門倉貴史「こっそり儲ける経済学」三笠書房

公開日: : 最終更新日:2012/10/14 書評(書籍)



20080121060000








前に読んだ別の著作“門倉貴史「出世はヨイショが9割」朝日新書”と同じ印象を受ける


広範囲にわたって様々なことの概要が書かれており、目次を見てまったくイメージが持てない読者層が知識の幅を広げ、発想を豊かにするための触媒の一つとしてであれば、読む価値がある。その意味からは、所要時間は30分程度か


愉快でないのが、タイトルで提示した問いに満足に答えられていないこと。本のタイトルも、中の小見出しにも。なぜ中村屋のカレーが人気を集めたのか、周辺の事実の紹介だけで理由の記載がない。また、スターバックスがなぜ消費者の心をとらえたのか、水不足がなぜ最大のビジネスチャンスなのか、説得力のある理由を提示できていない


これで顕名で出版するほどの内容かという気がする





google adsense

関連記事

no image

桜井進「超面白くて眠れなくなる数学」PHP

20120319004555 たぶん、自分は数学って好きというか、憧れがあるんだろうと思う。実際、

記事を読む

no image

小山政彦「図解へえ、儲かる会社はこんなことをやっているんだ! ここに気づくかどうか!?」三笠書房

小売業に強いコンサルタントとして、収益アップのためのアイデアを出している。素材集として面白い タイト

記事を読む

no image

ダン・ブラウン「ダ・ヴィンチ・コード」角川書店

200506120133 面白い。 自分で年をとったと感じる。文字の並べ替えなどの言

記事を読む

no image

中島隆信「これも経済学だ!」ちくま新書

前評判どおりに面白かった。角界の話や、江戸時代の固定的な社会システムに関する説明は新鮮だった。茶、絵

記事を読む

no image

田中靖浩「40歳からの“名刺をすてられる”生き方」講談社+α新書

20120924012919 いまの企業人?の生き様。大体、思っているけどうまく表現できな

記事を読む

no image

ひろゆき「2ちゃんねるはなぜ潰れないのか?」扶桑社新書

”梅田望夫「ウェブ進化論」ちくま新書”を読んだら、こっちも読んでおいたほうがいい、とどこかに書いてあ

記事を読む

no image

安田佳生「千円札は拾うな。」サンマーク出版①

20071206060000 当時かなり評判の本。早期に買ったが、なぜか今まで読まずにおい

記事を読む

no image

改定・保育士養成講座編纂委員会編「改定・保育士養成講座2006第4巻 精神保健」全国社会福祉協議会

保育士試験受験シリーズ(5/11) この試験には悪問が多い。正答を予定せずに問題を作るという無計画な

記事を読む

no image

小池良次「クラウドの未来」講談社現代新書

20120228223955 近頃、amazon cloud playerを使い始めた。結構、普通

記事を読む

no image

竹森俊平「資本主義は嫌いですか」日本経済新聞出版社

この人の予測、というかある人の予測についての分析、の示唆するところは、まあ、あんまりワクワクするよう

記事を読む

google adsense

google adsense

pay整理とKyashへの収束

20181209101111 ソフトバンク系と楽天系のポイントが

楽天ペイのアプリとローソン

20181208145713 Rakuten PayがPayPa

銀行の口座振替(引落し)設定の解除

20181207112040 とある事情で、とある業者への支払い

Pixel3の購入と現状の整理

20181120110248 Pixel初代とPixel2が日本

ドコモ「dアカウント」と「ポイント共有グループ」の整理

20181106112305 ドコモに3回線MNPの顛末(2

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑