田中森一「反転」幻冬舎

公開日: : 最終更新日:2012/03/10 書評(書籍), 有罪判決



登場する人物や機関のものの考え方がわかる。世間を騒がせた刑事事件の内幕がわかる。大きな金の動いている場面がわかる。上層部と下層部がつながっているところがわかる


失礼ながら、当初は著者は少しおかしい人なのかという予断があった。しかし、文章を読んでいると、著者は頭の切れを感じ、にわかに信じがたい内容も真実性を帯びて見える


著者が検察の組織に対して失望し、アウトローな人たちに対する親近感を強めていく部分は読ませる力を感じる


建前と本音の違う世界がここにもあるかと思うが、今回のポイントは、それを追求する国家機関が事実上存在しないというところだ。自分自身が追求するわけにもいかない。決して将来的にも検事が現職時代のことがらについて刑事捜査されることはないと言って差し支えない




p143.「うちと同和団体とのあいだに取り決めがあって、動こうにも動けへんのです」税務署の幹部はこうも言う。大阪国税局長と部落解放同盟近畿ブロックとのあいだで、関連企業や関係者の税務処理に関する取り決めができていた


p152.「私が了解しないばっかりにここまで手間をかけて、事務官に申し訳ありません」「そう思うやろ。書き直しても大して変わらんのやから、もうこのへんでええんと違うか」結果、落ちた。「わかりました。本意ではありませんが、あまりにも気の%E

google adsense

関連記事

no image

改定・保育士養成講座編纂委員会編「改定・保育士養成講座2006第8巻 養護原理」全国社会福祉協議会

保育士試験受験シリーズ(10/11) 一つ前の科目である「教育原理」のテストが厳しかったことや、この

記事を読む

no image

塚田紀史「『マルクスは生きている』を書いた不破哲三氏に聞く(Books & Trends)」週刊東洋経済2009.6.13

週刊東洋経済の懐の深さ。この号は、リクルートやYahoo!などの広告業の特集もおもしろいし、佐藤優の

記事を読む

no image

ちきりん「自分のアタマで考えよう」ダイヤモンド社

20121130234411 著者って最近、素性が割れちゃったんだよなあ。その話って、この

記事を読む

no image

西岡常一「木に学べ」小学館

学者をやり込めた話。具体的な名前も出てくる。学者に対する不信 経験からくる確信。祖父から教わったこ

記事を読む

no image

安田佳生「千円札は拾うな。」サンマーク出版①

20071206060000 当時かなり評判の本。早期に買ったが、なぜか今まで読まずにおい

記事を読む

藤田紘一郎「人の命は腸が9割 ~大切な腸を病気から守る30の方法」ワニブックスPLUS新書

20140204231325 人の命は腸が9割 ~大切な腸を病気から守る30の方法 (ワニブックス

記事を読む

no image

今尾恵介監修「日本鉄道旅行地図帳」新潮社

20081220202100 地図に廃線を含めた記載がある。昔これほど多くの鉄道があったと

記事を読む

no image

冨山和彦「会社は頭から腐る」ダイヤモンド社

この人の容姿がいまいち好きになれない。しかし、この本を強く勧める人がいて、読んでみることにした。結果

記事を読む

no image

米山公啓「すべてがうまくいく8割行動術」ソフトバンク新書

著者が確か、日経ビジネスかなにか、ビジネス誌にコラムを書いていたか何かで手にした本。「医師+作家」の

記事を読む

no image

吉越浩一郎「革命社長 なぜトリンプは社員が元気で、消費者からも愛されるのか?」日本実業出版社

本書を貫く「成功するまでやり抜く」、「情報の共有が大事」、「ロジカルに物を考える」、「デッドラインを

記事を読む

google adsense

google adsense

pay整理とKyashへの収束

20181209101111 ソフトバンク系と楽天系のポイントが

楽天ペイのアプリとローソン

20181208145713 Rakuten PayがPayPa

銀行の口座振替(引落し)設定の解除

20181207112040 とある事情で、とある業者への支払い

Pixel3の購入と現状の整理

20181120110248 Pixel初代とPixel2が日本

ドコモ「dアカウント」と「ポイント共有グループ」の整理

20181106112305 ドコモに3回線MNPの顛末(2

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑