戸田山和久「論文の教室 レポートから卒論まで」NHKブックス

公開日: : 最終更新日:2012/01/28 書評(書籍)



文章の書き方などの本を読む。結構好きなほうだ。しかし、論じている著者の文章そのもののレベルが悪いものや、ただ自分の感覚にしたがってエッセイ風に書き散らしたものが多い。たとえば「日本語通の…」などはこの類だ。こんなものに付き合っているほど時間はない


その中で、この本は内容がしっかりしている上に、読んでいて面白い。著者の衒学のようなところはあるが、ふざけ度合いが自分に合っているのか嫌みにならない。さすがに奥付の著者の写真は少しイヤだ。このシリーズは著者の顔写真を掲載するのがしきたりなのかもしれないが、こういう顔の人が向こうから歩いてきたら、どう躱すかにとっさに脳みそをフル回転すべきだという気がする。そこまで自分にとって外見は重要なのだったりする


さすが論文の書き方を説明するだけあって、参考文献が充実している。ここから多くの本に読み進めていけそうだ。メモが多すぎて自宅でコピーしてしまった


ということで、以下にメモしたのはほんの一握りなのだった




p90.論文<アブストラクト><本体①問題提起②主張③論証><まとめ><注・参照文献>


p161.帰納的論証に対する反論として、たった一つぐらいの例外を見つけてきただけでは、揚げ足取りにしかならない。というわけで多少の例外があっても、帰納的論証の説得力ががくんと落ちるということはないのだが、例外はあくまでも「少数の特殊ケース」でなくてはダメだ。似たような例外をサンプル集団の定型的なメンバーの中に、しかもたくさん指摘することができれば、有効な反論になる


p163.誘拐って意味のabductionと同じ綴り。演繹的論証はdeduction、帰納的論証はinductionっていう。アメリカの論理学者のチャールズ・パースって人が命名したんだ。そして、アブダクションのことを、ギルバート・ハーマンっていう哲学者は「最良の説明への推論」って呼んだ


p180.種はどこをとっても均質に見えるかもしれないけれど、種皮、子葉、幼根などなど、ちゃんとした構造が備わっている。構造のないところからしっかりとした構造をもったものはなかなか生まれにくいものなのだ


p187.トピック・センテンスはパラグラフの先頭に置くのがパラグラフ・ライティングの基本である


p206.読みやすさ・わかりやすさというものは、あらゆる文章がめざすべき絶対的な価値ではない


p214.ライナーノーツってのは悪文の宝庫だからなあ。だからオレ、自分の金がこんな文章書くヤツの原稿料になるのイヤだから、輸入盤しか買わないことにしてんの


p228.同じ文末を持った文が連続すると、どういうわけだか読み手はたいへんイライラするからである。この手の「である攻撃」「だ攻撃」は、キミたち学生の文章の大きな特徴である


p267.語はどんな語とつながってもよいわけではなく、つながる相手を選ぶ傾向がある。たとえば英語では、手術(operation)を「する」と言いたいとき、doでもexecuteでもrunでもなく、performを使わなければならない。こうした現象をコロケーションという




200711280600


google adsense

関連記事

no image

マーク・ルイス「悪いヤツほど成功する7つの法則」ベストセラーズ

なぜいま5年前の本を読んでいるのか分からないけど そしてどうでもいいことに気づいたんだけど、KKベス

記事を読む

no image

改定・保育士養成講座編纂委員会編「改定・保育士養成講座2006第10巻 保育実習」全国社会福祉協議会

保育士試験受験シリーズ(11/11) これで全10科目分のテキストの最後となる 「保育実習理論」は、

記事を読む

no image

井上功「借金1兆円を10年で返したリクルートの現場力」ダイヤモンド社

リクルートの仕組みの解説。細かく記述されており参考になる。特に、人材育成、目標管理、チームアップなど

記事を読む

no image

小林秀之・神田秀樹『「法と経済学」入門』弘文堂

20121230083453 かなり古くなってしまった。しかし、現在も価値を感じる。各項で

記事を読む

no image

三谷宏治「トップコンサルタントがPTA会長をやってみた」英治出版

20080917060000 面白い。筆者がPTAや生徒の前で話した具体的内容が興味深い

記事を読む

no image

池谷裕二ほか「ゆらぐ脳」文藝春秋

あっという間に読み終えたほどの平易な内容。期待に反して内容は薄かったものの、なかなか示唆に富む記載も

記事を読む

no image

ピーター・セージ「自分を超える法」ダイヤモンド社

20120707111440 また自己啓発的な本を読んでしまった。ダイヤモンド社らしい本だ

記事を読む

no image

マイケル・J・ロオジエ「引き寄せの法則」講談社

読みやすいし、適当に流して読んでいても内容がしっくりと頭に入ってくる良書。元々この類の本は、読む側の

記事を読む

no image

夏川賀央「時間泥棒を探せ!」扶桑社

著者は60分というけれど、この程度の濃さであれば40分くらいで読み終わりたい。内容は平易だし、言われ

記事を読む

佐藤優「サバイバル宗教論」文春新書

20140712165447 サバイバル宗教論 (文春新書)著者 : 佐藤優文藝春秋発売日 : 2

記事を読む

google adsense

google adsense

pay整理とKyashへの収束

20181209101111 ソフトバンク系と楽天系のポイントが

楽天ペイのアプリとローソン

20181208145713 Rakuten PayがPayPa

銀行の口座振替(引落し)設定の解除

20181207112040 とある事情で、とある業者への支払い

Pixel3の購入と現状の整理

20181120110248 Pixel初代とPixel2が日本

ドコモ「dアカウント」と「ポイント共有グループ」の整理

20181106112305 ドコモに3回線MNPの顛末(2

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑