粂和彦「時間の分子生物学」講談社現代新書①

公開日: : 最終更新日:2012/02/28 書評(書籍)



最近読んだ本の参考文献となっていたのがこの本。生物学系の本は好奇心をくすぐられて結構はまる


前半が生物時計の話。後半が睡眠の話。いずれも、最新の研究成果をわかりやすく説明してくれていい




p3.人間とショウジョウバエは、ほとんど同じ遺伝子を使って時を刻む生物時計を持っています。哺乳類と昆虫が進化的に袂を分かったのは、7億年以上前のこととされていますから、その頃の共通の祖先にはすでに私たちと同じ遺伝子を使った生物時計がそなわっていたわけです




不思議だとか驚異だとかとも思うけど、そういうものだと言われれば、そういうものなのかもしれない。人間とハエというと、なんだろう、昔テレビで見たアメリカ映画、The Flyだっただろうか、それを思い出す。なんか、生物を合体させる真・女神転生のような機械があって、そこに主人公の友達と一緒に紛れ込んだハエが入って、合体してしまうという気味の悪い話があった




p36.病気や生まれつきの理由で視覚を持たない人は、光による生物時計のリセットがうまくできないので外部の時間とずれやすく、睡眠などの障害をきたすことが多いことが知られています


p39.コルチゾールは起床前に分泌が高まり、日中は多く、夜間は少なくなります。メラトニンは逆に夜間の分泌が多いものです。また、成長ホルモンも夜間に分泌されます。昔から「寝る子は育つ」と言われますが、これは睡眠中に成長ホルモンがたくさん出るという事実を反映しているようです




昔、時差ぼけ解消としてメラトニンを服用することが、当時のスチュワーデスで流行っているなどと謳った栄養補助食品があったような気がする。なんだか気味が悪かった。いまはどうなっているんだろう




p41.私たちの体のほとんどの出来事が一日の中でリズムを作っています。たとえば、夜間には皮膚細胞の分裂が盛んになります。それに目を付けた化粧品会社が、日中と夜中に異なる化粧品を使うことを勧め出しました




こういう事例を聞くに付け、何でも知っておきたいと思うもの




p43.1999年にアメリカのチャールズ・ツァイスラーのグループがサイエンス誌に発表した論文によれば、完全に外部の影響をのぞいた環境下では、年齢によらず概日周期はほぼ24時間に近い値で、個人差も30分以内とされています。ただし、アドリブ条件下では25時間に近いのも事実です


p49.「明日、早く起きたい」、あるいは「起きなくてはいけない」という「意志」が、眠っている間にも働いていて、眠っているはずの脳が生物時計を使って、今何時なのかを推測して、起きるための準備を始めていることは確かなのです。この研究から考えて、生物時計は、「今だいたい朝だ」というような大雑把なものではなく、少なくとも10分から15分程度の差は、十分感じることのできる時計だということがわかります




へえ、そういう意志の力ってあるのかと感心。あるものは利用しなければならない。意識改革をしていきたい




p75.生物時計で振り子の役割をはたしているタンパク質は、もちろん振り子時計のように小刻みに振れているわけではなく、24時間周期で増えたり減ったりしています


p76.それにしても、振り子は別にタンパク質の量でなくてもよかったはずです。実際、心臓のリズムは、ペースメーカー心筋細胞に流入するイオンと細胞膜上のイオンチャンネルが、あたかも「ししおどし」のようなしくみを作って、1秒に1回程度の「カチコチ」を作り出しています


p91.面白いのは、この発振機構を、生物時計の中枢であるSCNだけでなく、全身の細胞が持っているということです




20071203060000


google adsense

関連記事

no image

野村正樹「上に立つ人の24時間管理術」すばる舎

自分でも、よくもこの類の本ばかり読んでいるという気がする 上司の立場から、時間管理という切り口でハッ

記事を読む

no image

佐藤可士和「佐藤可士和の超整理術」日本経済新聞出版社

超整理術というよりは、仕事術として読んだ。というのは、整理術に関する新しい知識をい感じなかったら。む

記事を読む

no image

木暮太一「いまこそアダム・スミスの話をしよう 目指すべき幸福と道徳と経済学」マトマ出版

20120505184150 既存の評価にとらわれずに、原著にあたって解説してところ。しかもその解

記事を読む

no image

山田真哉「さおだけ屋はなぜ潰れないのか?」光文社新書

万人に薦められる 流行り本系の香りがするので、速やかに売り飛ばすつもりで読み始めた。軽やかに読むこ

記事を読む

no image

母里啓子監修「今年はどうする? インフルエンザ」ジャパンマシニスト

ああ、いったいここ数年の自分の中の熱狂はなんだったのか。ご説ご尤も。このまま気が変わらなければ、来年

記事を読む

no image

加藤昌治「考具」TBSブリタニカ

20070826061000 多くのことが書かれているが、かといって翻訳本的なびっしりと活

記事を読む

no image

佐々木紀彦「米国製エリートは本当にすごいのか?」東洋経済新報社

20120501004816 著者のスタンフォード大学への留学記。に近い。留学にかこつけて

記事を読む

no image

住友不動産販売株式会社「不動産の税金がわかる本」有朋社

不動産に関して税が気になる5つの局面、すなわち、買う、売る、買い換える、贈与する、相続する、において

記事を読む

no image

デイル・ドーテン「笑って仕事をしてますか?」小学館プロダクション

この本も、買ってから2年くらい放っておいたものだ。なぜ今まで読まなかったのかと後悔しきり。しかも当時

記事を読む

no image

ダニエル・ピンク「フリーエージェント社会の到来」ダイヤモンド社

20120202235815 アメリカの本らしく、充実過ぎるほどの実例と、くどいほどの同じ

記事を読む

google adsense

google adsense

pay整理とKyashへの収束

20181209101111 ソフトバンク系と楽天系のポイントが

楽天ペイのアプリとローソン

20181208145713 Rakuten PayがPayPa

銀行の口座振替(引落し)設定の解除

20181207112040 とある事情で、とある業者への支払い

Pixel3の購入と現状の整理

20181120110248 Pixel初代とPixel2が日本

ドコモ「dアカウント」と「ポイント共有グループ」の整理

20181106112305 ドコモに3回線MNPの顛末(2

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑