佐藤優「がっついたビジネスパーソン諸君!何でも聞いてくれ!(知の技法 出世の作法)」週刊東洋経済2009.5.30

公開日: : 最終更新日:2012/03/10 書評(雑誌), 有罪判決, 週刊東洋経済, 佐藤優



情報は共有したうえで、競争することが大事。という導入部分だけメモメモ





・他の雑誌の読者と異なり、本誌の読者は講演会後、聴衆全員の前ではほとんど質問せず、個別に情報を得ようとする傾向が強い。無意識のうちに、情報を自分だけで独占しようという心理が、がっついた若手ビジネスパーソンに働いているのだと思う。しかし、情報は共有したうえで、腕を磨いた者同士の激しい競争を目指したほうが、全体の底上げになり、個人の力も向上する





20090527221321

google adsense

関連記事

no image

高橋由里ほか「産科・小児科・外科…医療の担い手が消える(特集/日本の医者・病院・診療所)」週刊東洋経済2007.11.3

どういう意味なのか、よく分からないけど、興味深かった記事。近所にいつも携帯電話で話をしているお母

記事を読む

no image

山田昌弘「拡大する地域間格差 大変化する家族形態(The compass)」週刊東洋経済2006.1.21

20060130231500 著者は最近ベストセラーを出して有名になった人だ。ビジネス誌でも去年の

記事を読む

no image

佐々木紀彦ほか「落ちる中間層 ホワイトカラーの没落」週刊東洋経済2006.12.9

最近、痛快だったのがこの記事 大企業ほど、こういうところがある。抱え込んだ仕事が多いほど「なくては

記事を読む

no image

山田昌弘「若者の希望を潰す新卒偏重の採用 (The compass)」週刊東洋経済2009.1.24

学者や言論人というのは、自分の言うことを決して変更しない、そしてそれが常に正しいように努力するので、

記事を読む

no image

山川龍雄ほか「日系人という架け橋(特集ブラジル)」日経ビジネス2006年12月18日号

今回のブラジル特集は、日経ビジネスにしては久しぶりにじっくりと読ませる内容だった 引用はその中の一節

記事を読む

no image

片山善博「自民党は末期的症候群『パンと見せ物』の政治だ(特集/政治の混迷、改革の処方箋)」週刊東洋経済2008.9.20

あまり政治を追いかけても仕方のないころだけど、末期的症状であることの再確認と、喩えがすごく面白かった

記事を読む

no image

宮東治彦「新春特別対談 歴史に探る国と企業の盛衰の理」日経ビジネス2006年12月25日・2007年1月1日号

記事は少し古くなる。年初の日経ビジネスにおけるカルロス・ゴーン氏と塩野七生氏の対談より 年末年始に活

記事を読む

no image

仲宇佐ゆり「野村貿易 マクラーレン社のベビーカー(マーケティングの達人に会いたい第148回)」週刊東洋経済2006.10.14

20061101222200 マクラーレンのベビーカーを最近見るようになった。これを誇らしげに押す

記事を読む

no image

田村俊一、小谷昌幸「検証・オリンパス問題 働かなかった外部チェック」日経ビジネス2011.12.26・2012.1.2

20120104090409 見えている会社や国民の困窮に手をさしのべることは、目の前のことであっ

記事を読む

no image

堀田宗路「北斎を支えた最良の「薬」(今様大江戸暮らし)」日経ビジネス2009年6月22日号

北斎の病気と、それに打ち勝つ情熱。国境や人種、文化を超えて伝える力 ・1827(文政10)年、67歳

記事を読む

google adsense

google adsense

pay整理とKyashへの収束

20181209101111 ソフトバンク系と楽天系のポイントが

楽天ペイのアプリとローソン

20181208145713 Rakuten PayがPayPa

銀行の口座振替(引落し)設定の解除

20181207112040 とある事情で、とある業者への支払い

Pixel3の購入と現状の整理

20181120110248 Pixel初代とPixel2が日本

ドコモ「dアカウント」と「ポイント共有グループ」の整理

20181106112305 ドコモに3回線MNPの顛末(2

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑