鈴木洋子「バーチャレクス社長 丸山栄樹(起・業・人)」週刊ダイヤモンド2007/12/15

公開日: : 最終更新日:2012/02/10 書評(雑誌), 週刊ダイヤモンド



話す人と、実際にやってみる人とは違う。この当然が書かれていたのでテイク・ノート




・新卒入社後わずか5年で、現アクセンチュアのマネジャーに昇格した丸山栄樹。しかし、顧客に思い入れをもって業務に励むほど、「提案だけでなく、現場でそれを実現してみたい」という気持ちが溢れ出てきて、独立を決意した。28歳のときだ


・一連の失敗を経て、丸山は今、「経営コンサルタントがすぐ経営のプロになれるわけではない」ことを痛感している。ホワイトボードの前に社員を集め、事業の問題点を列挙したり、常に自分が先頭に立って指導したりといった姿勢は、「コンサルタント」であっても「経営者」ではなかった、と




20071217060000


google adsense

関連記事

no image

「古森重隆氏 富士フイルムホールディングス会長・CEO 社長業は人生の通信簿(編集長インタビュー)」日経ビジネス2012/07/23

20120805185240 ・コダックを悪く言うつもりはありません。ただ、経営者として気づい

記事を読む

no image

並木厚憲「大詰め迎えたオリジン東秀TOB合戦 ドンキ流買収策、法の不備を突く」週刊東洋経済2006.3.4

明白な間違い。専門家と名乗り、またはそう称せられる人がどの程度のものであるか、いい一例 ・企業法務に

記事を読む

no image

池田光史ほか「偏差値で測定不能な唯一の存在 政財官に深く進出する創価大学(特集 大学全比較)」週刊ダイヤモンド2012/09/29

20120928000456 大学特集なんてのをこんなビジネス誌がやる必要があるのか。って

記事を読む

no image

菅原雅信「ドバイでも日本酒は売れる 4割市場で販売量5倍の秘密――桜井博志氏(特集 売れない時代に私が売る)」日経ビジネス2009年7月13日号

20090912080042 杜氏の存在理由がなくなる事例。誰でも酒造りができる体制。「この人でな

記事を読む

no image

片山善博「自民党は末期的症候群『パンと見せ物』の政治だ(特集/政治の混迷、改革の処方箋)」週刊東洋経済2008.9.20

あまり政治を追いかけても仕方のないころだけど、末期的症状であることの再確認と、喩えがすごく面白かった

記事を読む

no image

佐藤優「女性の能力を生かす組織や上司のあり方(知の技法 出世の作法)」週刊東洋経済2011.9.3

20110920184946 ・モサドの別の男性幹部は、「ランクが同じ女性の同僚を食事

記事を読む

no image

福田恵介「驚異的”マイバッグ率”誇る平和堂、イズミヤの勝因(カンパニー&ビジネス)」週刊東洋経済2007.12.15

20071216060000 ・平和堂でチェッカーが、あくまで買い物客とのコミュニケーションの

記事を読む

no image

吉川洋「低すぎるサービス業の生産性(経済を見る眼)」週刊東洋経済2007.5.19

最近、週刊東洋経済がおもしろい。今週号の「未来時給」という特集も興味深かった。いつもは読まない人も今

記事を読む

no image

「IPOから疑え! 歪められた『価格発見機能』公募株求め個人殺到するが合理性欠いた株価変動も」週刊東洋経済2006.2.4

週刊東洋経済という雑誌に対する評価は見極めがたい。ビジネス・スキャンダルの萌芽をしつこく追いかける姿

記事を読む

no image

鈴木棟一「靖国参拝を強行する小泉首相の新の狙い(新・永田町の暗闘)」週刊ダイヤモンド2006/07/08

週刊ダイヤモンドは終わりに近づくに連れ、読み応えのある内容となっているのが興味深い雑誌である。最初の

記事を読む

google adsense

google adsense

pay整理とKyashへの収束

20181209101111 ソフトバンク系と楽天系のポイントが

楽天ペイのアプリとローソン

20181208145713 Rakuten PayがPayPa

銀行の口座振替(引落し)設定の解除

20181207112040 とある事情で、とある業者への支払い

Pixel3の購入と現状の整理

20181120110248 Pixel初代とPixel2が日本

ドコモ「dアカウント」と「ポイント共有グループ」の整理

20181106112305 ドコモに3回線MNPの顛末(2

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑