戸田山和久「論文の教室 レポートから卒論まで」NHKブックス

公開日: : 最終更新日:2012/01/28 書評(書籍)



文章の書き方などの本を読む。結構好きなほうだ。しかし、論じている著者の文章そのもののレベルが悪いものや、ただ自分の感覚にしたがってエッセイ風に書き散らしたものが多い。たとえば「日本語通の…」などはこの類だ。こんなものに付き合っているほど時間はない


その中で、この本は内容がしっかりしている上に、読んでいて面白い。著者の衒学のようなところはあるが、ふざけ度合いが自分に合っているのか嫌みにならない。さすがに奥付の著者の写真は少しイヤだ。このシリーズは著者の顔写真を掲載するのがしきたりなのかもしれないが、こういう顔の人が向こうから歩いてきたら、どう躱すかにとっさに脳みそをフル回転すべきだという気がする。そこまで自分にとって外見は重要なのだったりする


さすが論文の書き方を説明するだけあって、参考文献が充実している。ここから多くの本に読み進めていけそうだ。メモが多すぎて自宅でコピーしてしまった


ということで、以下にメモしたのはほんの一握りなのだった




p90.論文<アブストラクト><本体①問題提起②主張③論証><まとめ><注・参照文献>


p161.帰納的論証に対する反論として、たった一つぐらいの例外を見つけてきただけでは、揚げ足取りにしかならない。というわけで多少の例外があっても、帰納的論証の説得力ががくんと落ちるということはないのだが、例外はあくまでも「少数の特殊ケース」でなくてはダメだ。似たような例外をサンプル集団の定型的なメンバーの中に、しかもたくさん指摘することができれば、有効な反論になる


p163.誘拐って意味のabductionと同じ綴り。演繹的論証はdeduction、帰納的論証はinductionっていう。アメリカの論理学者のチャールズ・パースって人が命名したんだ。そして、アブダクションのことを、ギルバート・ハーマンっていう哲学者は「最良の説明への推論」って呼んだ


p180.種はどこをとっても均質に見えるかもしれないけれど、種皮、子葉、幼根などなど、ちゃんとした構造が備わっている。構造のないところからしっかりとした構造をもったものはなかなか生まれにくいものなのだ


p187.トピック・センテンスはパラグラフの先頭に置くのがパラグラフ・ライティングの基本である


p206.読みやすさ・わかりやすさというものは、あらゆる文章がめざすべき絶対的な価値ではない


p214.ライナーノーツってのは悪文の宝庫だからなあ。だからオレ、自分の金がこんな文章書くヤツの原稿料になるのイヤだから、輸入盤しか買わないことにしてんの


p228.同じ文末を持った文が連続すると、どういうわけだか読み手はたいへんイライラするからである。この手の「である攻撃」「だ攻撃」は、キミたち学生の文章の大きな特徴である


p267.語はどんな語とつながってもよいわけではなく、つながる相手を選ぶ傾向がある。たとえば英語では、手術(operation)を「する」と言いたいとき、doでもexecuteでもrunでもなく、performを使わなければならない。こうした現象をコロケーションという




200711280600


google adsense

関連記事

no image

日本科学者会議「地震と津波」」本の泉社

20140916183550 地震と津波―メカニズムと備え著者 : 本の泉社発売日 : 2012-

記事を読む

no image

木暮太一「いまこそアダム・スミスの話をしよう 目指すべき幸福と道徳と経済学」マトマ出版

20120505184150 既存の評価にとらわれずに、原著にあたって解説してところ。しかもその解

記事を読む

no image

岩見隆夫「陛下の御質問」文春文庫

日本の現代史、昭和史好きには堪らない一冊。タイトルと帯を見た直感で購入して正解。内奏の現実や政治の内

記事を読む

no image

カーマイン・ガロ「スティーブ・ジョブズ 驚異のイノベーション」日経BP

20111221223951 タイトルと内容に齟齬がある悪い見本だ。半分くらいはアップル以外の話だ

記事を読む

no image

竹内薫「99・9%は仮説」光文社新書

20100507220350 これもかなり昔の本になってしまった。内容は面白いが、誰が読む

記事を読む

no image

林望「知性の磨きかた」PHP新書

高校生か、または大学入学したばかりの人が読むべき本。勉強の仕方、大学生活のすごし方、本の読み方につい

記事を読む

no image

小山龍介「TIME HACKS!」東洋経済新報社

この本"原尻淳一・小山龍介「IDEA HACKS!」東洋経済新報社"の第2弾的な存在。前回同様に結構

記事を読む

no image

ひすいこたろう『心にズドン!と響く「運命」の言葉』王様文庫

ガンジーのこの言葉って好きなんだよなあ。英語で Good travels at a snail's

記事を読む

no image

コリン・ジョイス『「イギリス社会」入門―日本人に伝えたい本当の英国』NHK出版新書

20130213002054 こういう諸外国の各国物もたまにはいい。やっぱりロンドンオリン

記事を読む

no image

佐藤孝「一発合格らくらく宅建塾 2006年版」週刊住宅新聞社

この世界では相当に有名な本らしい。もっとも簡単でもっとも網羅的で内容も適切だという。事実、そのとおり

記事を読む

google adsense

google adsense

Pixel3の購入と現状の整理

20181120110248 Pixel初代とPixel2が日本

ドコモ「dアカウント」と「ポイント共有グループ」の整理

20181106112305 ドコモに3回線MNPの顛末(2

ワイモバイルにMNP

20181104115802 この記事を見て、小一時間考えてMN

ドコモに3回線MNPの顛末(2018/09)

20181029231515 ちょうど1カ月が経つので、思いつく

キャッシュレスまたはクレジットカード

20181023225403 政府がキャッシュレスを進めているみ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑