麻生祐司ほか「特集 団塊離婚と非婚ジュニア シングルライフの生涯収支」週刊ダイヤモンド2007/05/12

公開日: : 最終更新日:2012/02/10 書評(雑誌), 週刊ダイヤモンド



今週の週刊ダイヤモンドは確実に定価の数倍の価値がある。いつもと違う内容に、頬が緩みっぱなしだった。


曰く、「プロバンス地方の料理を作りたい」、「カツオを自分でおろしたい」、「死ぬ気でアタック」、「この人と一緒になっても人生の選択肢は広がらない」、「早くライダーベルトを腰に巻きたい」…


悪乗りしたような図解が盛りだくさん。果てには俳優石田純一へのスペシャルインタビューだもの。やっぱり、こういう特集は自他の俗物根性が発揮されてウケて堪らない


30代未婚男女のアンケート。”すきなものランキング”で自分に当てはまるものは…。衣服カテゴリーにおいてユニクロが男性で1位、有名人カテゴリーにてオダギリジョーが女性で2位、これしかない


独身族原色大図鑑で自分に当てはまるものは…。レクサスを好むという点のみにおいて、イセ(伊勢)メン系に分類?




・昨年、娘の部屋で年金分割の本を見つけたことがある。離婚した夫婦の厚生年金を分け合う新制度がこの4月からスタートしたことは知っている。残念ながら娘の持ち物である可能性は万に一つもない。今年33歳になる娘はいまだ独身だからだ


・ここ数年の離婚件数は理論値をかなり下回る水準で推移してきた。「理論値との乖離を潜在離婚件数と考えれば、蓄積されたその数は03年~05年だけで4万2000件に上る」(永濱利寛・第一生命経済研究所主任エコノミスト)との試算もある。じつはこの数字、社会保険庁に寄せられた、離婚時の年金分割に関する相談件数に近い


・許せなかったのは夫のダブルスタンダードだ。夫は実父の介護を強制したのに、自分の母親が入院しても、見舞いに来てくれることはなかった。理由は仕事。それなのに収入は下がり、今では口を開けば転職の話


・「彼の給与を知って、一気に気持ちが冷めました」2年近く交際していた同世代の恋人との関係を清算した。結婚の条件として経済力をことさらに重視しているつもりはなかったが、求婚されたのを機に、思い切って話題を振り向けてみた。給与明細を潔く見せてくれたまではよかった。だが、記された金額にびっくり。月収は手取りで24万円弱。聞けば、年収は自分より150万円近く低かった。決して専業主婦志向が強かったわけではない。しかし、「この人と一緒になっても人生の選択肢は広がらないと考えた途端、気持ちが離れていった」


・未婚大国といえば、スウェーデンやフランスがよく取り沙汰される。しかし、両国には従来の法律婚のほかに、社会保障制度で守られている同棲婚がある。欧州では多くの若者が後者の”結婚”のかたちを選んでいることを考えると、実質的な未婚率は統計数字よりもはるかに低いと考えたほうがよさそうだ。要するに、日本はすでに先進国一の独身大国となっている可能性が高いのだ


・直近の05年国勢調査。政策関係者の注目を集めたのは未婚率の高さだった。特に30代前半の団塊ジュニアの未婚率は急上昇し、男性が47.1%、女性が32%に達した


・国立社会保障・人口問題研究所が05年に実施したアンケート調査によれば、「結婚したい」と答えた未婚者の割合はなんと男女とも9割に迫った


・東京学芸大学の山田昌弘教授が03年に行ったアンケート調査。結婚相手に求める年収を「600万円以上」と答えた女性(25~34歳、東京都在住)の割合は27.9%に上った。しかし、実際に600万円以上の収入がある同世代の男性は東京ですら3.5%しかいない。地方ではむろんもっと少ない


・辻クッキングスクールでは、月謝1万~2万円の通常コースに通う人の大半が主婦や「そろそろ結婚を考えているが、今まで仕事が忙しく料理をしたことがない」と焦るOLだ。「離婚したが、料理ができないので困っている」という熟年男性もいる。だが最近では、背中を押された人ばかりでなく、「プロバンス地方の料理を作りたい」というOLや、「カツオを自分でおろしたい」という若年サラリーマンなど、料理道を追究するシングルも増えた


・オーエムジー(オーネット)では会員数が約5万3000人に達しており、年間約2万人以上が新規で訪れるなど、非婚時代を象徴するような入会ラッシュが続く。必死なのは本人ばかりではない。「独身の子どもを心配し、60代の母親が30代の息子を連れて相談に来ることもある」(関係者)


・「結婚したいなら死ぬ気でアタックしてください。今年独身で終わったら、来年も間違いなく独身のままです」―。こう檄を飛ばすのは、シングル男性向けの結婚対策セミナーを開催するNPO法人「花婿学校」代表の大橋清朗氏だ。1回4時間のセミナーでは、服や髪形におカネをかけることの意味、コミュニケーションの重要性など、基本次項を繰り返し述べて意識改革を図っている。希望者には女性スタッフとの「模擬デート」も設定するという熱の入れようだ。これまでに、参加者の4分の1程度が恋愛や結婚にこぎ着けているという




20070507222200

google adsense

関連記事

no image

井上裕「金川千尋氏 最後は経営力で勝つ(編集長インタビュー)」日経ビジネス2006年3月6日号

昨日の"宮東治彦・小笠原啓「成長の限界に挑んだ信越化学 金川千尋怒りの経営」日経ビジネス2006年3

記事を読む

no image

張子溪「みんな知らない漬物業界(カンパニー&ビジネス)」週刊東洋経済2012.2.4

20120221003658 まず業界のお勉強。漬物の食品としての歴史は古いが、商品としての歴史は

記事を読む

no image

櫻井よしこほか「特別鼎談 住民が幸せになるための地方自治体改革の正攻法」週刊ダイヤモンド2009/04/18

前矢祭町長と杉並区長との鼎談。かなり率直な発言が相次ぐ。やっぱり、単純に報道だけで矢祭町を知ったつも

記事を読む

no image

篠原匡「マネジャーを助けるトラッカー 抜け漏れ防ぐ”追跡者”(経営新潮流)」日経ビジネス2012.1.16

20120218102525 プレイングマネジャー。プレイに夢中でマネージが疎かになる。このマネジ

記事を読む

no image

山崎元「『株式投資はバクチだ』と説明してはどうか(マネー経済の歩き方)」週刊ダイヤモンド2005/10/22

いつものことながら、いい題材を取り上げて、絶妙な説明をなさっている。この「バクチです」については、同

記事を読む

no image

冨岡耕「豪空港ファンドが日本上陸 狙われた「羽田」視界不良の攻防戦(スペシャルレポート)」週刊東洋経済2007.10.27

タイトルの羽田になぜカギカッコがつくのかもわからないが、下に引用する文において空港ビル関係者がなぜ「

記事を読む

no image

大西康之ほか「社員は見た世紀の大合併 失敗のなぜ?(特集 買収無残)」日経ビジネス2007年5月7日号

20070508220200 リアリティってのはおもしろいなあ、と思う。週刊誌とは、こういう生気の

記事を読む

no image

「廃線再生! 京都トロッコの立役者(特集/「鉄道」再起動)」週刊東洋経済2012/02/25

20120813021140 ここまで真剣にできるほど、おもしろい、大切な、期待された、そんな

記事を読む

no image

山本隆行ほか「規制強化で加速するFX業界の再編淘汰(特集/株投資超入門&ランキング)」週刊東洋経済2009.8.15-22

20090809182608 一部の業者が悪いことをすると、その業者を従来の規範で処理することに飽

記事を読む

no image

内田通夫「マスメディアは事件を消費するだけか 耐震偽装事件に賞味期限はない(アウトルック)」週刊東洋経済2006.11.25

報道のいい加減さ、狡さの例。極めて共感したコラムだった 結局、記者クラブでなかよく開示された報道資

記事を読む

google adsense

google adsense

pay整理とKyashへの収束

20181209101111 ソフトバンク系と楽天系のポイントが

楽天ペイのアプリとローソン

20181208145713 Rakuten PayがPayPa

銀行の口座振替(引落し)設定の解除

20181207112040 とある事情で、とある業者への支払い

Pixel3の購入と現状の整理

20181120110248 Pixel初代とPixel2が日本

ドコモ「dアカウント」と「ポイント共有グループ」の整理

20181106112305 ドコモに3回線MNPの顛末(2

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑