小阪裕司「招客招福の法則2」日本経済新聞出版社

公開日: : 書評(書籍)

新聞の連載コラムの単行本化。内容的に日経の堅いイメージとは違うようにも感じるが、日経MJのほうのようだ
見開きの2ページで一つの話題になっていて細切れ時間でも読みやすい。一気に読むとあっという間に読み終わるくらいの分量。涙腺の緩むような話もある
お客さんの信頼を勝ち得、そこから「正価」にこだわって物を販売していこうというメッセージが取れる。そのためには売り手の個性をアピールするので、プライバシーとは相容れないものがある

p16.店頭で価格の異なる2種類のサンマの実物を並べて比較し、「生サンマのおいしい見分け方!」「脂ののりが違う」「焼いてて肉汁がたれおちる」と、お客さんに高いほうのサンマを買うべき理由を大きく書いて教えてみた。結果は、表示し始めた週からサンマの売り上げが前週比70%増と大幅に伸びた。ほとんどのお客さんが高いほうのサンマを買っていったそうだ。また予期しなかった出来事として、こう表示し始めた途端に「ほかにお勧めの魚はどれ?」「こっちの魚はどう見分けるの?」と、声をかけられるようになった
p105.私の知る店では、人形探しだけでなく、お客さんとじゃんけんやゲームをしたり、子どもに人気のガチャポンを大人のお客さんに楽しんでもらうために導入するなど、この手の企画を積極的に行うことが多い。このようなことをやろうとすると、スタッフなどから「こんな子供じみたことにお客さんが乗ってくれるでしょうか」と反対されることがある。よくある反応だ。そのときは、かのウォルト・ディズニーの言葉、「人はいつから子どもじゃなくなったんだね?」を思い出していただきたい。実は大人と子どもに境目はない
p117.「売る」という行為には2種類ある。「お客さんが買いに来たものを売る」ことと、「お客さんを欲しい気持ちにさせて売る」ことだ。そして後者ができる商人はどんなものでも売れる。これもまた、商売の無限の可能性なのである
p125.マニュアル作りの最大の効果は、各人が実際にセールストークを行うときの具体的な参考になるということだ。慣れないことには戸惑いがあるのが普通なのだが、たとえば今回のような販促活動の際、スタッフに「お客さんに何を話せばいいんでしょうか」と聞かれると、つい「そんなことは自分で考えろ」と言ってしまいがちだ。あるいはこういった細かいマニュアルを作って渡すと、各自が創意工夫をしなくなるといった懸念も聞かれるが、皆がスムーズに始められることで実際には成果につながる
p132.売り手と買い手との間に人間関係があり、売り手が提案するものに常に嘘がなく、期待通りかときに上回るものであれば、商品の中身を知らずして顧客は商品を買うことがあるのだ。中身を知らずとも正価で買うのであれば、売り上げ作りは決して難しいものではなくなる。そして必ずしも店頭在庫を持つ必要もない。買い手はその商品が何なのかを知らないので、緊急の必要性とは関係なく買っているからだ。商品が入荷するまで待つことができる
p168.「私は人形です。オリンピックを目指して体操の練習をしていました。平均台から落ちて足を負傷。手術は成功。夢は実現しませんでしたが、第2の目標で顔晴ります。こんな私ですが、お友達になってくれませんか?」 すると、来店した50代のご婦人がこのPOPを見て「人形を2体ください」と言った。女性スタッフが「1体は不良品ですので、1体しかありません」と応えると、そのお客さんはこう返した。「いいんです。けがした人形も含めて、2体ほしいのです」。そうして彼女は2体の人形とともに、そこに張られていたPOPまでも一緒に買っていった。もちろん2体とも「正価」である

20080930060000

google adsense

関連記事

Dustin Boswellほか「リーダブルコード」オライリージャパン

20140215005631 リーダブルコード ―より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテク

記事を読む

no image

樺旦純「面白いほど人を動かせる暗示トリック」青春出版社

「心理学では『○○』と呼んでいる」という記載が多い。そういうキーワードを覚えて使いたいという衒学心旺

記事を読む

no image

近藤藤太「デカい態度で渡り合え! 世界中で通用する人間関係10のルール」フォレスト出版

著者のこれまでの経験を踏まえ、人とのコミュニケーション、特に彼がケトウと呼ぶ欧米人との交渉について教

記事を読む

no image

山名宏和「アイデアを盗む技術」幻冬舎新書

20111210235255 正直、序盤は退屈だったが、尻上がりに面白くなってきた新書。この著作な

記事を読む

no image

ジョン・ウッド「マイクロソフトでは出会えなかった天職」ランダムハウス講談社

本の分厚さに負けず、内容に引き込まれてどんどん読み進めていける題材の良さがある。タイトルとおり、マイ

記事を読む

no image

P.F.ドラッカー「プロフェッショナルの原点」ダイヤモンド社

読んでからわかったけど、これってドラッカーの著作からの抜き書き集なんだな。準備のできないまま断片だけ

記事を読む

no image

早坂隆「世界の日本人ジョーク集」中公新書ラクレ

20060912235500 面白い、所収のジョークが。ただ人によっては、半分以上は聞いた

記事を読む

no image

大竹文雄「経済学的思考のセンス」中公新書

副題は「お金がない人を助けるには」だけど、これは内容を反映していない。取り上げたテーマを見るに、それ

記事を読む

島田裕巳「なぜ八幡神社が日本でいちばん多いのか」幻冬舎新書

20140611075612 なぜ八幡神社が日本でいちばん多いのか 最強11神社―八幡・天神・稲荷

記事を読む

no image

竹森俊平「資本主義は嫌いですか」日本経済新聞出版社

この人の予測、というかある人の予測についての分析、の示唆するところは、まあ、あんまりワクワクするよう

記事を読む

google adsense

google adsense

pay整理とKyashへの収束

20181209101111 ソフトバンク系と楽天系のポイントが

楽天ペイのアプリとローソン

20181208145713 Rakuten PayがPayPa

銀行の口座振替(引落し)設定の解除

20181207112040 とある事情で、とある業者への支払い

Pixel3の購入と現状の整理

20181120110248 Pixel初代とPixel2が日本

ドコモ「dアカウント」と「ポイント共有グループ」の整理

20181106112305 ドコモに3回線MNPの顛末(2

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑