勉強しなければなりませんな。飛鳥の工人は、自分たちの風土や木の質というものをよく知っていたし、考えていたんですな


p99.この柱を、梅原猛さんは、「聖徳太子の怨霊が伽藍から出ないようにするため中門の真ん中に柱を置いた怨霊封じだ」というんです。ところが、そんなことはないんです。呪いとかそんなものは、仏法にはありません。仏教は人の世の平和を考えるもんです。仏教というもんを本当に理解せんと、ああいうことになってしまう


p127.科学万能の時代にふしぎなことですが、このお像にあるだけの鋳造技術が現在ないんです。この仏像と同じように光背を仕上げるだけの技術が、今はもうなくなってるんです。結局、金堂の前にある灯籠みたいなもんしかできません。あれで、精いっぱいなんですな


p181.学者というのは、ほんまに仕事という面からいうたら、どうにもならんもんでっせ。わたしは一度言うてやったことあります。「飛鳥時代には学者はおりません。大工がみんなやったんやないか。その大工の伝統をわれわれがふまえているのだから、われわれのやっていることは間違いないと思ってください」そしたら、誰も返事しよらんかったな


p214.こうした建造物をつくるには、仏教を信ずるという心がないとできませんな。近頃、日本人には宗教心がないいわれてますが、どうなりますかな。仏教はキリスト教やイスラム教徒はちがいますわね。仏教は自分自身が仏様である。それを知らんだけだと。神も仏もみんな自分の心の中にあるちゅうことをいうてるんですわ。ほかの宗教は、神様は人間界を離れた上にあると考えている。そこが違うんやね。そうしたことが忘れられてしまったんや。法隆寺にしろ、薬師寺にしろ過去に対する尊敬の礼拝の場所です。法隆寺では大講堂が一番大きいでっしゃろ。薬師寺でもそうだったんです。この大講堂から生きた仏教が生まれていくんだすな。新しい仏教が




20070128220000


google adsense

関連記事

橘玲「日本の国家破産に備える資産防衛マニュアル」ダイヤモンド社

20130821001756 日本の国家破産に備える資産防衛マニュアル著者 : 橘玲ダイヤモンド社

記事を読む

no image

木下晴弘「涙の数だけ大きくなれる!」フォレスト出版

書評や、この本の頭書きの推薦にあるように、泣きっぱなしとか、何度もゆっくりと読み返すとか、そういうこ

記事を読む

no image

マニュアルの存在理由/森博嗣「常識にとらわれない100の講義 」大和書房⑤

20130405010158 私はマニュアルの効用を完全に信じている。しかし、マニュアルの

記事を読む

no image

竹内正浩「地図だけが知っている日本100年の変貌」小学館101新書

すべての都道府県を取り上げる趣向はいいが、正直、おもしろい県とそうでない県があった。2つ以上を取り上

記事を読む

no image

山根一眞「メタルカラーの時代2」小学館文庫

20111224103333 山根一眞「メタルカラーの時代1」小学館文庫 | hiogの次の巻

記事を読む

no image

稲垣道夫「カーボン-古くて新しい材料-」東京工業調査会

身近なもの、工業的に使用されているもの、可能性を秘めているもの、という3つの分類で紹介していく。説明

記事を読む

no image

原秀史『「規制」を変えれば電気も足りる』小学館新書

20111112231826 ここのところ、こういう悪い規制のことばかり読んでいると思う。が、たま

記事を読む

no image

金井寿宏・高橋俊介著「キャリアの常識の嘘」朝日新聞社

構成が面白い。2人がキャリアに関する20の質問にそれぞれの考えで答えを出していく。読者はそれを比較し

記事を読む

no image

杉本智彦「改訂新版 カシミール3D入門編」実業之日本社

20130428221714 最近、山に登り始めた。大昔の経験を参考にしながらも、久しぶり

記事を読む

no image

マイケル・ルボーフ「自宅にいながらお金持ちになる方法」ダイヤモンド社①

20071119060000 大昔に買っていたのだが、最近まで読まなかったこの本。そろそろ

記事を読む

google adsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

google adsense

ドコモ「dアカウント」と「ポイント共有グループ」の整理

20181106112305 ドコモに3回線MNPの顛末(2

ワイモバイルにMNP

20181104115802 この記事を見て、小一時間考えてMN

ドコモに3回線MNPの顛末(2018/09)

20181029231515 ちょうど1カ月が経つので、思いつく

キャッシュレスまたはクレジットカード

20181023225403 政府がキャッシュレスを進めているみ

MediaPad M3 LTE プレミアムモデル購入して2か月

20170409130135 もう2か月が経ってしまったけど、記

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑