佐々木俊尚「3時間で「専門家」になる私の方法」PHP

公開日: : 最終更新日:2012/10/22 書評(書籍)



20080818060000








インターネットで情報を仕入れることを全肯定しないところが立ち位置がちょうどいい。筆者の誠実さを感じる


マトリックスの強い主張を興味深く読んだ。今度、仕事のやり方をマトリックスにしてみよう


ここでメモしたのは自分が知らなかったサービス。はてな系はこれまでぜんぜん使ったことがなかった。逆に言うとそれ以外は結構知っていた話ばっかりだったので、大半はお浚いの意味で読んだ




p59.世界の成り立ちを描いたものがマトリックスであり、マトリックスを描くことこそが、世界を記述することとイコールになる


p64.クオリアは、簡単に言えば、人間の経験のうちで、最後まで数値化できない感覚のこと


p146.「キーワード site:2ch.net」


p194.注目すべきなのは「タグ検索」。利用者は、はてブを使って自分がおもしろいと思った記事をブックマークする際、タグ(記事がどのような内容を含んでいるのかを説明するために加えられる注釈のようなもの)で検索することができるのです。利用者が登録したこのタグを検索できるのが、はてブ検索の大きな特徴になっています


p215.「ニューシング」というソーシャルブックマーク。ユーザーはさまざまなネット上のニュースに投票することができるほか、それぞれのニュースに対して「○」「×」で評価したり、はてブと同じようにコメントやタグも付けられる仕組みになっています







google adsense

関連記事

no image

樋口裕一「文章力が面白いほど身につく本」中経出版

20070325223200 値段に応じた軽めの本なので、それなりの時間で読みきりたい

記事を読む

no image

デイジー・ウェイドマン「ハーバードからの贈り物」ランダムハウス講談社

お得な読み物。学者が精魂を込めて語る話。それぞれが短くて完結しているのが良い。 読後直ちに感じた、

記事を読む

no image

吉本佳生「投資リスクとのつきあい方(上)」講談社+α文庫

株式投資において、投資しようとする銘柄のリターンを想定して、ボラティリティを算出して、正規分布に当て

記事を読む

no image

サイトウアキヒロ「ゲームニクスとは何か」幻冬社新書

任天堂のDSやWiiを賞賛する。ゲームの作り方がビジネスに参考になるという。確かにそう思うけど、牽強

記事を読む

no image

藤原和博「味方をふやす技術」ちくま文庫

平易な記載。内容がおもしろく、かつ思索の浅い大衆にとってなかなか示唆に富む。社会人についての絶妙な分

記事を読む

no image

畑村洋太郎「みるわかる伝える」講談社

面白い。いくつか具体的な事例の紹介もある。すんなりと読み進められる平易さ。人にものを理解させる、知識

記事を読む

no image

澤一良「一番わかりやすい整理入門」ハウジングエージェンシ-

整理対象を、スマイル、アクティブ領域、スタンバイ領域、プロパティ領域、スクラップ領域に分類することか

記事を読む

no image

松島庸「追われ者」東洋経済新報社

昔の本だが、縁あって読むことになった いまとなっては旧聞に属するクレイフィッシュの事件。一つの企業

記事を読む

no image

住友不動産販売株式会社「不動産の税金がわかる本」有朋社

不動産に関して税が気になる5つの局面、すなわち、買う、売る、買い換える、贈与する、相続する、において

記事を読む

no image

沓沢江美「女性コンサルタントが教える新サラリーマン処世術」半蔵門出版

女性だから書けた。男性が書くと問題が起きる気がする 評価に悩む内容。注意して読むべき本。そうは言って

記事を読む

google adsense

google adsense

pay整理とKyashへの収束

20181209101111 ソフトバンク系と楽天系のポイントが

楽天ペイのアプリとローソン

20181208145713 Rakuten PayがPayPa

銀行の口座振替(引落し)設定の解除

20181207112040 とある事情で、とある業者への支払い

Pixel3の購入と現状の整理

20181120110248 Pixel初代とPixel2が日本

ドコモ「dアカウント」と「ポイント共有グループ」の整理

20181106112305 ドコモに3回線MNPの顛末(2

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑