ハロルド・ウィンター「人でなしの経済理論」バジリコ

公開日: : 書評(書籍)

その副題のとおり、トレード・オフについて手を変え品を変え論じている。いくつか印象的なケースを紹介しながらの説明は、主旨はしっかりと伝わる。最近はあまり聞かなくなったが、耐震偽装事件などを契機としたコンプライアンス不況と同種の問題を提起している
要は「法と経済学」を論じているのだが、不法行為法を使うか契約法を使うかの違いという文脈は、そのまま訳されても多くの日本人には意味不明だろう。これも含めて、総じて、あまりキレイに整理されていない印象を受ける。オリジナルもこのくらいの章立てなのかもしれないが。この訳者は有名だったと思うが、その名に照らして違和感を感じた。また、初めて聞く出版社であることも少し不信感
タバコについては、人に迷惑をかけないかぎり、どんどんやって欲しい。吸わない自分になんらの影響がない限りにおいて、喫煙者はその納税につき尊敬に値する

p077.図書館の場合だと、医学雑誌の独占講読価格は、一部の個人には手が届かないものだった。あるいは、一部の人は雑誌丸ごとには価値を感じず、論文2、3本にしか価値を見出さなかった。でも、取引費用が高すぎて、出版社としては読者一人ひとりに論文1本ずつ取引交渉する余裕はなかった。法定は、出版社が個別論文を販売するような市場による解決策がないかも実際に考えてみた。でも多数派意見は、そんな市場は実現できないと考えた。そして法廷は、一部の個人が市場から排除されるなら、フェアユースはそうした個人が市場以外のメカニズムを通じてそうした論文のコピーを入手できると論じた。でもこれはおもしろい問題を提起してくれる。もし企業の製品のコピーを手に入れるのが、顧客にならなかったはずの人々なら、フェアユースに異議を唱える企業なんかいないはずでは? 別に客が失われるわけじゃないんだから、気にすることはないのでは?
p088.この質問をすると、多くはこれで十分禁止すべきだと答える。そこでぼくは、それならきみたちの車の鍵を引き渡しなさいと言う。というのも、製品Xというのはタバコじゃなくて、自動車だからだ
p146.人は他人のものよりは自分のものを大事に扱うことが多い。所有権はそれ自体として人のふるまいに影響する
p191.大規模停電が社会にすさまじい費用をかけるのは間違いないことだ。でも、何十億ドルもかけて停電の頻度がごくわずかしか下がらないなら、停電頻度低下による期待便益は、設備投資よりはるかに小さいかもしれない。例えば、停電が起きたら5000億ドルというすさまじい社会的費用がかかるとしよう。そして停電をゼロにするには250億ドルしかかからないとする。これだけ見ると、これは実にお得な投資に思える。でも、もともとの停電率が1パーセントで、それがゼロになるという話なら、250億ドルの投資が実現するのは5000億ドルの費用節減じゃない。平均では、そのたった1パーセント、つまり50億ドルだ。たまに停電が起こるのを完全に阻止するだけなら、費用対効果の高い方策は存在しないかもしれない。そして、停電の最適頻度があるはずだという議論はヘンテコに聞こえるかもしれないけれど、実はまさにそれが正解なのかもしれない。ぼくに言わせれば、停電問題は、悲劇がそれ自体として公共政策の対応を決定づけてしまう好例だ。第2章で論じたように、適切な政策的解決を考える前に、その悲劇の恐怖から自分を切り離すことが重要だ。停電の時、専門家のだれ一人として、最適な対応は何もしないことかもしれないと結論づけなかったのはなかなかおもしろい。26年で大規模停電がたった1回というのは、なかなかすごいことじゃないだろうか。そのまま元の状態に復帰すれば、また何ごともなく26年やっていける可能性は高い。あるいは、大金をかけても今すぐ直しておくべき問題があるのかもしれない。正しい解決策は何だろう。そもそも正しい解決策なんてあるの?

20090817190405

google adsense

関連記事

藤井厳喜「アングラマネー タックスヘイブンから見た世界経済入門」幻冬舎文庫

20140404175350 アングラマネー タックスヘイブンから見た世界経済入門 (幻冬舎新書)

記事を読む

no image

リリアン・R・リーバー「数学は世界を変える」ソフトバンククリエイティブ

副題が「あなたにとっての現代数学」。といっても、第二次世界大戦中に書かれた、少し古いものだ。著者は四

記事を読む

no image

野口吉昭「コンサルタントの習慣術」朝日新書

p25.ある都市銀行の方と一緒に仕事をしたときに聞いた話がある。彼は、若いときに、ヒサヤ大黒堂の担当

記事を読む

no image

木暮太一「いまこそアダム・スミスの話をしよう 目指すべき幸福と道徳と経済学」マトマ出版

20120505184150 既存の評価にとらわれずに、原著にあたって解説してところ。しかもその解

記事を読む

no image

高橋朗「黄金のおにぎり」ナナ・コーポレート・コミュニケーション

購入すべき本だ だいぶ前に買って読んでなかったものだ。もっと早く読むべきだった 「たった3時間で

記事を読む

no image

三枝匡・伊丹敬之『「日本の経営」を創る』日本経済新聞出版社

2人の対談を本にしたようなもの。2人ともすごく偉人に見える。実際、そのとおりなんだろうと思う もう

記事を読む

no image

カズオ・イシグロ「日の名残り」ハヤカワepi文庫

外国を舞台に外国人が活躍する小説には、登場人物の名前を覚えることから始まる、一定の負担がある。しかし

記事を読む

no image

中村彰彦「知恵伊豆に聞け」実業之日本社

「知恵伊豆」という言葉をときどき耳にするのだが、どのような人で、そのように呼ばれるようになった実績と

記事を読む

no image

水沢潤「日本一の大投資家が語る大貧民ゲームの勝ち抜け方」自由国民社

この本の初版は2003年11月5日である。この日のTOPIXは1,063.31。日経平均は10,83

記事を読む

no image

手嶋龍一・佐藤優「インテリジェンス 武器なき戦争」幻冬舎新書

実は諜報関係の話は好き。こうやって気になるところをメモしていると、佐藤氏の発言のほうが圧倒的に多いな

記事を読む

google adsense

google adsense

pay整理とKyashへの収束

20181209101111 ソフトバンク系と楽天系のポイントが

楽天ペイのアプリとローソン

20181208145713 Rakuten PayがPayPa

銀行の口座振替(引落し)設定の解除

20181207112040 とある事情で、とある業者への支払い

Pixel3の購入と現状の整理

20181120110248 Pixel初代とPixel2が日本

ドコモ「dアカウント」と「ポイント共有グループ」の整理

20181106112305 ドコモに3回線MNPの顛末(2

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑