2万円カー編集委員会「2万円で車を買う!」山海堂

公開日: : 最終更新日:2013/05/12 書評(書籍)



20090415221043








タイトルがやっぱり気を惹く。こういう「なんとか編集委員会」的な個人名のない「編集」の本というのはだいたい面白くないものなんだけど、このくらいのノウハウに特化した本になるとその辺の悪さというのはあまり目立たない


やっぱり2万円でひどい車を買って自分で修理や強度のメンテナンスをする気にはどうしてもなれないんだが、それでも読んでみると、なかなか見えにくい自家用車という制度とか、壊れやすいところとか、そんな普通に新車を買うような人にはあまり役立ちそうにない知識が得られたりして、要は面白い


後半部分は単なるYahoo!オークションの使い方というくらいの内容なので、その辺は知っている人はパス





google adsense

関連記事

no image

山根一眞「メタルカラーの時代3」小学館文庫

20111226181926 このシリーズを連続で読んでいる。たぶん、全部読む 山根一眞「メタル

記事を読む

no image

宮城谷昌光「新三河物語 上巻」新潮社

徳川政権の立ち上がりに昔から興味があった。しかし、そういうものを読んだことはなかった。何十巻にもなる

記事を読む

no image

桜井進「面白くて眠れなくなる数学」PHP

20120317000255 秋葉原の某大型書店で平積みになっていたことが切っ掛けで読み始めた一冊

記事を読む

no image

野中広務・辛淑玉「差別と日本人」角川書店

発刊されたことはかなり話題となったよく売れたように感じる。いま図書館で借りると、複数の在庫が、誰から

記事を読む

no image

BS朝日・矢動丸プロジェクト編「賢者の選択」ソフトバンクパブリッシング

国内旅行で温泉旅館に泊まったとき、夕食に謎の食前酒が出てきて思い切って飲み干すことがある。この本はそ

記事を読む

no image

久保田競「あなたの脳が9割変わる! 超「朝活」法」ダイヤモンド社

眠りについての本は、昔から好んで読んできたジャンル。なんか無駄や誤解が多く潜んでいそうな感じで、それ

記事を読む

no image

ハロルド・ウィンター「人でなしの経済理論」バジリコ

その副題のとおり、トレード・オフについて手を変え品を変え論じている。いくつか印象的なケースを紹介しな

記事を読む

no image

ピーター・アーネル「人生を無理なく変えていく「シフト」の法則」ハヤカワ新書

内容はおもしろかったんだけど、メモをとってみると、それほど有益なようには見えなかったりする。翻訳に苦

記事を読む

no image

深澤真紀「平成男子図鑑」日経BP社

おもしろい読み物。どう役に立つものでもない。むしろ、真に受けちゃ行けない。下流社会を読んでいる感じ。

記事を読む

no image

坂本桂一「頭のいい人が儲からない理由」講談社

20070717003000 かなり刺激的な本だ。とりわけ、学校の成績や会社での評価の高そ

記事を読む

google adsense

google adsense

pay整理とKyashへの収束

20181209101111 ソフトバンク系と楽天系のポイントが

楽天ペイのアプリとローソン

20181208145713 Rakuten PayがPayPa

銀行の口座振替(引落し)設定の解除

20181207112040 とある事情で、とある業者への支払い

Pixel3の購入と現状の整理

20181120110248 Pixel初代とPixel2が日本

ドコモ「dアカウント」と「ポイント共有グループ」の整理

20181106112305 ドコモに3回線MNPの顛末(2

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑