杉山勝行「10人の達人に学ぶセルフブランドの創り方」三修社

公開日: : 最終更新日:2011/09/19 書評(書籍)



昔読んだものを再読したもの。昔のチェックと今回のチェックの内容が微妙に異なっている。過去にチェックしたとおりに朝7:00から仕事が始められているというところから自分にとって大事なポイントでなくなった部分があったり、一方で大病が転機となったというところに目が行くようになったり。いずれにせよ再読なので、読み進めるスピードは速い


過去にも、同じ著者の同じようなものも読んでいるではないか!


hiog: 杉山勝行ほか「自分ブランドの創り方」全日出版




p33.松山真一氏「たしか、3Mだったと思いますが、15%ルールというものがあって、就業時間の15%は個人が何に使ってもいい。自分を高めるためには外で映画を見ても本を読んでもいい。ただし、それが結果として個人の能力を高め、それが社業に貢献すればいいというものです。そういう度量が企業にあったとすれば、仕事は仕事としてやりながらもお昼休みに、自分のテーマの情報を発信するということを、もっと積極的に行ったらいいですね。情報発信はそれ以上に入ってくるものがたくさんあります。是非やるべきです」


p130.堀明浩氏「若いビジネスパーソンは心理学を絶対に学ぶべきです。会社というのは組織ですから、組織力学で動くものです。その中で『個の確立』が最も重要だと思います」


p178.野村正樹氏。入院生活を送ったことによって、会社内でも『大病を患った』というレッテルを貼られてしまった私は、がむしゃらに働いて昇進競争を勝ち抜き、将来、サントリーの幹部や役員になるという道を完全に閉ざされてしまったのです


p184.「仕事は辛くてあたりまえ。楽しかったら金を出せ」


p197.藤原和博氏。この病気の時、藤原氏は”自己の客体化”というキーワードに出会う。「どうやったら自分らしく、自分にしかできない生き方が探し出せるのか」河村幹彦氏が自己実現として本を出版しようと思ったのが、胃潰瘍で倒れた病院の病室であったという。著書の中でも、『寄る辺もない病室で、妻と子供の将来をいろいろと案じました。結論は会社だけに頼ってはいけない。自分の価値を高める生き方をしよう。自分しかできないものは何か? これを追求してみよう』と考えた河村氏は自己啓発に励み、リスクマネージメントの本を後日、出版することになる。また本書で登場するサントリー出身の作家・野村正樹氏も河村氏と同じ心理状況を味わっている。そう考えていくと病気というのは、人生を深く思索させる効用を持つのではないかと思えてならない


p202.「『公というのは会社の時間であり、私というのはプライベートな時間で、それらを混同していけない』という考え方を私はまったくしていない」




松山氏の書評メルマガはもう10年くらい講読し続けている


野村氏の本も鉄道や時間管理を中心によく読んだ


“hiog: 野村正樹「「鉄道式」時間活用術」講談社”


“hiog: 野村正樹「上に立つ人の24時間管理術」すばる舎”


藤原氏についても、少し気に入らないものの、たくさん読んでいる


“hiog: 藤原和博「人生がつまらない人へ」ダイヤモンド社”


“hiog: 藤原和博「味方をふやす技術」ちくま文庫”


“hiog: 藤原和博「お金じゃ買えない。」ちくま文庫”


“hiog: 藤原和博「建てどき」情報センター出版局”


“hiog: 藤原和博「給料だけじゃわからない!」ちくま文庫”


20090112130800



google adsense

関連記事

no image

アンソニー・ロビンズ「人生を変えた贈り物」成甲書房

忘れていた元気と快活さを思い出させてくれるような本。いいねえ。筆者の紹介において、極めて高名な人に対

記事を読む

no image

ダン・S・ケネディ「大金持ちをランチに誘え!」東洋経済新報社

「成功するためには」という命題に対する有名な先達の解を引用しつつ、大事なひとつの原則に話を集約させて

記事を読む

no image

山根一眞「メタルカラーの時代2」小学館文庫

20111224103333 山根一眞「メタルカラーの時代1」小学館文庫 | hiogの次の巻

記事を読む

no image

マイケル・アブラショフ「部下を持つすべての人に役立つ 即戦力の人心術」三笠書房

20090801071441 教訓については、特に言い古されているものばかりだが、海軍とい

記事を読む

no image

日下公人「『人口減少』で日本は繁栄する 22世紀へつなぐ国家の道」祥伝社

20050814073812 この著作は非常に愉快。きわめて幅広い実例と提案がある。いずれ

記事を読む

no image

宮城谷昌光「新三河物語 下巻」新潮社

hiog: 宮城谷昌光「新三河物語 中巻」新潮社 hiog: 宮城谷昌光「新三河物語 上巻」新潮社

記事を読む

no image

竹内正浩「地図だけが知っている日本100年の変貌」小学館101新書

すべての都道府県を取り上げる趣向はいいが、正直、おもしろい県とそうでない県があった。2つ以上を取り上

記事を読む

no image

前田和彦「5年後にお金持ちになる海外投資」フォレスト出版

20071218060000 内容的には概ね違和感がない。特に、不動産投資が危ない、外貨預

記事を読む

no image

西岡常一「木に学べ」小学館

学者をやり込めた話。具体的な名前も出てくる。学者に対する不信 経験からくる確信。祖父から教わったこ

記事を読む

no image

タル・ベン・シャハー「ハーバードの人生を変える授業」大和書房

原題はEven Happierらしい。しかし、邦訳では、ハーバード大学の講座の内容であることの宣伝が

記事を読む

google adsense

Comment

  1. 近藤 功 より:

    ブログ拝見させて頂きました!
    またお邪魔させて頂きま~す!!

google adsense

pay整理とKyashへの収束

20181209101111 ソフトバンク系と楽天系のポイントが

楽天ペイのアプリとローソン

20181208145713 Rakuten PayがPayPa

銀行の口座振替(引落し)設定の解除

20181207112040 とある事情で、とある業者への支払い

Pixel3の購入と現状の整理

20181120110248 Pixel初代とPixel2が日本

ドコモ「dアカウント」と「ポイント共有グループ」の整理

20181106112305 ドコモに3回線MNPの顛末(2

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑