安田佳生「千円札は拾うな。」サンマーク出版②

公開日: : 最終更新日:2012/10/15 書評(書籍)



20071210060000








安田佳生「千円札は拾うな。」サンマーク出版①”の続き




p78.上手な無駄遣いこそが、その会社を豊かにすると言っても過言ではない。なぜなら、会社の業績を伸ばすためには、投資において「無駄なお金」を使うことがどうしても必要だからだ


p83.投資先として最も確実なのは、「人材」と「情報」、そして「ブランド」である。何十倍、何百倍という投資効率を生み出す可能性があるのは、人材と情報、そしてブランドだけだからだ




確かに思う。自分の中で他人で代替できるものはどんどんアウトソースしていかないと、アウトソース分の費用しか稼げなくなる。そしてアウトソースになじむことというのは、まず労働集約的なことだ




p85.ビジネスにおける投資は、投資金額が大きくなればなるほど確率の高い勝負ができる。自分の1億で勝負をするより、借りた5億で勝負したほうが成功する確率が高くなるのなら、借りない理由は見つからない


p86.本当は電車のほうが時間も早く正確なうえ、値段も安い。それでも私があえてタクシーを使っているのは、電車に乗ると心がすさむからだ




タクシーの利用については極めて同感。自分も最近は2回に1回はタクシーを使っている。電車で不愉快なことには事欠かない。一方で良いことは少ない。早く正確に移動できるということもあまりなかったりする。乗り換えに時間がかかるし、正確性に対する信頼性が高すぎて、事故や遅延の類に対する許容度が低くなっているので、余計不愉快だ




p87.なんでワガママな!と罵声が飛んできそうだが、「嫌なことはしない」ということは、とてもまっとうな理由だと思っている。なぜなら、私が日々頑張っているのは何のためかと言ったら、それは「人生を快適に楽しく生きるため」だからだ




上述のとおりの考え方から、他人で代替できることはしたくないと思っている。だから他人が代替できる仕事は嫌なのだ。じゃあ、他人で代替できない仕事とは何か。それは著者も言うように余った時間で創造すればいいのだ




p88.世の中には「アリ」と「キリギリス」しかいないと思っている人があまりにも多い。蓄えは少ないけれど、謳って楽しく過ごすことで厳しい冬を生き抜く力を得ている虫だっているはずだ




これは名言。あれかこれかと二者択一を迫ることで、勝手に土俵を決められて、その中で決めなければならないと思考を誘導されることが多すぎる。そしてそれに慣れてしまうと、それ以外の行動ができなくなる。最近の晩婚化も、結婚の提案が既存のメニューとしてきっちりと提供されていないからだと思ったりする




p90.飲食店でまずいものが出てきたら、店の人に「まずいです」とハッキリ伝えて食べない。これは何を「もったいない」と考えるか、という自分の中の基準の問題である




総論的には賛成だけど、わざわざ自分から、しかもこのようなトゲのある言い方をしなくてもいいだろうとも思う。店側としては大変にありがたい客だけれども




p91.自分の人生を納得できるものにするためには、常識や、他人や社会の基準に惑わされない自分自身の「軸」が必要なのである。そのためには、「明らかな答えのないもの」の答えを考え、自分の「軸」をはっきりさせることが、とても大切なのだ


p93.今、ヨーロッパでは、食事をスモールポーションに分けて提供するのが常識として定着しつつあるが、実はこれは、世界の料理が日本食に出合ったことによって生まれた文化なのだ




ほんとかね。出典あるのかね





google adsense

関連記事

no image

マイケル・フランゼーゼ「最強マフィアの仕事術」ディスカヴァー・トゥエンティワン

20120311114632 おどろおどろしくイタリアン・マフィアなどと名乗る。そのくせバフェット

記事を読む

伊藤邦生「年収1000万円の貧乏人 年収300万円のお金持ち」中経出版

20130821012021 年収1000万円の貧乏人 年収300万円のお金持ち著者 : 伊藤邦生

記事を読む

no image

谷川浩司、谷岡一郎「「ツキ」と「実力」の法則」PHP文庫

こういう対談物は、自分がメモした部分にどちらの発言が多いかを確認するのが一興。今回は意外と谷岡氏の発

記事を読む

no image

ダニエル・ピンク「フリーエージェント社会の到来」ダイヤモンド社

20120202235815 アメリカの本らしく、充実過ぎるほどの実例と、くどいほどの同じ

記事を読む

no image

マイケル・ボルダック「1063人の収入を60日で41%アップさせた目標達成する技術」フォレスト出版

20090905205640 おもしろい本だけど、ベストセラーにまでなるような本かな。内容

記事を読む

no image

丸紅経済研究所監修・造事務所編著「コーヒー1杯からわかる経済」大和書房

20090311231000 この本の最大の魅力はイラスト。すごく変で面白い。忘れられない

記事を読む

no image

木暮太一「いまこそアダム・スミスの話をしよう 目指すべき幸福と道徳と経済学」マトマ出版

20120505184150 既存の評価にとらわれずに、原著にあたって解説してところ。しかもその解

記事を読む

no image

シティランナー編「ゼロからのマラソン」学習研究社

マラソンを最近考えていて、基礎的な理解のためにまず手に取った本。確かにタイトルどおりの内容。はじめて

記事を読む

no image

徳力基彦「デジタル・ワークスタイル」二見書房

ハックス的な各論だけでなく、もともとの考え方に共感。最近の中でもっとも良書を感じた p6.そもそも、

記事を読む

no image

山根一眞「メタルカラーの時代4」小学館文庫

20111229234733 ずっと読んできてる。このシリーズのパターンが分かってきたっぽい 山

記事を読む

google adsense

google adsense

pay整理とKyashへの収束

20181209101111 ソフトバンク系と楽天系のポイントが

楽天ペイのアプリとローソン

20181208145713 Rakuten PayがPayPa

銀行の口座振替(引落し)設定の解除

20181207112040 とある事情で、とある業者への支払い

Pixel3の購入と現状の整理

20181120110248 Pixel初代とPixel2が日本

ドコモ「dアカウント」と「ポイント共有グループ」の整理

20181106112305 ドコモに3回線MNPの顛末(2

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑