今尾恵介監修「日本鉄道旅行地図帳」新潮社

公開日: : 最終更新日:2013/04/27 書評(書籍)



20081220202100








地図に廃線を含めた記載がある。昔これほど多くの鉄道があったということが分かる。例えば、軽井沢から万座温泉まで北上する鉄道があったことなんか、信じられない。車でドライブするルートとしてのみ理解していたので


北海道、東北、関東などで分冊になっている。地元の部分については必ずしも鉄道に興味がない人にも面白いかもしれない。自分にゆかりのない地域の本はこういった共感が感じられない。例えば東北はほとんど感じるものがなかった


鉄道に関係する施設の案内がある。行ってみたくなる。実際に動く機関車があるとかいう情報もある。その辺に旅行に行ったときに立ち寄ってみたいと思ったりする


碓氷峠や青函トンネルの断面図など図示が豊富なところもいい


鉄道マニアでもなく、地図マニアでもないが、いずれも好きなほうなので、それなりに楽しめる。いずれも興味がないのであればお勧めできない





google adsense

関連記事

no image

野口吉昭「コンサルタントの習慣術」朝日新書

p25.ある都市銀行の方と一緒に仕事をしたときに聞いた話がある。彼は、若いときに、ヒサヤ大黒堂の担当

記事を読む

no image

本城武則「なぜ私たちは3カ月で英語が話せるようになったのか」実業之日本社

IQよりもEQを重視。対人恐怖という切り口から日本人と外国人の違いを主張。日本語と英語の違いを言語と

記事を読む

no image

ユーキャン保育士試験研究会編「U-CANの保育士過去&予想問題集2006年版」主婦の友社

保育士試験受験シリーズ(2/11) 保育士試験のための問題集は、ユーキャンのものを使うことにした。次

記事を読む

no image

野口悠紀雄『超「超」整理法』講談社

これは読むべき本 「クローバー橋」でGoogle Mapで検索してしまった。昔ニューヨークはマンハ

記事を読む

no image

梅谷薫『「病」になる言葉』講談社

昔から不思議だった。人は似通った境遇にいても、発症する病気は異なるということ。素人ながら勝手に、遺伝

記事を読む

no image

岩田健太郎「1秒もムダに生きない」光文社新書

20120203235145 正確で正直な人なんだなと思う。自分の考えを伝えるに際しても多くの留保

記事を読む

no image

林總「餃子屋と高級フレンチでは、どちらが儲かるか?」ダイヤモンド社

"山田真哉「さおだけ屋はなぜ潰れないのか?」光文社新書"とかぶっている。あの本にもフレンチ・レストラ

記事を読む

no image

安宅和人「イシューからはじめよ」英治出版

現役の企業の経営関係部署の立場からこういうことを本にできるのは尊敬に値する 労働量や根性を避け、疲

記事を読む

no image

改定・保育士養成講座編纂委員会編「改定・保育士養成講座2006第10巻 保育実習」全国社会福祉協議会

保育士試験受験シリーズ(11/11) これで全10科目分のテキストの最後となる 「保育実習理論」は、

記事を読む

no image

アミール・D・アクゼル「偶然の確率」アーティストハウスパブリッシャーズ

思っていたより簡単。思っていたほど内容が薄い。文章も薄い。超速で読み終わってしまった。しかし面白かっ

記事を読む

google adsense

google adsense

pay整理とKyashへの収束

20181209101111 ソフトバンク系と楽天系のポイントが

楽天ペイのアプリとローソン

20181208145713 Rakuten PayがPayPa

銀行の口座振替(引落し)設定の解除

20181207112040 とある事情で、とある業者への支払い

Pixel3の購入と現状の整理

20181120110248 Pixel初代とPixel2が日本

ドコモ「dアカウント」と「ポイント共有グループ」の整理

20181106112305 ドコモに3回線MNPの顛末(2

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑