田中森一「反転」幻冬舎

公開日: : 最終更新日:2012/03/10 書評(書籍), 有罪判決



登場する人物や機関のものの考え方がわかる。世間を騒がせた刑事事件の内幕がわかる。大きな金の動いている場面がわかる。上層部と下層部がつながっているところがわかる


失礼ながら、当初は著者は少しおかしい人なのかという予断があった。しかし、文章を読んでいると、著者は頭の切れを感じ、にわかに信じがたい内容も真実性を帯びて見える


著者が検察の組織に対して失望し、アウトローな人たちに対する親近感を強めていく部分は読ませる力を感じる


建前と本音の違う世界がここにもあるかと思うが、今回のポイントは、それを追求する国家機関が事実上存在しないというところだ。自分自身が追求するわけにもいかない。決して将来的にも検事が現職時代のことがらについて刑事捜査されることはないと言って差し支えない




p143.「うちと同和団体とのあいだに取り決めがあって、動こうにも動けへんのです」税務署の幹部はこうも言う。大阪国税局長と部落解放同盟近畿ブロックとのあいだで、関連企業や関係者の税務処理に関する取り決めができていた


p152.「私が了解しないばっかりにここまで手間をかけて、事務官に申し訳ありません」「そう思うやろ。書き直しても大して変わらんのやから、もうこのへんでええんと違うか」結果、落ちた。「わかりました。本意ではありませんが、あまりにも気の%E

google adsense

関連記事

no image

TVや雑誌や新聞が浅すぎる/森博嗣「常識にとらわれない100の講義 」大和書房②

20130218233119 普通であること/森博嗣「常識にとらわれない100の講義 」大

記事を読む

no image

内藤耕『「最強のサービス」の教科書』講談社現代新書

当たり前のように思えることが、どうしてできないのか。ということのほうが気になる p20

記事を読む

no image

藤本壱「これだけは知っておきたい Webアプリケーションの常識」技術評論社

20120525004813 思うところあって、少しずつネットやウェッブやプログラミングの基礎を勉

記事を読む

no image

酒井順子「負け犬の遠吠え」講談社

このベストセラーは旬は過ぎてしまった感はある。しかし、そういう読み方が多いのが私 これは、現代の奇

記事を読む

no image

原賀真紀子『「伝わる英語」習得術-理系の巨匠に学ぶ-』朝日新書

面白かった。勉強になるというよりも、参考になる。蘊蓄系の読み物としても楽しい 「英語を習得するのな

記事を読む

no image

小池良次「クラウドの未来」講談社現代新書

20120228223955 近頃、amazon cloud playerを使い始めた。結構、普通

記事を読む

no image

蛯谷敏「三井物産 人材活性プラン、そろり始動 (現場力)」日経ビジネス2009年5月18日号

社員が同質であることの限界。視野を広げる 部門を横断して様々な経験を退職の危うさなしに可能とする、社

記事を読む

no image

ひろゆき「2ちゃんねるはなぜ潰れないのか?」扶桑社新書

”梅田望夫「ウェブ進化論」ちくま新書”を読んだら、こっちも読んでおいたほうがいい、とどこかに書いてあ

記事を読む

no image

三橋泰介『どんな相手ともラクに話せる「話し方」の裏ワザ』青春出版社

20100418224249 なんか、青春出版社っぽい、装丁、著者、タイトル、内容なんだな

記事を読む

no image

福岡伸一「生物と無生物のあいだ」講談社現代新書

いわずと知れた最近のベストセラー。この人はすごく文章がうまいと思った。楽しい読み物 しかし、最後の

記事を読む

google adsense

google adsense

pay整理とKyashへの収束

20181209101111 ソフトバンク系と楽天系のポイントが

楽天ペイのアプリとローソン

20181208145713 Rakuten PayがPayPa

銀行の口座振替(引落し)設定の解除

20181207112040 とある事情で、とある業者への支払い

Pixel3の購入と現状の整理

20181120110248 Pixel初代とPixel2が日本

ドコモ「dアカウント」と「ポイント共有グループ」の整理

20181106112305 ドコモに3回線MNPの顛末(2

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑