リチャード・ワイズマン博士「運のいい人、悪い人 運を鍛える4つの法則」角川書店

公開日: : 最終更新日:2011/09/20 書評(書籍)



だいぶ古い本になる。運について科学的に研究した本として、おもしろく読み、また説得力を感じた。運がいいということを4つの行動パターンに結びつけ、同様の行動をすればいいというだけのシンプルな結論がいい


自分は基本的には運がいいほうだと思う。いくつかの点においては運の悪さを感じたりした。そのひとつにはスーパーやファーストフードなどのレジや複数の入場口などで並んでいると、別の列のほうが早く進んだり、自分の列の前の人がすごくモタモタする傾向があるということだ。これも、そのことばかりを注視してイライラするのでなく、本書が言っているように、それを奇貨として周辺を見回してみたり、一緒に並んでいる他人に声を掛けたりするといいかもね




p84.限定的な「閉じた」質問ではなく、幅のある「開いた」質問をする。閉じた質問は答えが「はい」か「いいえ」になりがちで、会話が広がらない。開いた質問は長くて具体的な答えにつながり、自然と話がふくらむ。たとえば、「『指輪物語』を書いたトールキンは好き?」という質問は閉じているが、「トールキンの本をどう思う?」は開いている


p96.経済上の大きな決断をするときや、キャリア上の選択をする際に直感を信じる人は、運のいい人のほうが運の悪い人より約20%多かった


p148.運の悪い人はとりわけ不安を感じやすい。この不安も、健康にも重大な影響を及ぼす。とりわけ不安を感じやすい人は、家庭でも仕事場でも事故に遭う確率がかなり高いという研究もある。不安症の人は集中力が続きにくく、自分のまわりで起こっていることより、不安や悩みに気がそれがちだ。したがって、運の悪い人のほうが事故に遭いやすいのも不思議ではない。さらに、強い不安は体の免疫機能にも影響し、病気に対する抵抗力が弱まるという研究もある。つまり、運の悪い人は将来について後ろ向きだから不安になり、その不安が、不公平なほど事故や病気をもたらすというわけだ


p152.将来に対する期待は、夢や目標を実現できるかどうかを決めるカギとなる。運の悪い人は物事が悪い方向に進むと期待しているため、挑戦する前からあきらめがちで、困難に直面してもやり抜くことはめったにない。一方、運のいい人は物事がうまくいくと期待しているから、目標をめざして努力する意欲が高く、たとえ成功する見込みが低くても、運の悪い人よりはるかに粘り強い


p216.ついに幸運の秘密を突き止めた。運は魔法の力でも、神様からの贈り物でもない。そうではなく、心の持ちようなのだ。どのように考え、どのように振る舞うかなのだ。私たちは「運のいい人」「運の悪い人」として生まれてくるのではなく、幸運や不運の大半は、自分の考え方や行動によってつくりだすことができる。さらに、一連の研究を通じて、幸運な人生には4つのシンプルな法則があることもわかった。①チャンスを最大限に広げること。運のいい人に共通する性格は偶然のチャンスをつくりだし、チャンスの存在に気づかせて、チャンスに基づいて行動させる。②虫の知らせを聞き逃さないこと。運のいい人は直感と本能を信じて、心の声に耳を傾け、正しい判断をする。③幸運を期待すること。運のいい人は将来に対する期待度が高く、予言が当たるかのように「思っていたとおり」になって、夢や目標の実現をうながす。④不運を幸運に変えること。運のいい人は立ちなおりが早く、不運に見舞われても、それを幸運に変える力を持っている




20070902074800


google adsense

関連記事

no image

マイケル・ルボーフ「自宅にいながらお金持ちになる方法」ダイヤモンド社③

20071125060000 ”マイケル・ルボーフ「自宅にいながらお金持ちになる方法」ダイ

記事を読む

no image

日下公人「男性的日本へ」PHPソフトウェア・グループ

また著者の新刊を買ってしまった 著者の良さ、売れる秘訣はこの辺か。固定観念への挑戦、新しい見方の提示

記事を読む

no image

今井雅人「外国為替トレード勝利の方程式 投資を極める!本当は教えたくないプロのノウハウ」日本実業出版社

20050905224400 程よくまとまっている外国為替取引のノウハウ本。難しそうな取引

記事を読む

no image

原丈人「21世紀の国富論」平凡社

20120817001241 かなり昔の本になってしまったが、新鮮さは失われていない。もっ

記事を読む

no image

カーマイン・ガロ「スティーブ・ジョブズ 驚異のイノベーション」日経BP

20111221223951 タイトルと内容に齟齬がある悪い見本だ。半分くらいはアップル以外の話だ

記事を読む

no image

横石知二「そうだ、葉っぱを売ろう!」ソフトバンククリエイティブ

素材自体が大変に面白い。実話のおもしろさ、地方の農業振興、必然的に年寄りの話ということで熱い物語にな

記事を読む

no image

養老孟司「バカの壁」新潮新書

3時間弱で一気に読み終わってしまった。面白い。やっぱりベストセラーはそれなりの理由があるということを

記事を読む

no image

阿刀田高「アイデアを捜せ」文藝春秋

20120211211338 聖書を知っていますか、の一連は昔読んだ。軽妙洒脱な味わいの文

記事を読む

no image

中山真敬「たった3秒のパソコン術」三笠書房知的生きかた文庫

20090226215800 ときどき、こういうのを虚心坦懐に眺めてみるのもいい。パソコン

記事を読む

no image

小林秀之・神田秀樹『「法と経済学」入門』弘文堂

20121230083453 かなり古くなってしまった。しかし、現在も価値を感じる。各項で

記事を読む

google adsense

google adsense

Pixel3の購入と現状の整理

20181120110248 Pixel初代とPixel2が日本

ドコモ「dアカウント」と「ポイント共有グループ」の整理

20181106112305 ドコモに3回線MNPの顛末(2

ワイモバイルにMNP

20181104115802 この記事を見て、小一時間考えてMN

ドコモに3回線MNPの顛末(2018/09)

20181029231515 ちょうど1カ月が経つので、思いつく

キャッシュレスまたはクレジットカード

20181023225403 政府がキャッシュレスを進めているみ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑