山口二郎「アメリカの大変革は日本にも波及する(FOCUS政治)」週刊東洋経済2008.11.22

公開日: : 最終更新日:2012/12/05 書評(雑誌), 週刊東洋経済



20090104011300


記事の内容とは全然関係がないけれど


一見して、うまい表現!と思っても冷静に考えるとおかしいというものがある


「パンドラの箱」という話がある。開かれたその箱からはさまざまな災いが飛び出したが、急いで閉めたところには「希望」だけが残ったという。そこで人間は希望だけは失わずに済んだというのだが…。じゃあ、さまざまな災いは消え失せたということで、かなり良いことではないか。なんか主客が逆転しているのではないか


この魯迅の言葉も少し変だ。語義から考えると、歩くことが「希望」であり、その結果としての道は、なにか「希望の先にあるもの」ではないのだろうか


まあ、なんでもいいや




・アメリカ人そして世界の多くの人々が民主主義に対する希望を回復したことが、今回の選挙の最大の意義である。オバマは勝利演説の中で、政治的シニシズムや懐疑心に対する答えこそ、今日の選挙結果だと高らかに宣言した。大統領選挙における投票者数は過去最多となり、多くの投票所では3~4時間も投票を待つ市民が長蛇の列を作った。歴史を作ることに参加するという市民の熱気が、新聞やテレビを通しても伝わってきた。私はこの光景を見て、希望に関する魯迅の有名な言葉を思い出した。「希望は、地上における道のようなものである。もともと地上に道はない。たくさんの人が歩けば、それは道になるのだ」と魯迅は書いた。まさに、多くの市民が投票所へと歩むことによって、アメリカの民主政治に新しい道を開いたのである







google adsense

関連記事

no image

野口悠紀雄「英語力が国力を決める時代(「超」整理日記)」週刊ダイヤモンド2006/10/07

週刊ダイヤモンドの最新号は、「外国が日本のことをどのように見ているか」という、日本人好みといわれるテ

記事を読む

no image

鈴木真二「部品点数は自動車の100倍 究極の“すりあわせ”技術(特集/ボーイングvs.三菱vs.HONDA)」週刊東洋経済2008.9.20

20080926060000 執念を感じる一場面。アメリカの巨大企業が日本のラジオ体操をしていた

記事を読む

no image

山本隆行ほか「規制強化で加速するFX業界の再編淘汰(特集/株投資超入門&ランキング)」週刊東洋経済2009.8.15-22

20090809182608 一部の業者が悪いことをすると、その業者を従来の規範で処理することに飽

記事を読む

no image

金田信一郎「鈴木二郎氏 頭取辞し、パンに賭ける(ひと劇場)」日経ビジネス2007年11月19日号

内容自体はつまらないわけではない。しかし、特段の共感を得るでもなかったこの記事。わずかに引っかかりを

記事を読む

no image

高橋由里ほか「産科・小児科・外科…医療の担い手が消える(特集/日本の医者・病院・診療所)」週刊東洋経済2007.11.3

どういう意味なのか、よく分からないけど、興味深かった記事。近所にいつも携帯電話で話をしているお母

記事を読む

no image

鈴木宗男「渦中のひと 鈴木宗男元衆議院議員の告白 ロシア外交の灯を再び」日経ビジネス2011.11.28

20111129234013 現在、喜連川にて収監中という。そこで、ここまでの主張ができるとは驚く

記事を読む

no image

佐藤優「日本を危機から救う国際エリートの育成(第225回知の技法出世の作法)」週刊東洋経済2011.12.17

20111215001135 ほんと、この人の多作と教養には感服する。いつも目を見開きながら楽しみ

記事を読む

no image

田中陽「高田明氏 思いを電波に乗せて売る(ひと劇場 地方の異能経営者)」日経ビジネス2007年3月12日号

ジャパネットたかた社長の話。文章が上手だった。というよりも題材が良すぎた? 私が、心を揺すぶられる経

記事を読む

no image

大西康之ほか「社員は見た世紀の大合併 失敗のなぜ?(特集 買収無残)」日経ビジネス2007年5月7日号

20070508220200 リアリティってのはおもしろいなあ、と思う。週刊誌とは、こういう生気の

記事を読む

no image

江田憲司ほか「官僚支配からの脱却と国民の望行政改革の実行こそ急務(日本の政治を問う!)」週刊東洋経済2008.9.27

恐い恐い恐い ・私が橋本総理の政務秘書官のとき、最大のスーパー権力官庁の大蔵省分割がテーマとな

記事を読む

google adsense

google adsense

pay整理とKyashへの収束

20181209101111 ソフトバンク系と楽天系のポイントが

楽天ペイのアプリとローソン

20181208145713 Rakuten PayがPayPa

銀行の口座振替(引落し)設定の解除

20181207112040 とある事情で、とある業者への支払い

Pixel3の購入と現状の整理

20181120110248 Pixel初代とPixel2が日本

ドコモ「dアカウント」と「ポイント共有グループ」の整理

20181106112305 ドコモに3回線MNPの顛末(2

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑