藤井孝一「週末起業」ちくま新書

公開日: : 最終更新日:2012/12/23 書評(書籍)



20071229060000








不況やリストラに立ち向かい、副収入や独立を得るための考え方の整理とノウハウの本。ベストセラーとなった2003年初版当時はタイミングが良かった。しかし、タイミングだけでは計れない本書の魅力がある


下に引用したとおり、サラリーマンに対して勤務先でがんばる以外の選択肢を有効に示せていること。そして、それを自らの経験と自らが集めた他社の経験を引き合いに説得できていることである


いま読むと制度に関する多くの記載はすでに時代遅れになってしまっている。そこは間引いても、本質的な主張は決して色褪せていない


往時のベストセラーとして当時買って放置してあったものを数年経って、いまさら読んだ自分って何?




p041.会社を辞めずに、週末などを利用して二重生活をしていること以外に、彼らに共通していたのは、お金をかけずにはじめたこと、インターネットを駆使していること、などです。そして何より大事なことは、自分の大好きなことをビジネスにしていることです。「自分がすでに持っているものを、どうしたらお金に変えられるのか」を考えることに時間をあてて、結果的にそこからお金を生み出すことに成功していたのです




自分はここをネガティブに読んだ。自分の好きなこと、自分のすでに持っているものを前提としてビジネスを開始することは、一つの大きな制約だと思う。というか、どっか別の本に書いてあった




p048.起業すると仕事が楽しくて、寝てなんかいられないのです。もっと正確にいうならば、仕事が仕事ではなく、娯楽のようになってきます。これは私にとってもパラダイムシフトでした




ここもネガティブに読んだ。仕事を娯楽にしてしまうことがいいのかどうか。娯楽の位置づけを自分で明確にしておかなければならないように思う。自分が楽しいと思うことだけをしていればいいのか、ということをある時期に考え始めるようになる




p050.副業でやるアルバイトが儲からないのは、いちばん安く、いちばん大変で、いちばん割りに合わない仕事を、自分から手を挙げてやらせてもらうことだからです。自分で仕事をデザインせずに、他人のビジネスの末端で、誰でもできる単純な仕事をすることを選ぶのですから、当然そうなります。アルバイトの仕事は割に合わないからこそ、わざわざ募集広告まで出してやり手を捜すわけです




確かに道理だけど、それを言ってはおしまいという気も。ただ、筆者もこの後続けているのは、そのように利用されるのも手だということ。このように、既存の社会の仕組みをスクラッチから考えることができる習慣をもっと意識したい




p053.多くの人が告白していることですが、実は週末起業をすると本業にもプラスの効果が現れはじめます。社外人脈の構築、知識・経験の獲得、ビジネスをトータルに捉える感覚の獲得。少なくとも、週末起業をすると、むしろ本業もがんばる傾向にあります。週末起業をしたために本業がおろそかになったら困るからです




同意




p061.大企業が始める場合でも「新規事業」は最初、赤字です。ではその間。その赤字の「新規事業」を誰が支えているのでしょうか。答えは、すでに軌道に乗っている事業です。投資回収がとうの昔に済んだ、コアになる事業が十分利益を生み出し、「新規事業」を支えることができるからこそ、リスクの伴う冒険ができるのです。それでも企業が新しいことをやるのは「黒字事業」が衰退したとき、その企業を支える次の「黒字事業」を育てておく必要があるからです。振り返って、これを個人に置き換えてみると「黒字事業」を「現在の勤務先」、赤字の「新規事業」を「週末起業」に当てはめることができないでしょうか?




スケールの大小の観点から発想を展開した、上手な主張の好事例だ





google adsense

関連記事

no image

桜井章一「負けない技術」講談社+α文庫

自己啓発書、経営指南書ばかり読んでいては気付かない教えが多い 勝たなくても負けないという考え方、自

記事を読む

no image

竹村健一「竹村健一の最後に勝ちを拾う発想法」青春出版社

微妙だよな。興味深い事例に溢れており、楽しく読み通すことができる。そして著者の主張にも概ね首肯できる

記事を読む

no image

渡部昇一・林望「知的生活 楽しみのヒント」PHP研究所

先日読んだ”林望「知性の磨きかた」PHP新書”を見つけた際に、あわせて見つけたので読んでみたのがこの

記事を読む

no image

中川ちえ「おいしいコーヒーをいれるために」メディアファクトリー

20050626055400 多くの写真、平易で簡潔な説明、必要最低限の知識。装丁がいいの

記事を読む

no image

須田慎一郎「下流喰い」ちくま新書

個別の事例集としては面白い。ここだけを読むのは有益だと思う。ただ、主張に関する部分には薄さが見られ、

記事を読む

no image

柴田明夫『日本は世界一の「水資源・水技術」大国』講談社+α新書

20120312000020 著者は商社の名のついたシンクタンクの所長の肩書き。だから、おそらくは

記事を読む

no image

山根一眞「メタルカラーの時代4」小学館文庫

20111229234733 ずっと読んできてる。このシリーズのパターンが分かってきたっぽい 山

記事を読む

no image

タル・ベン・シャハー「ハーバードの人生を変える授業」大和書房

原題はEven Happierらしい。しかし、邦訳では、ハーバード大学の講座の内容であることの宣伝が

記事を読む

no image

ムギ「インディでいこう!」ディスカヴァー・トゥエンティワン

20060602034600 装丁がカッコいい。読むのが早い人なら20分程度で読み終わる内

記事を読む

no image

岸見一郎「嫌われる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教え」ダイヤモンド社

20141101215342 嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え著者 : 岸見

記事を読む

google adsense

google adsense

pay整理とKyashへの収束

20181209101111 ソフトバンク系と楽天系のポイントが

楽天ペイのアプリとローソン

20181208145713 Rakuten PayがPayPa

銀行の口座振替(引落し)設定の解除

20181207112040 とある事情で、とある業者への支払い

Pixel3の購入と現状の整理

20181120110248 Pixel初代とPixel2が日本

ドコモ「dアカウント」と「ポイント共有グループ」の整理

20181106112305 ドコモに3回線MNPの顛末(2

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑