秋庭俊「新説東京地下要塞」講談社+α文庫

公開日: : 書評(書籍)

こういう陰謀めいたのは好きなんだ。著者の類似の著作も結構読んだりしている。普通は読み終わった本はメモをとったら処分しているけど、こういうのはなんど読んでもおもしろいので、読書というよりも娯楽といったほうがいい
話題になっている地理に詳しいということも楽しさに拍車をかけている
話としては、知ってても実際には何の役にも立たないばかりか、こういうのを自ら話題に「する」とかなりの確率で退かれることになる
本当は何が行われているのか、などと難しいことが言われている。けど、単に、軍の費用で極秘に作っていたトンネルを転用して地下鉄などの建設を行い、浮いた予算を抜くという程度の話だと思っているけど

p28.実は、地下建築というものは、廃棄するのが難しい。用済みとなった地下建築を土で埋めても、もうその土は元の固さには戻らない。そんな軟弱な地盤には柱を立てることもできないから、結局、また、地下建築として利用するしかない。巨大な地下建築が用済みになったあとも、同じように巨大な地下建築として利用しなければならなくなる
p81.シカゴの地下鉄網はニューヨークをはるかに凌ぐものだったが、50年もの間、一般の市民には極秘にされていた。この極秘地下鉄は、政府関係者、市の職員、地元の政治家と有力者のための地下鉄だった。市の庁舎や警察署、政治家や有力者の屋敷の下に、地下鉄の駅がつくられていたという。何千、何万という数の公務員がこの地下鉄を使っていたが、その秘密は固く守られていたそうである。当時、アメリカ政府はニューヨークのブロードウエイにも、極秘の地下鉄をしていたことを明らかにしている
p176.新橋駅の予定地には桜田藩邸、浜松町付近には中屋敷、田町・三田あたりは薩摩っ原などと呼ばれていて、品川駅の予定地だった上屋敷は、勝海舟と西郷隆盛が江戸城の無血開城を話し合ったところである。薩摩の強力が得られるはずもないと半分諦めかけたとき、大隈が海に石垣を築けばいいといいだした。「薩摩の協力などいらん」沖合50メートルに高さ4メートルの石垣が長々と築かれ、その上に線路が施設された。当時の東海道本線は海の中を走り、品川駅も田町駅も海の中にあった
p214.東京で「竹」のつく場所は竹橋、「虎」のつく場所は虎ノ門である。この2点を結んだ地図が左にある。その直線は皇居の建物の方向に一致し、しかも、中庭を貫通している。「竹でも植えて虎でも飼うさ」という言葉は市区改正に深く関与していた弥之助が、一言でその正体を言い表したもので、山県がこれを耳にすれば、すぐにその意味に気づく。おそらく弥之助はそれを期待して同じ言葉を繰り返していた
p228.東京という都市は、私は、中世ヨーロッパの五角形の要塞理論で築かれていると思う。この理論では、五角形の各辺や対角線と平行に地下道をつくることになっている。この理論をわが国に伝えたのはウィリアム・アダムズ(三浦按針)とヤン・ヨーステンだったはずである。2人の専門は、砲術と要塞の理論である

20080819060000

google adsense

関連記事

no image

荒濱一、高橋学「 結局「仕組み」を作った人が勝っている」光文社

タイトルに惹かれて購入した本。簡単に読み進められるし、内容的にも事例の紹介の部分と、その纏めと主張の

記事を読む

no image

改定・保育士養成講座編纂委員会編「改定・保育士養成講座2006第3巻 発達心理学」全国社会福祉協議会

保育士試験受験シリーズ(4/11) 受験会場はこれまでの試験のなかで最も快適。建物が新しくて清潔な感

記事を読む

no image

ジョン・ウッド「マイクロソフトでは出会えなかった天職」ランダムハウス講談社

本の分厚さに負けず、内容に引き込まれてどんどん読み進めていける題材の良さがある。タイトルとおり、マイ

記事を読む

no image

マイケル・J・ロオジエ「引き寄せの法則」講談社

読みやすいし、適当に流して読んでいても内容がしっくりと頭に入ってくる良書。元々この類の本は、読む側の

記事を読む

no image

村上隆「芸術起業論」幻冬舎

刊行当初から雑誌の書評などで取り上げられていたので読むつもりでいた。近い具体的な知人からの薦

記事を読む

no image

デブラ・E・メイヤーソン「静かなる改革者」ダイヤモンド社

タイトルやその考え方には唸らせるものがあったが、実際に内容を読んでみると、アメリカの本の邦訳によくあ

記事を読む

no image

橘木俊詔・森剛志「日本のお金持ち研究」日本経済新聞社

著者が日本のお金持ちにアンケートを実施し、その結果をまとめて分析を加えたもの。日本の仕組みについて多

記事を読む

no image

徳大寺有恒「徳大寺有恒のクルマ運転術」草思社

内容をざらっと見ておくと極めて有益。車を運転する人もそうでない人も 小さな項目ごとに独立した内容とな

記事を読む

no image

樋口健夫「稼ぐ人になるアイデアマラソン仕事術」日科技連出版社

延べ2日、実働は4時間くらいで読んだ。ノートやPCに対して脳の記憶機能を譲り渡し、脳に対してより重要

記事を読む

no image

林望「知性の磨きかた」PHP新書

高校生か、または大学入学したばかりの人が読むべき本。勉強の仕方、大学生活のすごし方、本の読み方につい

記事を読む

google adsense

google adsense

Pixel3の購入と現状の整理

20181120110248 Pixel初代とPixel2が日本

ドコモ「dアカウント」と「ポイント共有グループ」の整理

20181106112305 ドコモに3回線MNPの顛末(2

ワイモバイルにMNP

20181104115802 この記事を見て、小一時間考えてMN

ドコモに3回線MNPの顛末(2018/09)

20181029231515 ちょうど1カ月が経つので、思いつく

キャッシュレスまたはクレジットカード

20181023225403 政府がキャッシュレスを進めているみ

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑