河村望「上総の飛鳥」人間の科学社

公開日: : 最終更新日:2013/01/28 書評(書籍)



20080910060000








教養のために、読んでいく分にはなかなか楽しいのだけれど


こんな悪文を読んだのは久しぶりだ。エピソード集みたいなもんで、あっちへ行ったりこっちへ行ったり、斑のある文章。そして結局何を言いたいのかが明示されていない。接続詞の使い方を含めた、単純なまた文章術もどうにも。昔の学者はこのような悪文でも許されたということなんだろう


内容として特に記憶に残るのは、メインのテーマである、上総に大きな都があったという示唆。また壬申の乱で破れた大友皇子=弘文天皇が上総まで落ち延びたということ。いずれも根拠はあまり書いてない。後者については上総の地元の民話にそのようなことが言い伝えられ、かつそれと平仄の合う神社の謂われなどが残っているということでロマンがある。たまたま同時期に読んでいた別の本で、大海人皇子は実は天智天皇よりも年上であり、兄弟ではないのではないかという本も読んでいたので、この辺りの時代のことが印象に残った。それにしてもこの辺りの時代に魅力を感じる要素って何なのだろうか。自分だけじゃないと思うけど





google adsense

関連記事

no image

真壁昭夫「若者、バカ者、よそ者」PHP新書

20120927225306 なんかタイトルと内容が違う。思ったほどメモがなかった

記事を読む

no image

田坂広志「深き思索 静かな気づき 『仕事の思想』を高める25の物語」PHP研究所

じっくり読んでも30分くらいで読み終わる本。価格も本体1,100円と安い。しかし、内容はそれらを超え

記事を読む

no image

改定・保育士養成講座編纂委員会編「改定・保育士養成講座2006第1巻 社会福祉」全国社会福祉協議会

保育士試験受験シリーズ(1/11) 今日から変わった書籍のまとめを連載していく。初めて保育士資格の試

記事を読む

no image

吉井亮介「どこの会社でも通用する、ポータブル・スキルを身につけろ!」クロスメディア・パブリッシング

20100105005100 サクサクと、速読の効果が覿面な本。あんまり新しい知識はなかっ

記事を読む

no image

林恵子「「できる女」はやわらかい―ラッキーサクセスの仕事術」亜紀書房

これを読んでいる間いつも頭から離れなかった疑問は、「著者に子どもはいるのだろうか」ということ。これは

記事を読む

no image

金谷武洋「日本語に主語はいらない」講談社選書メチエ

20111113231930 言語学というのだろうか。日本語の構造についてのタイトルどおりの内容の

記事を読む

no image

鈴木理生「東京の地理がわかる事典」日本実業出版社

じっくりと1ページ1ページ読み込んでしまう良書。本当かどうか分からないが、かなりマニアックな内容で、

記事を読む

no image

小林秀之・神田秀樹『「法と経済学」入門』弘文堂

20121230083453 かなり古くなってしまった。しかし、現在も価値を感じる。各項で

記事を読む

no image

横山秀夫「半落ち」講談社文庫

20140823142713 半落ち (講談社文庫)著者 : 横山秀夫講談社発売日 : 2005-

記事を読む

no image

西田文郎「面白いほど成功するツキの大原則 ツイてツイてツキまくる頭の使い方教えます」現代書林

こういう本、好きなんです ツキが大事だということと、それをどのように自分のものにするか、ということが

記事を読む

google adsense

google adsense

pay整理とKyashへの収束

20181209101111 ソフトバンク系と楽天系のポイントが

楽天ペイのアプリとローソン

20181208145713 Rakuten PayがPayPa

銀行の口座振替(引落し)設定の解除

20181207112040 とある事情で、とある業者への支払い

Pixel3の購入と現状の整理

20181120110248 Pixel初代とPixel2が日本

ドコモ「dアカウント」と「ポイント共有グループ」の整理

20181106112305 ドコモに3回線MNPの顛末(2

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑