山鳥重『「わかる」とはどういうことか』ちくま新書

公開日: : 最終更新日:2012/05/04 書評(書籍)



アカデミックに書いてあり、いちいち納得がいく。しかし、よく考えてみれば当たり前と思われるようなことだったりする。最近、身の回りが新しいことばかりとなって、そういう新しいことが「わかる」「わからない」ということに気になる時期に読んだので印象に残る話が多かった




p42.この曲がりくねった形はもともとはインド、ビシュヌ神の胸毛をかたどったのだそうですが、日本ではずっとお寺の記号です。これを左右にひっくり返した形がいわゆる鉤十字(ハーケンクロイツ)で、1920年代からわずかの間ですが、ドイツに現れた国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)の党章として使われました。記号は約束事で、その形自体には意味がありませんから、たまたま似たような形が日本とドイツでは違う概念を表す記号として使われたのです


p69.ジェームズ・ジョイスに『ユリシーズ』という作品があります。これは主人公のたった一日の行動とその心の動きを熱かった小説です。ただそれだけなのですが、大変な迫力があります。平凡な人の平凡な一日ですが、その平凡さが作者の魔術によって波瀾万丈といってよいもの型地理に変貌します。あるいはマルセル・プルーストに『失われた時を求めて』という作品があります。こちらは主人公が何かにつけて過去を思い出す、という形をとった不思議な小説です。20世紀を代表する2大作品が、いずれも個人を主題にし、しかもその主人公の生活の記憶を主題にしているのは興味深いことです。生活の記憶はシーンとして再生できます。だから小説にも描けるわけです


p109.なんらかの分類基準で目の前の現象を分類できれば、現象が整理できるだけでなく、ここがポイントですが、心も整理されます。心が整理されると、すっきりした感じがします「分かった」と感じられるのです


p117.人類の多くはダーウィンのようにはわかろうとせず、神様という自分たちより圧倒的に賢い存在があるはずだと信じて、分からない部分の穴埋めに使っているわけです。いわば、神様という仮説を立ててきたわけです。進化論も神様論もなぜわれわれがいまここにいるかを説明しています。われわれは説明できればわかったと感じるのです。話が時間的につながればわかったと思うのです


p144.「わかった」という体験は経験の一つの形式であって、事実とか真理を知るということとは必ずしも同じではありません。真理を発見して興奮できる人は古今東西を問わず、わずかな人たちに過ぎません。しかし、「わかった!」「わからん!」はすべての人が毎日繰り返し繰り返し経験することです。わかったからといって、その都度、真実に近付いているわけではありません。わからなかったからといって、その都度、真実から遠ざかっているわけでもありません。「わかった!」からといって、それが事実であるかどうかは、実は分からないのです。わかったと感じるのです。あるいはわからないと感じるのです


p149.疑問があって、常住坐臥、それを前から眺め、横から眺め、上から眺め、下から眺め、回して眺め、落として眺めていると、そのうち心がそれを解いてくれることがあるのです。頭が解くのでなく、いわば身体が解いてくれるのです。座禅して存在の疑問に立ち向かっている場合は、その回答がある体験(悟り)として立ち現れ、科学の疑問に立ち向かっている場合は、その解答の筋道が方程式となって立ち現れるのです


p178.生命の本質はエントロピーを減少させることにあると考えることができます。これは物理学者エルヴィン・シュレーディンガーという人が言い出したことです




20090325214500


google adsense

関連記事

no image

ピーター・セージ「自分を超える法」ダイヤモンド社

20120707111440 また自己啓発的な本を読んでしまった。ダイヤモンド社らしい本だ

記事を読む

no image

早野透「田中角栄 戦後日本の悲しき自画像」中公新書

20130405231712 これを読んだのは田中真紀子が落選したのがキッカケかもしれない

記事を読む

no image

チャールズ・R・ジェンキンス「告白」角川書店

何せ、本人が書いたのだから真実味を帯びている。この件にはテレビ報道でしか理解していない。しかし、同時

記事を読む

no image

三浦展「下流社会マーケティング」日本実業出版社

ベストセラーになった"三浦展「下流社会」光文社新書"の第2弾か。この本のあとにいろいろなところから講

記事を読む

no image

ちきりん「自分のアタマで考えよう」ダイヤモンド社

20121130234411 著者って最近、素性が割れちゃったんだよなあ。その話って、この

記事を読む

no image

J・A・バーンズ「アミスタッド」ポプラ社

映画「アミスタッド」を忠実に小説化したもの。未成年向けのようだ。しかしだからこそエッセンスがしっかり

記事を読む

no image

竹村公太郎「日本史の謎は「地形」で解ける」PHP文庫

20141008223058 日本史の謎は「地形」で解ける (PHP文庫)著者 : 竹村公太郎PH

記事を読む

no image

桜井進「面白くて眠れなくなる数学」PHP

20120317000255 秋葉原の某大型書店で平積みになっていたことが切っ掛けで読み始めた一冊

記事を読む

no image

司馬遼太郎「関ヶ原(下)」新潮文庫

20090108215000 "司馬遼太郎「関ヶ原(上)」新潮文庫"、そして"司馬遼太郎「

記事を読む

no image

佐藤孝「一発合格らくらく宅建塾 2006年版」週刊住宅新聞社

この世界では相当に有名な本らしい。もっとも簡単でもっとも網羅的で内容も適切だという。事実、そのとおり

記事を読む

google adsense

google adsense

pay整理とKyashへの収束

20181209101111 ソフトバンク系と楽天系のポイントが

楽天ペイのアプリとローソン

20181208145713 Rakuten PayがPayPa

銀行の口座振替(引落し)設定の解除

20181207112040 とある事情で、とある業者への支払い

Pixel3の購入と現状の整理

20181120110248 Pixel初代とPixel2が日本

ドコモ「dアカウント」と「ポイント共有グループ」の整理

20181106112305 ドコモに3回線MNPの顛末(2

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑