マイケル・ルボーフ「自宅にいながらお金持ちになる方法」ダイヤモンド社④

公開日: : 最終更新日:2012/10/15 書評(書籍)



20071126060000








マイケル・ルボーフ「自宅にいながらお金持ちになる方法」ダイヤモンド社①”、”マイケル・ルボーフ「自宅にいながらお金持ちになる方法」ダイヤモンド社②”と”マイケル・ルボーフ「自宅にいながらお金持ちになる方法」ダイヤモンド社③”の続き




p102.「顧客が最も必要としているものは何か? 私はどうすればそれを提供できるか?」この質問への答えがわかれば、お金を儲けるのは簡単だ。ところが、新規の個人事業家のほとんどはそんな単純明快なことがわからない。彼らはニーズを見つけてそれを満たそうと考えるのではなく、自分が最も得意なことをして誰かにそれを買ってもらおうと考えるのだ




確かにな、「拘り」というのは悪い効果のほうが多いのではないかな




p107.セールスポイントが重要な理由は単純明快。あなたが売っているものが何であれ、同じようなものを多くの人が売っている可能性が高い。あなたの課題は、自分の製品やサービスがその他大勢よりも優れていることを、顧客に確信させる戦略を思いつくことだ。マーケティングの専門家はそれを「ポジショニング」と呼んでいる


p125.新製品のアイデアのほとんどが、どこで生まれているかを考えたことがあるだろうか? マサチューセッツ工科大学のエリック・フォン・ヒッペル博士の調査によると、大企業や大学の研究室の中ではないという。新製品のアイデアの約8割は、顧客の問題解決に由来しているそうだ


p128.世界で最も技術革新を促進している企業の一つである3M社は、製品に関わることであれば、週の労働時間の最高15%まではやりたいことをやってもいいと全従業員に通告している。その結果、たくさんの儲かるアイデアが生まれたが、その一つがポスト・イットと称する付箋紙だ


p136.何かを見たときに、他人と同じものしか見ないなら、自分が育った文化に縛られていると思ったほうがいい。別の視点で眺めるとき、最も斬新なアイデアが生まれることが多い。自分の事業を自分の視点からではなく、顧客の視点から見る努力をしよう。19世紀の心理学者ウィリアム・ジェームズは、「天性の才能とは、非常識な方法で認識する能力に他ならない」と言っている


p148.緊急なことはめったに重要ではなく、重要なことはめったに緊急ではない




ここで挙げられた例が言い得て妙だった。最近のヒットとなった文句だ




p177.あなたがどういう料金を設定しようと、料金体系は一貫していなければならない。クライアントによって大きく料金を変えると、市場で悪評を買うことになる。料金を設定するには、自分の資格と経験をもとに判断すればいい。最初は低めに設定するほうが得策だ。次に需要と供給の関係に任せる。仕事の量が多いようなら、料金を上げてもかまわない。料金を2倍にした結果、客離れのために失った額をはるかに上回る増収が実現し、以前より儲かったという例もある。あなたが提供するもものに対して顧客が価値を認めるなら、あなたは儲かる。あなたの課題は、自分が提供する価値に対して最高額の料金を受け取ることだ


p187.ロシアの古いことわざに、「信頼するのはいいが、裏づけをとれ」とある。資料に目を通し、人々に聞き、パートナーの候補者が実際に信頼できる正直な人物かどうかの裏づけをとることが大切だ。どのようなパートナーシップの成功も、自分がよいパートナーになることと、よいパートナーを見つけることが基本になる


p191.税制は、永遠に変わり続ける緻密で複雑な規則である。優秀な公認会計士は、税金対策の苦労だけでなく料金以上の手間を省いてくれる貴重な存在だ


p202.一つの選択肢は、同じ業界の個人事業家と提携して、お互いにバックアップしあえる体制を整えておくことだ。そのあいだの補償をどうするかについては、前もって合意しておかなければならない


p208.自由主義経済はすばらしい。それは富の源泉であり、最低の価格で最高の製品とサービスを生み出す。しかし、他人と競争して自分と比較することは間違いだ、と私は思っている。競争するのではなく創造することを心がけよう。あなたと同じ頭脳、才能、知識、経験を持ち合わせている人は、あなた以外にいない。あなただけの強みを生かして、人々が喜んでお金を払ってくれるものを創造するべきだ。他人と同じことをして競争するのでは、他人に従っているのと変わらない







google adsense

関連記事

no image

ダニエル・ピンク「フリーエージェント社会の到来」ダイヤモンド社

20120202235815 アメリカの本らしく、充実過ぎるほどの実例と、くどいほどの同じ

記事を読む

no image

梅原猛 町田宗鳳『仏教入門 法然の「ゆるし」』新潮社とんぼの本

20111120154722 法然が気になる。正確にいうと、昔から気になっている。子供向けの、日本

記事を読む

no image

門倉貴史「こっそり儲ける経済学」三笠書房

20080121060000 前に読んだ別の著作"門倉貴史「出世はヨイショが9割」朝日新書

記事を読む

no image

小山政彦「図解へえ、儲かる会社はこんなことをやっているんだ! ここに気づくかどうか!?」三笠書房

小売業に強いコンサルタントとして、収益アップのためのアイデアを出している。素材集として面白い タイト

記事を読む

no image

改定・保育士養成講座編纂委員会編「改定・保育士養成講座2006第7巻 保育原理」全国社会福祉協議会

保育士試験受験シリーズ(8/11) この保育原理という科目は、次につづく2つの科目(教育原理と養護原

記事を読む

no image

大橋悦夫、佐々木正悟著「スピードハックス 仕事のスピードをいきなり3倍にする技術」日本実業出版社

どうしても、こういうハックス物は好きで買ってしまう。それでも最近はメモを取る部分が減ってきたように思

記事を読む

no image

佐藤優「人たらしの流儀」PHP

20111128214755 対談の形式をとっている。明示されてはいないが、相手は編集者の小峰隆生

記事を読む

no image

松田公太「すべては一杯のコーヒーから」新潮社

20051023000608 起業の話は好き。この本は起業を題材とした極めて典型的な内容。

記事を読む

no image

小池和男『日本産業社会の「神話」』日本経済新聞出版社

そのタイトルのとおり、日本の産業社会における「神話」が紹介されている。ここでいう神話は、「根拠もなく

記事を読む

no image

永野良佑「銀行が超!衰退産業になったワケ」扶桑社

20121222081453 内容のレベルも精度も低い。が、それでもちょっとはノートを取れ

記事を読む

google adsense

google adsense

pay整理とKyashへの収束

20181209101111 ソフトバンク系と楽天系のポイントが

楽天ペイのアプリとローソン

20181208145713 Rakuten PayがPayPa

銀行の口座振替(引落し)設定の解除

20181207112040 とある事情で、とある業者への支払い

Pixel3の購入と現状の整理

20181120110248 Pixel初代とPixel2が日本

ドコモ「dアカウント」と「ポイント共有グループ」の整理

20181106112305 ドコモに3回線MNPの顛末(2

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑