2万円カー編集委員会「2万円で車を買う!」山海堂

公開日: : 最終更新日:2013/05/12 書評(書籍)



20090415221043








タイトルがやっぱり気を惹く。こういう「なんとか編集委員会」的な個人名のない「編集」の本というのはだいたい面白くないものなんだけど、このくらいのノウハウに特化した本になるとその辺の悪さというのはあまり目立たない


やっぱり2万円でひどい車を買って自分で修理や強度のメンテナンスをする気にはどうしてもなれないんだが、それでも読んでみると、なかなか見えにくい自家用車という制度とか、壊れやすいところとか、そんな普通に新車を買うような人にはあまり役立ちそうにない知識が得られたりして、要は面白い


後半部分は単なるYahoo!オークションの使い方というくらいの内容なので、その辺は知っている人はパス





google adsense

関連記事

no image

本田直之「レバレッジ・リーディング」東洋経済新報社

この本で勧めていることは、奇しくもほとんど私がやっていることだ。この著者は私ではないか? 相当前評

記事を読む

no image

ロバート・キヨサキほか「金持ち父さん貧乏父さん」筑摩書房

米国の(そしてそれは日本にもあてはまるが)一般に成功とされた生き方に対して、財産形成、暇作り、という

記事を読む

no image

グリーンズ編「ソーシャルデザイン ―― 社会をつくるグッドアイデア集」朝日出版社

20120912002026 書き殴った感じの文章。本当にアイデアをいただくための本であり、何

記事を読む

no image

荒濱一、高橋学「 結局「仕組み」を作った人が勝っている」光文社

タイトルに惹かれて購入した本。簡単に読み進められるし、内容的にも事例の紹介の部分と、その纏めと主張の

記事を読む

no image

戸田山和久「論文の教室 レポートから卒論まで」NHKブックス

文章の書き方などの本を読む。結構好きなほうだ。しかし、論じている著者の文章そのもののレベルが悪いもの

記事を読む

no image

林田正光「リッツ・カールトンで学んだ仕事でいちばん大事なこと」あさ出版

ホテル勤務経験の長い著者による接客サービス術に関する知見の集大成。頷ける記述が多く、買って正解。

記事を読む

no image

向谷匡史「人はカネで9割動く 成功者だけが知っている「生き金」のつかい方」ダイヤモンド社

とある信頼する書店で平積みになっていた本。最近、こういうエゲツナイ本ばかり読んでいる気がするが、面白

記事を読む

no image

司馬遼太郎「関ヶ原(上)」新潮文庫

20081220505200 昔読んだものを読み返すことがあってもいい。司馬遼太郎の有名な

記事を読む

no image

竹内正浩「地図だけが知っている日本100年の変貌」小学館101新書

すべての都道府県を取り上げる趣向はいいが、正直、おもしろい県とそうでない県があった。2つ以上を取り上

記事を読む

no image

クリスティン・ニュートン+古賀良子「絵を右脳で描く」旬報社

保育士試験の第1次筆記試験が10科目全部一発合格ということになった。なお、10科目を含む、保育士試験

記事を読む

google adsense

google adsense

pay整理とKyashへの収束

20181209101111 ソフトバンク系と楽天系のポイントが

楽天ペイのアプリとローソン

20181208145713 Rakuten PayがPayPa

銀行の口座振替(引落し)設定の解除

20181207112040 とある事情で、とある業者への支払い

Pixel3の購入と現状の整理

20181120110248 Pixel初代とPixel2が日本

ドコモ「dアカウント」と「ポイント共有グループ」の整理

20181106112305 ドコモに3回線MNPの顛末(2

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑