加藤昌治「考具」TBSブリタニカ

公開日: : 最終更新日:2012/12/30 書評(書籍)



20070826061000








多くのことが書かれているが、かといって翻訳本的なびっしりと活字で埋められているようでもなく、読み進められるペースは速い


カラーバスとマンダラートについて具体的なことがわかった。それ以外のものは結構知っていたので復習程度に


気になった手法についてより深く知ろうと思わせるアイデア出しの入門書的な位置づけか




p25.「アイデアとは既存の要素の新しい組み合わせ以外の何ものでもない」:「アイデアのつくり方」(ジェームス・ウェブ・ヤング著)で提示された定義


p34.人間はなぜか評価する力だけは備わっていますから、何も考えてなさそうな人でもあなたの企画の良し悪しを、悔しいかな結構的確に指摘します。「分かってねえな!」と思うのですが、そのオヤジたちを乗り越えていくのもまた、アイデアマンたちの喜びでもあります


p44.カラーバス。方法は簡単。朝、家を出る前に「今日のラッキーカラー」を決めます。すると妙に赤いものが目につくんです


p151.オズボーンのチェックリスト:転用したら?(現在のままでの新しい使い道は?)応用したら?(似たものはないか?真似はできないか?)変更したら?(意味、色、動きや臭い、形を変えたらどうなる?)拡大したら?(大きくする、長くする、頻度を増やす、時間を延ばすとどうなる?)縮小したら?(小さくする、短くする、軽くする、圧縮する、短時間にするとどうなる?)代用したら?(代わりになる人や物は?材料、場所などを代えられないか?)置換したら?(入れ替えたら、順番を変えたらどうなる?)逆転したら?(逆さまにしたら?上下左右・役割を反対にしたら?)結合したら?(合体、混ぜる、合わせたらどうなる?)


p200.世の中はGive&Take。慣用句に言われている言葉の並び順は見落としてはいけないポイントです。最初に自分がGiveすると、いつか相手からTakeできる。いえ、自分がGiveしないと、相手からTakeできないんです


p217.本を読むことは疑似体験をすることです。アイデアや企画を考えるためには、誰かの身になり代わってみることが大事でした。多くの本に接することは、そうした疑似体験のバリエーションを拡げ、自分以外の視点、視座を持つことの近道でもあります


p233.フォトリーディングの項でご紹介した神田昌典さん曰く、「成功するためのノウハウはすでに明らかになっているのに、実際に行動に移す人は1%しかいない。だから成功するのは簡単なんだ」とのこと。そうなんですよね。ちょっと挑発的な言い方をすると、この本を読み終えて、そのまま何もしない人が99%いる、ってことです







google adsense

関連記事

no image

金出武雄「素人のように考え、玄人として実行する」PHP文庫

ページを繰るたびに新鮮な刺激を受ける。コンピューターと人、発想の仕方、研究の仕方。素朴な分析と深い考

記事を読む

no image

澤一良「一番わかりやすい整理入門」ハウジングエージェンシ-

整理対象を、スマイル、アクティブ領域、スタンバイ領域、プロパティ領域、スクラップ領域に分類することか

記事を読む

no image

司馬遼太郎「王城の護衛者」講談社文庫②

20130313185500 よく知らなかったんだけど、これ短編集だったんだ。すべてが松平

記事を読む

no image

野口吉昭「コンサルタントの習慣術」朝日新書

p25.ある都市銀行の方と一緒に仕事をしたときに聞いた話がある。彼は、若いときに、ヒサヤ大黒堂の担当

記事を読む

no image

樋口健夫「稼ぐ人になるアイデアマラソン仕事術」日科技連出版社

延べ2日、実働は4時間くらいで読んだ。ノートやPCに対して脳の記憶機能を譲り渡し、脳に対してより重要

記事を読む

no image

小林秀之・神田秀樹『「法と経済学」入門』弘文堂

20121230083453 かなり古くなってしまった。しかし、現在も価値を感じる。各項で

記事を読む

no image

中島義道「私の嫌いな10の言葉」新潮文庫

好きな著者の一人。きわめて胸が空く。過去にもこんな本を読んでいる。"中島義道「うるさい日本の私」新潮

記事を読む

no image

近藤藤太「デカい態度で渡り合え! 世界中で通用する人間関係10のルール」フォレスト出版

著者のこれまでの経験を踏まえ、人とのコミュニケーション、特に彼がケトウと呼ぶ欧米人との交渉について教

記事を読む

no image

成毛眞「実践!多読術」角川oneテーマ21

ここで紹介されている本を多く、読もうという気になった。歴史もの、軍事もの、科学もの、をもっと読もうと

記事を読む

no image

磯田道史「無私の日本人」文藝春秋

20130406002458 前評判が良かった。そのとおり、かなり引き込まれて、あっという

記事を読む

google adsense

google adsense

Pixel3の購入と現状の整理

20181120110248 Pixel初代とPixel2が日本

ドコモ「dアカウント」と「ポイント共有グループ」の整理

20181106112305 ドコモに3回線MNPの顛末(2

ワイモバイルにMNP

20181104115802 この記事を見て、小一時間考えてMN

ドコモに3回線MNPの顛末(2018/09)

20181029231515 ちょうど1カ月が経つので、思いつく

キャッシュレスまたはクレジットカード

20181023225403 政府がキャッシュレスを進めているみ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑