佐藤優「日本の組織で育ちにくい高度な専門的能力(知の技法 出世の作法)」週刊東洋経済2008.2.9

公開日: : 最終更新日:2012/03/10 書評(雑誌), 有罪判決, 週刊東洋経済, 佐藤優



英語が話せても話せなくてもやっかいなのが日本人社会人の現状。話せるのに話せない振りをするというズルが最もいいということになる



英語が話せることでそのまま通訳に使われるというのは勘弁してほしい。この記事のコンテクストも同じだ。翻訳はその専門家に任せるべき。そうでないと、英語ができるがゆえに雑用をやらされる



しかし、英語がボトルネックとなって仕事が全然進まないのだから、英語ができない人間が頭を下げて英語ができる人にお願いする。最後の1マイルを握られているのだから、できない人間からは特権的に映り、できる人間は英語しかできないのに社会にのさばることになる。気がつけば、そのような語学の仕事以外までは手が回らずに本当に社内通訳と化してしまう



英語ができないと称する人間も、少しは自分の言葉で語ってほしいと思う。そうは言っても義務教育と高等教育でそれなりのコストをかけて勉強しているのだから、どれだけ貧弱な英語であっても使ってほしい。それだけでどれだけ仕事がスムーズに進むことか。英語を知らないということはアウトプットができないということに他ならない





・外交官の語学力低下には、別の理由も存在する。「語学が上手だ」という評判が立つと、通訳の仕事を持ち込まれる。通訳の仕事は緊張するし、誤訳も完全に避けられない……。こうした事情から、語学力向上に及び腰になる。官僚の職業的良心はあくまで「出世」である。外務省の人事評価は減点主義であるため、誤訳の責任が問われれば、将来の出世に悪影響を与えてしまうのだ。また、通訳をすると記録の作成までやらされ、自分の業務が滞ってしまう。それよりも「語学はそこそこできる」レベルにしておいたほうが、出世のためには無難である。こうした悪循環で、外務省の語学能力はかつてなく低下しているのだ





20080212060000

google adsense

関連記事

no image

田村俊一、小谷昌幸「検証・オリンパス問題 働かなかった外部チェック」日経ビジネス2011.12.26・2012.1.2

20120104090409 見えている会社や国民の困窮に手をさしのべることは、目の前のことであっ

記事を読む

no image

金田信一郎「鈴木二郎氏 頭取辞し、パンに賭ける(ひと劇場)」日経ビジネス2007年11月19日号

内容自体はつまらないわけではない。しかし、特段の共感を得るでもなかったこの記事。わずかに引っかかりを

記事を読む

no image

小島健志『プラチナバンド争奪戦で露呈した「電波オークション導入」の欺瞞(Close Up)』週刊ダイヤモンド2012/01/21

20120129234033 高級官僚には、利権で儲けるのでなく、俸給を極めて高額にすることによっ

記事を読む

no image

「五味廣文(元金融庁長官)インタビュー規律欠如が過剰規制を生む 自縄自縛に苦しむ証券業界」週刊ダイヤモンド2012/09/08

20120916014826 今年度上期の金融ビジネスシーンでは、「自浄努力」が流行語大賞

記事を読む

no image

池田光史ほか「偏差値で測定不能な唯一の存在 政財官に深く進出する創価大学(特集 大学全比較)」週刊ダイヤモンド2012/09/29

20120928000456 大学特集なんてのをこんなビジネス誌がやる必要があるのか。って

記事を読む

no image

ジョセフ・E・スティグリッツ「ミット・ロムニーの所得税問題にあるアメリカの“不公正”(スティグリッツ教授の真説・グローバル経済)」週刊ダイヤモンド2012/10/06

20121002223608 このシリーズは、いつもは斜め読みである。しかし今回は通読して

記事を読む

no image

大竹文雄「農家はなぜレタスを処分するのか(経済を見る眼)」週刊東洋経済2011.9.3

思い出したのが、高校でもうすぐ卒業のときの、クラスの担任でもない化学の先生の、最後の授業。ある宗教団

記事を読む

no image

中島信也「『CMの巨匠』創造の源はコミュニケーション能力(達人に学ぶ)」週刊東洋経済2008.8.16-23

20090103220900 なるほど、かなり使えそうな話 ・私が「周富徳理論」と呼んでいる

記事を読む

no image

澤上篤人「interview 澤上さん、それでも日本株で資産を作れるのですか(特集/遠ざかる年金<全対策>)」週刊東洋経済2011.11.19

20111130233950 この人には長生きしてもらわないと困る。1947年生まれというから、い

記事を読む

no image

堀越千代「ゲレンデに客を呼び戻した白馬五竜スキー場の挑戦(カンパニー&ビジネス)」週刊東洋経済2008.3.22

20080502060000 そのとおりだと思う。それが原因でスキーがあまり好きではなくなったよう

記事を読む

google adsense

google adsense

pay整理とKyashへの収束

20181209101111 ソフトバンク系と楽天系のポイントが

楽天ペイのアプリとローソン

20181208145713 Rakuten PayがPayPa

銀行の口座振替(引落し)設定の解除

20181207112040 とある事情で、とある業者への支払い

Pixel3の購入と現状の整理

20181120110248 Pixel初代とPixel2が日本

ドコモ「dアカウント」と「ポイント共有グループ」の整理

20181106112305 ドコモに3回線MNPの顛末(2

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑