山鳥重『「わかる」とはどういうことか』ちくま新書

公開日: : 最終更新日:2012/05/04 書評(書籍)



アカデミックに書いてあり、いちいち納得がいく。しかし、よく考えてみれば当たり前と思われるようなことだったりする。最近、身の回りが新しいことばかりとなって、そういう新しいことが「わかる」「わからない」ということに気になる時期に読んだので印象に残る話が多かった




p42.この曲がりくねった形はもともとはインド、ビシュヌ神の胸毛をかたどったのだそうですが、日本ではずっとお寺の記号です。これを左右にひっくり返した形がいわゆる鉤十字(ハーケンクロイツ)で、1920年代からわずかの間ですが、ドイツに現れた国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)の党章として使われました。記号は約束事で、その形自体には意味がありませんから、たまたま似たような形が日本とドイツでは違う概念を表す記号として使われたのです


p69.ジェームズ・ジョイスに『ユリシーズ』という作品があります。これは主人公のたった一日の行動とその心の動きを熱かった小説です。ただそれだけなのですが、大変な迫力があります。平凡な人の平凡な一日ですが、その平凡さが作者の魔術によって波瀾万丈といってよいもの型地理に変貌します。あるいはマルセル・プルーストに『失われた時を求めて』という作品があります。こちらは主人公が何かにつけて過去を思い出す、という形をとった不思議な小説です。20世紀を代表する2大作品が、いずれも個人を主題にし、しかもその主人公の生活の記憶を主題にしているのは興味深いことです。生活の記憶はシーンとして再生できます。だから小説にも描けるわけです


p109.なんらかの分類基準で目の前の現象を分類できれば、現象が整理できるだけでなく、ここがポイントですが、心も整理されます。心が整理されると、すっきりした感じがします「分かった」と感じられるのです


p117.人類の多くはダーウィンのようにはわかろうとせず、神様という自分たちより圧倒的に賢い存在があるはずだと信じて、分からない部分の穴埋めに使っているわけです。いわば、神様という仮説を立ててきたわけです。進化論も神様論もなぜわれわれがいまここにいるかを説明しています。われわれは説明できればわかったと感じるのです。話が時間的につながればわかったと思うのです


p144.「わかった」という体験は経験の一つの形式であって、事実とか真理を知るということとは必ずしも同じではありません。真理を発見して興奮できる人は古今東西を問わず、わずかな人たちに過ぎません。しかし、「わかった!」「わからん!」はすべての人が毎日繰り返し繰り返し経験することです。わかったからといって、その都度、真実に近付いているわけではありません。わからなかったからといって、その都度、真実から遠ざかっているわけでもありません。「わかった!」からといって、それが事実であるかどうかは、実は分からないのです。わかったと感じるのです。あるいはわからないと感じるのです


p149.疑問があって、常住坐臥、それを前から眺め、横から眺め、上から眺め、下から眺め、回して眺め、落として眺めていると、そのうち心がそれを解いてくれることがあるのです。頭が解くのでなく、いわば身体が解いてくれるのです。座禅して存在の疑問に立ち向かっている場合は、その回答がある体験(悟り)として立ち現れ、科学の疑問に立ち向かっている場合は、その解答の筋道が方程式となって立ち現れるのです


p178.生命の本質はエントロピーを減少させることにあると考えることができます。これは物理学者エルヴィン・シュレーディンガーという人が言い出したことです




20090325214500


google adsense

関連記事

no image

三谷宏治「トップコンサルタントがPTA会長をやってみた」英治出版

20080917060000 面白い。筆者がPTAや生徒の前で話した具体的内容が興味深い

記事を読む

no image

野口吉昭「コンサルタントの習慣術」朝日新書

p25.ある都市銀行の方と一緒に仕事をしたときに聞いた話がある。彼は、若いときに、ヒサヤ大黒堂の担当

記事を読む

no image

原賀真紀子『「伝わる英語」習得術-理系の巨匠に学ぶ-』朝日新書

面白かった。勉強になるというよりも、参考になる。蘊蓄系の読み物としても楽しい 「英語を習得するのな

記事を読む

no image

林和人「香港大富豪のお金儲け7つの法則」幻冬舎

おもしろくて一気に読み終わってしまった。内容も平易で読み易いということもあるけど。でも著者の熱意とい

記事を読む

no image

デュラン・れい子「一度も植民地になったことがない日本」講談社+α新書

通勤電車の中で、乗客が読んでいた。それを脇目で見て興味を持って読んでみることにした一冊 少し国粋主

記事を読む

no image

橋元淳一郎「時間はどこで生まれるのか」集英社新書

20080929060000 一応通読したけど、概観しかないので、それだけではまだまだ難し

記事を読む

no image

ジョン・バード「ホームレスから社長になった男の逆転法則」徳間書店

20130313003347 タイトルに誤導がある。ホームレスから社長になった経緯は書いて

記事を読む

no image

竹中平蔵「経済古典は役に立つ」光文社新書

20120408235751 経済学の歴史を手早く追いかけられる。紹介の仕方が中庸、影響を受ける心

記事を読む

no image

和田清華「その夢はいつやるんですか?」ゴマブックス

タイトルが素晴らしい。内容も前向きで多くのティップスに富む。10代後半から30代前半くらいの方に強く

記事を読む

no image

梅原猛 町田宗鳳『仏教入門 法然の「ゆるし」』新潮社とんぼの本

20111120154722 法然が気になる。正確にいうと、昔から気になっている。子供向けの、日本

記事を読む

google adsense

google adsense

pay整理とKyashへの収束

20181209101111 ソフトバンク系と楽天系のポイントが

楽天ペイのアプリとローソン

20181208145713 Rakuten PayがPayPa

銀行の口座振替(引落し)設定の解除

20181207112040 とある事情で、とある業者への支払い

Pixel3の購入と現状の整理

20181120110248 Pixel初代とPixel2が日本

ドコモ「dアカウント」と「ポイント共有グループ」の整理

20181106112305 ドコモに3回線MNPの顛末(2

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑