堀田宗路「北斎を支えた最良の「薬」(今様大江戸暮らし)」日経ビジネス2009年6月22日号

公開日: : 最終更新日:2012/02/10 書評(雑誌), 日経ビジネス

北斎の病気と、それに打ち勝つ情熱。国境や人種、文化を超えて伝える力

・1827(文政10)年、67歳の時に北斎は中風になった。今でいう脳卒中である。この時、北斎は柚子をすりつぶして日本酒に溶かして飲む自家療法によって立ち直ったという。さすがにこの年、北斎の描く作品はなくなるが、翌年からは絵手本(絵画学習のための教習本)などが上梓されていく。間もなく70歳を超えて、北斎が描き始めたのが、彼の代表作「富嶽三十六景」。巻き上がり、覆い被さってくる、大きな波の向こうに雪を頂いた富士山が見える「神奈川沖浪裏」は同シリーズの最高傑作である。これを見たゴッホは驚嘆し、ドビュッシーは交響詩「海」を作曲している。驚くべきことに、こうした北斎芸術が完成を見たのは、中風直後の70歳以降なのである。北斎も言い切る。「七十歳前に描くところは実に取るに足るものなし」。すさまじいばかりの絵への執念である

20090626001016

google adsense

関連記事

no image

田中陽「高田明氏 思いを電波に乗せて売る(ひと劇場 地方の異能経営者)」日経ビジネス2007年3月12日号

ジャパネットたかた社長の話。文章が上手だった。というよりも題材が良すぎた? 私が、心を揺すぶられる経

記事を読む

no image

須賀彩子「不動産市場に忍び寄る地殻変動で生き残り図る新興不動産の”逆バリ戦略”(産業レポート)」週刊ダイヤモンド2007/10/20

これって理屈がおかしいですよね。善解しても、相当端折った書き方か、または文章が推敲されていないという

記事を読む

no image

塚田紀史「『マルクスは生きている』を書いた不破哲三氏に聞く(Books & Trends)」週刊東洋経済2009.6.13

週刊東洋経済の懐の深さ。この号は、リクルートやYahoo!などの広告業の特集もおもしろいし、佐藤優の

記事を読む

no image

佐藤優「「若いやつを鍛える」で組織は維持できない(知の技法 出世の作法 第249回)」週刊東洋経済2012.06.16

20120904234111 外務省という組織で最終的に失職とはなった。それでもその後にこの人

記事を読む

山と渓谷2013年11月号

20140413110737 山と溪谷2013年11月号著者 : 山と渓谷社発売日 : 2013-

記事を読む

no image

田中陽ほか「藤原秀次郎会長が説く マニュアルこそ優しさの象徴(特集しまむら流)」日経ビジネス2006年5月22日号

20060527004137 浦和で降りられずに大宮とは、なんともリアルでドラマティックな。とても

記事を読む

no image

「廃線再生! 京都トロッコの立役者(特集/「鉄道」再起動)」週刊東洋経済2012/02/25

20120813021140 ここまで真剣にできるほど、おもしろい、大切な、期待された、そんな

記事を読む

no image

大竹文雄「農家はなぜレタスを処分するのか(経済を見る眼)」週刊東洋経済2011.9.3

思い出したのが、高校でもうすぐ卒業のときの、クラスの担任でもない化学の先生の、最後の授業。ある宗教団

記事を読む

no image

大宅映子「本来あるべきゴルフの姿に」週刊東洋経済2005.7.23

20050722001100 ゴルフが接待用に調整されている日本の現状に対して憂いを表明する。現在

記事を読む

no image

新井美江子ほか「特集 新・ニッポンの接待」週刊ダイヤモンド2012/6/23

20120620004052 今週は非常におもしろい特集 確かヨーロッパのほうでは民間同士の賄賂

記事を読む

google adsense

google adsense

pay整理とKyashへの収束

20181209101111 ソフトバンク系と楽天系のポイントが

楽天ペイのアプリとローソン

20181208145713 Rakuten PayがPayPa

銀行の口座振替(引落し)設定の解除

20181207112040 とある事情で、とある業者への支払い

Pixel3の購入と現状の整理

20181120110248 Pixel初代とPixel2が日本

ドコモ「dアカウント」と「ポイント共有グループ」の整理

20181106112305 ドコモに3回線MNPの顛末(2

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑