田坂広志「知的プロフェッショナルへの戦略」講談社

公開日: : 書評(書籍)

この本は表面的には読みやすいのだが、実は読みにくい。話し言葉で書かれており、おそらく本人が語ったことを活字に落としたのではないか、不適切な読点やカギ括弧がかなり多いのには辟易する。同じことを不必要なほど何度も言い換えているようなところがある。かなり余白のある書き方をしており、内容は実際のページ数ほどはない。内容面では、問題整理と主張は小綺麗だが、それの立証が少ないのではないかと思わせる
サブタイトルにもあるように、これはビジネスマン向けの本。雇われて働く人でない場合にはあまり参考にならず、値段ほどの価値はないかもしれない

p49.「知的職業」の多くが、実は、単なる「知識の伝達と流通」で仕事をしていたのです。そして、こうした、単なる「知識の伝達と流通」によって仕事をしてきた職業は、ネット革命によって、その「知識」が直接的にエンド・ユーザーに伝達されたり、社会全体で共有された瞬間に、その存在意義を失ってしまう職業なのです。このことは、決して、大学教授や、シンクタンカー、コンサルタント、広告代理店業者、編集者といった職業だけの問題ではありません。例えば、「教育研修」と称して単に専門知識の伝達をしているだけの研修部、「市場調査」と称して単に既存情報の整理をしているだけの調査部、「顧客提案」と称して単に専門書の受け売りをしているだけの営業部、「企画立案」と称して単にコンサルティング会社の企画案を修正して使っているだけの企画部など、ビジネスマンの世界にも、何ら新しい「知識創造」を行うことなく、単なる「知識伝達」や「知識流通」を行っている人々も決して少なくないのです
p69.これは、昔から「マタイ効果」と呼ばれているものでもあります。「横並び一線」のような状態から、何かの弾みで一人の人材が頭を出すと、その人材に「多くの仕事」「優れた評価」「新しい機会」が集中することによって、その人材だけが、「横並び一線」の集団から急速に抜け出していくという現象です。このように、「仕事は忙しい奴に頼め」という言葉は、これからの知識資本主義の時代を象徴する言葉なのです
p83.これまでの企業においては、どれほど優秀な人材でも、一人で関与できるプロジェクトの数は限られていました。その限界を作っていたのは、やはり、「会議」という制約でした。実際の「会議」に出席しなければならないという制約は、その会議の待機時間や往復の移動時間などの「デッドタイム」(生産に寄与しない無駄な時間)を膨大に生み出してしまうからです
p94.複雑系の経済学や経営学の研究によれば、知識資本主義の市場において成功している企業や人材というものは、意識する、意識しないにかかわらず、この「収穫逓増」の発想に立った戦略を展開しているのです。すなわち、これらの企業や人材は、経営戦略やキャリア戦略を選ぶとき、その戦略によって、自社や自分の強みがさらに強化され、市場や企業での優位がさらに高まり、その勢いがさらに加速されるような選択肢を選んでいるのです
p98.ビジネスマンが働くことによって得られる「リターン」には、このような「マネー・リターン」(金銭報酬)のほかに目に見えない4つのリターンがあるのです。①ナレッジ・リターン(知識報酬)②リレーション・リターン(関係報酬)③ブランド・リターン(評判報酬)④グロース・リターン(成長報酬)
p112.これからの時代には、「波乗り」の戦略志向を持てばよい。経済や景気の上下、市場や産業の衰退といった市場環境の変化の波や、企業の吸収や合併、買収や売却、企業や倒産といった企業環境の変化の波を乗りこなしながら、自分の目指すキャリアの方向感覚を失うことなく、しかし、具体的なキャリア戦略は柔軟に修正しながら、前に向かって進んでいくという思考のスタイルだ
p116.昔から職人の世界では「蓄えをするならば、腕に蓄えをせよ」という言葉が語られてきた。これは「知的プロフェッショナル」という「知の職人」の世界においても同じです
p128.いかなる「努力」も「具体的」にどのような「工夫」をしたかというかたちで「客観的に」に語らえなければ、確かめようがない
p130.街頭での顧客との待ち合わせでは、「そうだ、この機会に、最近の若者たちのファッションを観察してみよう」と考えて時間を過ごすならば、その「待ち時間」は、極めて有意義な時間に変わります
p131.これからの知識社会において活躍するためには、書物や学校で学ぶことのできる「ナレッジ」(専門知識)ではなく、スキルやセンス、テクニックやノウハウ、さらには直感力や洞察力といった「ディープ・ナレッジ」(深層知識)をこそ身につけなければならない
p134.「時間」という資産は、不思議なことに、会社に売り渡しながら、同時に、自分のために投資することができるのです
p140.「ナレッジ」「リレーション」「ブランド」「グロース」という4つのリターンにおいては、前者ほど、「即効性」が高く、後者ほど「持続性」が高いのです
p197.知的プロフェッショナルの世界は、「ギブ・アンド・ギブン」の世界。なぜか自然に相手から「与えられる」のです

20080913060000

google adsense

関連記事

no image

山崎元「新入社員に贈るマネー生活の基本的な心得(マネー経済の歩き方)」週刊ダイヤモンド2006/04/22

この人は、社会的なプレゼンスをどんどん高めているように思う。今週の本誌では中心人物だ。特集の「あとで

記事を読む

no image

小堺桂悦郎「なぜ、社長のベンツは4ドアなのか?」フォレスト出版

会計制度の説明も行いつつ、中小企業の節税などに関するちょっとしたティップスを本の体裁にしたもの。難な

記事を読む

no image

青木高夫「ずるい!? なぜ欧米人は平気でルールを変えるのか」ディスカヴァー携書

内容がコンパクトにうまく整理できている良書 ホンダの人。排ガスやF1のルールについての言及 よー

記事を読む

no image

ケン・ブランチャードほか「1分間自己管理」ダイヤモンド社

これも2年前に買って積んだままになっていたものだ。直ぐに読んでおけばよかったと後悔する良書 読み終

記事を読む

佐藤優「サバイバル宗教論」文春新書

20140712165447 サバイバル宗教論 (文春新書)著者 : 佐藤優文藝春秋発売日 : 2

記事を読む

no image

春日武彦「精神科医は腹の底で何を考えているか」幻冬舎新書

精神科とか心療内科に思うところがあって手に取った一冊。前のが、少し物足りないということもあって、前評

記事を読む

no image

デイジー・ウェイドマン「ハーバードからの贈り物」ランダムハウス講談社

お得な読み物。学者が精魂を込めて語る話。それぞれが短くて完結しているのが良い。 読後直ちに感じた、

記事を読む

no image

荒濱一、高橋学「 結局「仕組み」を作った人が勝っている」光文社

タイトルに惹かれて購入した本。簡単に読み進められるし、内容的にも事例の紹介の部分と、その纏めと主張の

記事を読む

no image

内藤誼人「勝つための「心理戦略」」KAPPABOOKS

少数のチームの利点 ・精鋭になる ・欠勤率、転職率の減少 ・批判に対する個人の痛みが少ない 一体感を

記事を読む

no image

ライフビジョン21「ワルに学ぶ『実戦心理術』」王様文庫

著者が不明。したがって内容をあまり信用しないようにする。ただ、内容が面白そうなので、話半分で読み捨て

記事を読む

google adsense

google adsense

pay整理とKyashへの収束

20181209101111 ソフトバンク系と楽天系のポイントが

楽天ペイのアプリとローソン

20181208145713 Rakuten PayがPayPa

銀行の口座振替(引落し)設定の解除

20181207112040 とある事情で、とある業者への支払い

Pixel3の購入と現状の整理

20181120110248 Pixel初代とPixel2が日本

ドコモ「dアカウント」と「ポイント共有グループ」の整理

20181106112305 ドコモに3回線MNPの顛末(2

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑