大坪稚子ほか「劇団四季 経常利益率2ケタの高収益 劇団経営に革命を起こす(特集 エンタメ全解剖)」週刊ダイヤモンド2008/08/23

公開日: : 最終更新日:2013/03/13 書評(雑誌), 週刊ダイヤモンド



20080907060000


コンティンジェンシー・プランがしっかりしている。こういうのが業界特有のカルチャーだったりして、その辺を打ちのめしてやったことが、実は別に普通なことなんでけど、でもなかなか気づかなかったり実行できなかったりする




商業演劇の多くが主役の俳優や女優の名を前面に出しており、その出演者が出られなくなった場合は代理を立てるか、代理が見つからなかったら公演そのものが中止になってしまう。ところが、四季の場合、ダブルキャスト、トリプルキャスト体制を採っており、よほどのことがないと公演中止にならない。すぐに代理キャストが可能なのは四季独特の演劇メソッドがすべての劇団員に浸透しているからである。セリフなら母音をしっかり、歌なら音とリズムを正確にしたうえで表現をしようというものだ。芸術センターの廊下や食堂には、「一音を落とすものは去れ!」「リズム」「音程」など、守るべき基本、注意事項が目立つところに掲げられている







google adsense

関連記事

no image

長谷川高宏「毒ギョーザ騒動と危険妄想のウソ」週刊東洋経済2008.2.16

・どうやら“事件”の様相が強まってきた。JTの子会社が販売していた中国製商品によって各地で食中毒が引

記事を読む

no image

山田昌弘「拡大する地域間格差 大変化する家族形態(The compass)」週刊東洋経済2006.1.21

20060130231500 著者は最近ベストセラーを出して有名になった人だ。ビジネス誌でも去年の

記事を読む

山と渓谷2013年9月号

20140409205548 山と溪谷 2013年9月号著者 : 山と渓谷社発売日 : 2013-

記事を読む

no image

江田憲司ほか「官僚支配からの脱却と国民の望行政改革の実行こそ急務(日本の政治を問う!)」週刊東洋経済2008.9.27

恐い恐い恐い ・私が橋本総理の政務秘書官のとき、最大のスーパー権力官庁の大蔵省分割がテーマとな

記事を読む

no image

高安秀樹「幸運・不運(特集/「不確実性」の経済学入門)」週刊東洋経済2008.9.6

20081004060000 ここ1年くらい人まで話すことが増えた。結構、何の根拠もなく社会現象を

記事を読む

no image

山崎元「株式運用はプロ任せよりも自分でやるほうが有利(マネー経済の歩き方)」週刊ダイヤモンド2005/10/29

著者の魅力は、投資における不正、いい加減、曖昧、誤解に対する指摘と、その際の舌鋒の鋭さにある。今回も

記事を読む

no image

堀越千代「パタゴニア創業者インタビュー 変貌する資本主義」週刊東洋経済2007.6.9

20070625003600 最近、ビジネス誌の中でもっとも高い評価を与えている週刊東洋経済。パタ

記事を読む

no image

佐藤優「筆者自身の効率的な時間の使い方(知の技法 出世の作法)」週刊東洋経済2009.10.17

20091031102203 確か、この連載で筆者が、適切な睡眠時間は人によって決まっているので、

記事を読む

no image

ロスチャイルドの富は「情報力」で築かれた(社会科学の女王か金儲けの手段か)」週刊東洋経済2007.9.8

ネイサン・ロスチャイルドが相場で大儲けをする有名な話。ここで気になったのは次の文章 ・仮にネイ

記事を読む

no image

中島信也「『CMの巨匠』創造の源はコミュニケーション能力(達人に学ぶ)」週刊東洋経済2008.8.16-23

20090103220900 なるほど、かなり使えそうな話 ・私が「周富徳理論」と呼んでいる

記事を読む

google adsense

google adsense

pay整理とKyashへの収束

20181209101111 ソフトバンク系と楽天系のポイントが

楽天ペイのアプリとローソン

20181208145713 Rakuten PayがPayPa

銀行の口座振替(引落し)設定の解除

20181207112040 とある事情で、とある業者への支払い

Pixel3の購入と現状の整理

20181120110248 Pixel初代とPixel2が日本

ドコモ「dアカウント」と「ポイント共有グループ」の整理

20181106112305 ドコモに3回線MNPの顛末(2

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑