佐藤吉哉「梅棹忠夫氏 発想生む「頭の霧箱」(編集長インタビュー)」日経ビジネス2007年4月30日号

公開日: : 最終更新日:2013/04/07 書評(雑誌), 日経ビジネス



20070511060700


刺激ある文章。しかし、実際の話がそう行われていたとしても、そのまま関西弁にして記載することはないではないかという気もするけど




・「梅棹の研究は単なる思いつきにすぎない」なんていう人がいるが、何たることかと思いますね。そんなら「なんか思いついてみぃ」と言いたい。思いつきこそがすべてだから。すると、思いつきの方法はないかと聞いてくる人がいるけど、そんなもんあるかいな。思いつきちゅうのは、変な例えやけど、宇宙線のせいだと言うとるんです。宇宙線が飛んできて、脳を貫いた時にパッとでてくるんや。本を読んだって成果は出ない。物理学に「ウィルソンの霧箱」という装置があります。蒸気を飽和状態に詰めた箱で、宇宙線が飛んでくると中に「スーッ」と痕跡が残るんですよ。そうやって宇宙線の飛来を捉えているんです。こういうウィルソンの霧箱を、自分の頭の中にちゃんと用意しておかな…。そうやなかったら、なんぼ宇宙線が飛んできても何もひらめかない。ぼんやりしてたら、あかん




孔子の言葉みたいだね




・ドイツ系の米国人と一緒だったんで、欧州のことを聞いとったら、なんや日本と同じやないかと思ったんです。自分の経験ではインドも中国も日本と違う。日本はアジアよりも西ヨーロッパに近いとひらめいたんです。欧州にはそれに気がついていた人が昔からいたようですな。17世紀頃から日本にたくさんヨーロッパ人が来てます。その人たちは中国のことはたくさん書いているのに、日本についてあまり書いていない。日本に興味がなかったんですよ。日本には町人がいて、ギルドがあって、坊さんもいて、教会・お寺があって、サムライがいる。欧州のブルジョアとか騎士とかと同じ構成なんです。だから興味を持たなかったというわけ


・毎日の日常生活では日本と中国の違いばかり経験しました。例えば、中国の人たちは物の価値を「交換すること」に見いだしていて、自然から物を取り出して作ることにあんまり興味がない。日本人はそれが大好き。考え方が違うんです




中国のことをもっと勉強しなければならないのだろうか




・国立民俗学博物館の名誉教授の小山修三は「学者は請われたら一差し、舞わなければならない」と言っとる。舞うからにはブーイングではいけない。しかし、最近の学者はよう舞わへん。請われたら断る。非常に困った傾向で、周囲に壁を巡らせてしまっている。アカデミックな世界にはそういう人が多いようです。勇気を持って壁を飛び越えられるようにアジテートせなあかんなぁ







google adsense

関連記事

no image

堀場雅夫「第三者委員会の欺瞞(終わらない話)」日経ビジネス2007年7月16日号

本質と異なることはやめましょうねってんだ。なるべくこういうことは敬遠すべきだということだ。付き合って

記事を読む

no image

張子溪「みんな知らない漬物業界(カンパニー&ビジネス)」週刊東洋経済2012.2.4

20120221003658 まず業界のお勉強。漬物の食品としての歴史は古いが、商品としての歴史は

記事を読む

no image

野口悠紀雄「出生率の引き上げは少子化社会対策として適切ではない(通説粉砕経済塾)」週刊東洋経済2006.4.1

ここで急に1年以上前の記事をメモしておく ・出産費用がゼロになったところで、出生率に大きな影響

記事を読む

no image

辻秀一「バレンタイン監督に学ぶ周りを巻き込む力(ビジネス・アカデミア)」週刊ダイヤモンド2005/10/29

私は野球をしない。観戦も行わない。プロもアマも問わず。稀に、おそらく10年に1度くらいはどうしても外

記事を読む

no image

塚田紀史「『思想する住宅』を書いた作家・書誌学者林望氏に聞く(Books&Trends)」週刊東洋経済2011.10.15

確かにすべて正論だ。要は、お仕着せに任せきりにして、自分で考えてないのではないか、ということ ただ

記事を読む

no image

菅原雅信「ドバイでも日本酒は売れる 4割市場で販売量5倍の秘密――桜井博志氏(特集 売れない時代に私が売る)」日経ビジネス2009年7月13日号

20090912080042 杜氏の存在理由がなくなる事例。誰でも酒造りができる体制。「この人でな

記事を読む

no image

原田泰「フリードマン教授をしのぶ 資本主義が自由を守ることを見抜く(The compass)週刊東洋経済2006.12.23

終わり方に気が利いてるね。正しいことには誤謬がないから、このようにも使える 本誌上においてこの後も

記事を読む

no image

井上裕「金川千尋氏 最後は経営力で勝つ(編集長インタビュー)」日経ビジネス2006年3月6日号

昨日の"宮東治彦・小笠原啓「成長の限界に挑んだ信越化学 金川千尋怒りの経営」日経ビジネス2006年3

記事を読む

no image

麻生祐司ほか「特集 団塊離婚と非婚ジュニア シングルライフの生涯収支」週刊ダイヤモンド2007/05/12

今週の週刊ダイヤモンドは確実に定価の数倍の価値がある。いつもと違う内容に、頬が緩みっぱなしだった。

記事を読む

no image

戸田顕司「企業再生を新たに担う 『ユニクロ』前社長、玉塚元一のプロ経営者への挑戦(企業再生最前線)」日経ビジネス2006年3月6日号

玉塚氏の更迭と新たなコンサルティング会社の立ち上げの件は結構なニュースになった。一つには、オーナーに

記事を読む

google adsense

google adsense

pay整理とKyashへの収束

20181209101111 ソフトバンク系と楽天系のポイントが

楽天ペイのアプリとローソン

20181208145713 Rakuten PayがPayPa

銀行の口座振替(引落し)設定の解除

20181207112040 とある事情で、とある業者への支払い

Pixel3の購入と現状の整理

20181120110248 Pixel初代とPixel2が日本

ドコモ「dアカウント」と「ポイント共有グループ」の整理

20181106112305 ドコモに3回線MNPの顛末(2

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑