山口正人・豊田圭一「自分がいなくてもまわるチームをつくろう!」明日香出版社

公開日: : 最終更新日:2012/12/23 書評(書籍), デザイン



20090601013127








だいたい、こういうテーマの本は読むようにしている。新しい発見はほとんどなかったりするが、それでも事例紹介などで使えるものを一つ見つけただけでも、読んだ価値はあったと思う


本著で紹介されている著者の開設するサイトで、著者の言うマニュアルの例を見た。かなり細部にわたるものであり、事例として参考になった


上席の仕事とは何か、ということを教えてくれる。いつまでもハンズオンでフロントエンドのビジネスをすることでは決してない。そしてプレイヤーとして優秀だった人が、コーチや監督としても優秀であるとは限らない




p12.どんなポジションで働いているにしろ、あなたの仕事は量ではなく質で評価されるはずです。たとえ、アルバイトや派遣社員のように時給換算で給料が得られるケースであっても、多くの場合、企業は「時間」ではなく「仕事の成果」への対価として給料を支払っているのではないでしょうか


p13.特にポジションがあがればあがるほど、その傾向は強くなってきます。んまぜなら、チームリーダーのような上に立つ人は、チーム(会社、事業部、部、課など)をまとめることで仕事の成果を出すという役割があり、自分ひとりの働きだけで評価されるわけではないからです


p14.マーケットが評価しているのは、企業がそのモノやサービスをつくるのに費やした時間に対してですか?そうではないですよね。マーケットが評価しているのは、あくまでそのモノやサービスを購入することで得られる価値に対してです


p20.「名選手、名監督にあらず」という言葉があるように、名監督(=リーダー)が必ずしも優れた選手である必要はありません。むしろ、野球やサッカーなどのプロスポーツチームの実績を見てみると、確率的には優れた選手でなかった人の方が名監督になっていると言えるかもしれません。ビジネスにおける組織(チーム)のリーダーもそれと同じで、自身がプレーヤーとして優れているというよりも、リーダーとしてのチームの力を最大限発揮させることが重要になってきます。極論を言ってしまえば、チームの力が最大限発揮できるのであれば、自分自身は何もしなくたっていいのです


p31.創造的破壊を繰り返し、組織が常に発展していくように行動することこそ、リーダーの役割ではないでしょうか。だって、リーダー以外のメンバーは自らが自らの仕事を壊すようなことはなかなかしませんから


p33.リーダーが集中するべきことは、なるべく早い段階で仕組みを作り、自分がいなくても事業がまわるようにすることだと思います。このことは、決して自分が楽になるためという意味ではなく、リーダーにはリーダーの役割があるだろうということです


p44.リーダー自身が残業をしないように意識することが大切な理由として、チームのメンバーにとっては、リーダーが残業をしているのに自分が先には帰りづらいということも上げられます。それに、リーダー自身が残業するような状況は一時的にはいいかもしれませんが、それが慢性化しているようであれば、仕事や組織のしくみそのものを見直す必要があるのではないでしょうか


p48.マニュアル化するのは、まさに「頭を使わずに業務をこなすため」と言えます。自分の頭で考えないといけない仕事もたくさんあれば、作業的なものもたくさんあるわけです。そして、それらの仕事は頭を使わずに効率的にこなす方が成果が得られることもあります


p49.会社としての仕事の進め方が確立されているのに、それを新しくは言ってきた社員が継承せずに、彼らが自分なりの工夫で仕事をやるというのでは、効率が悪いばかりか成果にもばらつきが出てきてしまいます。企業はチームとして最短距離で成果を出す必要があり、そのためにマニュアル化をすることが最も効率的なのです。マニュアルがあることで、最も効率の高い仕事の進め方ができるとすれば、それを活用しない理由がありません


p50.マニュアル化することのメリットをまとめてみると、次のようなものになります。・業務の流れが明確になり、誰でもその把握が可能になる。・業務をやる人が変わっても、同じクオリティーが保証される。・ムダな作業の発見や削除に繋がる。・教育時間の短縮およびトレーニング労力の軽減が図れる


p55.ブレストや雑談のようなミーティングの中から新しいアイデアが出てくることだってあります。その場合、例えばオフィスから外に出てカフェなどでお茶をしながらやってもいいでしょうし、そういう目的の飲み会をやってもいいかもしれません


p64.世の中には他人に仕事を任せられない人がいます。人に任せて仕事のクオリティーが落ちるのが嫌なのか、あるいは自分でやらないと気が済まないのかわかりませんが、仕事の出来る人でこの傾向を持っている人は、とてももったいないと思います。なぜなら、仕事の出来る人こそ、任せられることはなるべく任せて、もっと違う分野で能力を発揮する方がチームにとっても有効だからです。だから、任せることができるなら、全部任せるべきです


p117.「この仕事をしてください」と言われても、いったいどの位の時間で、どの位の量をこなさなければいけないのか、この仕事の目的は何なのか、誰と一緒に仕事をするのか、何かあった時には誰に相談すればよいのか、その仕事の優先順位はどうなっているのか等々、具体的な指示がなければ仕事というものは適切に進めることが出来ません


p126.マニュアルはそこに書いてることしか考えないような、柔軟性に欠けた人間を作り出すという結論に結びつけられてしまうようです。確かにマニュアルは完全なものではありません。しかし、それはどんな良い薬でも副作用のない薬はないことに似ています。そして、マニュアルはこの種の副作用を補ってあまりあるだけの効力もあるのです







google adsense

関連記事

no image

ロバート・キヨサキほか「金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント」筑摩書房

豊富な事例を滝のように出してくれる。同じ主張を、手を換え品を換え、これでもかこれでもかと説得される

記事を読む

no image

ひろゆき「2ちゃんねるはなぜ潰れないのか?」扶桑社新書

”梅田望夫「ウェブ進化論」ちくま新書”を読んだら、こっちも読んでおいたほうがいい、とどこかに書いてあ

記事を読む

no image

チップ・ハースほか「スイッチ!」早川書房

象と象使いの比喩は今後も使える。セルフコントロールも有限だという話も、自分に都合よく使えそう。ほか、

記事を読む

島田荘司「占星術殺人事件 改訂完全版」講談社文庫

20140503161435 占星術殺人事件 改訂完全版 (講談社文庫)著者 : 島田荘司講談社発

記事を読む

no image

三島邦弘「計画と無計画のあいだ」河出書房新社

20120710003253 独自の方法で作る出版社。同様の話はいくらでもあるのだろうけれども、そ

記事を読む

no image

安保徹「40歳からの免疫力がつく生き方」静山社文庫

白血球の内訳なんて、いままで興味をもっていなかった。血液検査の数値を読むのがおもしろくなった 嫌気

記事を読む

no image

金井寿宏・高橋俊介著「キャリアの常識の嘘」朝日新聞社

構成が面白い。2人がキャリアに関する20の質問にそれぞれの考えで答えを出していく。読者はそれを比較し

記事を読む

no image

佐藤可士和「佐藤可士和の超整理術」日本経済新聞出版社

超整理術というよりは、仕事術として読んだ。というのは、整理術に関する新しい知識をい感じなかったら。む

記事を読む

no image

芦永奈雄「コミュニケーション力を高める文章の技術」フォレスト出版

20100918215229 文章の技術、というよりは、一言、「言いたいことを探せ」という

記事を読む

no image

外山滋比古「思考の整理学」ちくま文庫

本の帯に魅力的な惹句がある。”もっと若い時に読んでいれば…”。確かにそう思わせる一冊。1986年発売

記事を読む

google adsense

google adsense

pay整理とKyashへの収束

20181209101111 ソフトバンク系と楽天系のポイントが

楽天ペイのアプリとローソン

20181208145713 Rakuten PayがPayPa

銀行の口座振替(引落し)設定の解除

20181207112040 とある事情で、とある業者への支払い

Pixel3の購入と現状の整理

20181120110248 Pixel初代とPixel2が日本

ドコモ「dアカウント」と「ポイント共有グループ」の整理

20181106112305 ドコモに3回線MNPの顛末(2

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑