木下晴弘「涙の数だけ大きくなれる!」フォレスト出版

公開日: : 最終更新日:2012/08/12 書評(書籍)



書評や、この本の頭書きの推薦にあるように、泣きっぱなしとか、何度もゆっくりと読み返すとか、そういうことは自分にはなかった。それでもシンプルで力強い主張が印象的だった佳作。




p12.人が変わる瞬間というのは、そこに「涙」の存在があります。感動とともに、あふれた感情は自分を浄化していきます。しかし、多くの人はそうした感情を押し殺して生きているように思います


p29.「ただ、人間は欲が深いですよね。その時、その場所に立つと、もっと欲が出てくる。もちろん、欲求自体は悪いことではありませんよね。問題はそこからなのです。あとからわいてきた欲求がかなえられないからといって、なんて自分は不幸なんだろうと嘆いたり、なんてこの子はダメなんだろうと文句を言ったり、それでは目の前の幸せにも気づかなくなりますよね」


p76.「たとえば、それが吉野家というわけだろう。だからあのお金で、あの味のものが、あの短い待ち時間で食べられる。それが極めて有効な問題解決になるから、お前たちは行ってお金を払って食べるんだろ。もし誰かが自分の前にある大きな壁を取り払い、問題を解決してくれたら、お前たちはその人に何て言う?」


p92.驚いたことに、その佐賀北高校、試合中に相手チームを褒めるのです。例えば、相手がカーンとヒットを打ったとします。すると佐賀北の一塁手が、塁に立った相手走者に言うのです。「ナイスバッティング」。佐賀北と対戦して敗れたチームはみな佐賀北のファンになってしまったのです


p140.さて、生徒たちが両親にあてた手紙はどうするのか? 実はその日の深夜、生徒が寝た後で、先生たちは車で生徒の自宅に一番近い郵便局を回って、その手紙を投函していくのです。生徒たちが翌日帰宅するよりも早く、彼らの感謝の気持ちを両親に伝えるためです。その手紙には、生徒に内緒で速達の印が押されているのです。一刻も早く、彼らの自宅に届くように…


p154.「当たり前のことを当たり前と思えないほどの情熱でやる人たちには、そういう人たちのサークルがあって、つながりあってステージとして用意されている。当然、そういう人たちの人生は情熱的な人生であり、そこに触れた君たちも情熱的に生きることになる」


p169.私たちが何かの行動を起こした時に得られるものは「失敗」でも「成功」でもなく、「ある気づき」であるということです




20090608002416





google adsense

関連記事

no image

小倉昌男「小倉昌男経営学」日経BP社

時節柄、追悼の記事がそこかしこに掲載される。日経ビジネス2005年7月11日号の記事は、この本の執筆

記事を読む

no image

山根一眞「メタルカラーの時代1」小学館文庫

20111223080312 福島の原子力発電所が事故になったせい、関東で電力供給が悪くなり、さら

記事を読む

no image

井沢元彦「古寺歩きのツボ」角川oneテーマ21

おもしろかった。内容は簡単。しかし、半分以上は既に知っている知識だったので、これは話半分というところ

記事を読む

no image

宮脇修一「造形集団海洋堂の発想」光文社新書

20130319225803 なにかの書評で見て面白そうなので読んだ。実は10年以上前の古

記事を読む

no image

竹内薫「99・9%は仮説」光文社新書

20100507220350 これもかなり昔の本になってしまった。内容は面白いが、誰が読む

記事を読む

no image

佐藤富雄「コロリ力」経済界

面白い内容でスラスラと読み進められる。たまたま温泉に行っていたときに読んでいた本。そういう読んだとき

記事を読む

no image

日下公人「もっと頭のいい『生き方』をしろ!」三笠書房

20050920025730 また、少し古い本を読んでしまった。2001年に刊行された本

記事を読む

no image

野内良三「日本語作文術」中公新書

読み捨てる本ではない 筆者のこの文章自体が、主張を実践している。たとえば、同じことを言うときに

記事を読む

no image

ライフビジョン21「ワルに学ぶ『実戦心理術』」王様文庫

著者が不明。したがって内容をあまり信用しないようにする。ただ、内容が面白そうなので、話半分で読み捨て

記事を読む

no image

佐藤優「獄中記」岩波現代文庫

著者の著作は、これでいったん打ち止め。以下を含めて3冊を立て続けに読んだ 佐藤優「国家の罠-外

記事を読む

google adsense

google adsense

pay整理とKyashへの収束

20181209101111 ソフトバンク系と楽天系のポイントが

楽天ペイのアプリとローソン

20181208145713 Rakuten PayがPayPa

銀行の口座振替(引落し)設定の解除

20181207112040 とある事情で、とある業者への支払い

Pixel3の購入と現状の整理

20181120110248 Pixel初代とPixel2が日本

ドコモ「dアカウント」と「ポイント共有グループ」の整理

20181106112305 ドコモに3回線MNPの顛末(2

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑