マーク・ピーターセン「日本人の英語」岩波新書

公開日: : 最終更新日:2013/01/13 書評(書籍), 文章術/レトリック



20090930220827








久しぶりに岩波新書を読んだ。古い本


不定冠詞のaとそれにつけられたglassという名詞、というのが目から鱗。また、乗り物に乗るときのonとinの違い、など興味深い説明が多い




p13.ちゃんとした意味を持っていたのは、”a second glass of the old Madeira”のglassではなく、そのaである。そして、glassという名詞の意味は不定冠詞のaに「つけられた」ことによって決まってくる。あるいは、これは文脈にもよるが、”a glass”に対して、たとえば、定冠詞の”the glass”は「例の一杯」という意味に、定冠詞の”glass”は「硝子」という意味になることもある


p16.本当は、aという言葉で意味的カテゴリーをたててから、それに適切な名詞を探していって、結局manに決めるのが英語の思考プロセスであるので、英語の「冠詞用法」を理解するためには、manにaをつけるという類の考え方は役に立たないであろう。むしろ、その理解を妨げる可能性が強いような気がする


p29.翻訳するとき、名詞の使い方の問題だけに限れば、英語から日本語に行くより、日本語から英語に行く方がよほど難しいような気がする


「『ない』は『何もない』という意味ではないか、『ゼロ』ではないか、『なさ』には度合いがあるか、『なさすぎる』なんて、どうしても私に納得できないことである。英語は決してそういう非論理的な言い方を許さない」


p45.冷蔵庫というものは、どの家庭にでもあるというふうに意識されるが、電子レンジはまだそこまで普及していない。her microwaveのherの単なる所有関係に対して、the freezerのtheは、the freezer that is the expected pert of any homeという意味を与える


p53.このセンテンスのtheの意味的カテゴリーに入っているbeginningやheaven、earthも、語り手と聞き手の間の相互理解では、3つともそれぞれ「一つしかないもの」であるので、それ以上限定するまでもなく、3つともそのままtheのカテゴリーに入ってもよいのである


p70.これは乗る人と乗り物の運転との意識の上での距離の問題である。例えば、airplane、ship、busなどの場合、乗る人は一人の乗客にすぎず、乗り物の運転に特に何の影響も及ぼさず、ただ貨物のように「運ばれている」感じが強い。それに反して、car、taxt、private、aircraftなどに乗せてもらう場合、自分とその運転との距離は意識の上で全然違うものである。単に「運ばれる」のではない。乗り物の運転と自分との間につながりがいくらか感じられるために、これらに乗っている状態はonではなく、”in”となる


p73.outというのは三次元関係を表し、動詞に「立体感のあるものの中から外へ」という意味を与える。それに対して、offというのは二次元関係を表し、動詞に「あるものの表面から離れて」という意味を与えるわけである


p81.come over (to my house)は単なる(come to my house)よりずいぶん柔らかい、リラックスした、インフォーマルでフレンドリーな印象を与える。come aroundもまさにそうであるがcome overのやや「一直線」的な感じに対して、come aroundでは、いくらか「回ってくる」ような、「ついでによる」ような気持ちが入っているので、謙遜な雰囲気がわずかに出てくるのである


p100.どうして英語と日本語との間にこういう違いが出てくるかというと、いつも「時」のことばかり気にする英語の特徴に対して、日本語は、「時」事態に関して特に気にせず、いつも「相」(aspect)のことばかり気にするからである。それは簡単にいいかえれば、英語にとっては行動と状態の時(the timing fo the action or condition)がもっとも大事であるが、日本語にとっては行動と状態の完了の程度(the degree of completion of the action or condition)がもっとも大事なのである


p114.By the time I got to Phoenix, she had cried for two hours straight. She has cried for two hours altogether.







google adsense

関連記事

no image

司馬遼太郎「関ヶ原(下)」新潮文庫

20090108215000 "司馬遼太郎「関ヶ原(上)」新潮文庫"、そして"司馬遼太郎「

記事を読む

no image

金出武雄「素人のように考え、玄人として実行する」PHP文庫

ページを繰るたびに新鮮な刺激を受ける。コンピューターと人、発想の仕方、研究の仕方。素朴な分析と深い考

記事を読む

no image

松島庸「追われ者」東洋経済新報社

昔の本だが、縁あって読むことになった いまとなっては旧聞に属するクレイフィッシュの事件。一つの企業

記事を読む

no image

金森誠也監修「30ポイントで読み解くクラウゼヴィッツ『戦争論』」PHP文庫

こっち用に購入した本のうちの1つ 戦争を専門家として分析したのであって、正当化したのではない。なん

記事を読む

no image

原田泰「なぜ日本経済はうまくいかないのか」新潮選書

20111106224522 ただの批判や混ぜっ返しで終わらず、分かりやすいようにかみ砕い

記事を読む

no image

堀紘一「人と違うことをやれ」PHP文庫

こういう自己啓発本は、このブログの過去ログを見るまでもなく、いろいろと読んできたが、久々に結構メモの

記事を読む

no image

山根一眞「メタルカラーの時代4」小学館文庫

20111229234733 ずっと読んできてる。このシリーズのパターンが分かってきたっぽい 山

記事を読む

no image

加登豊「インサイト管理会計」中央経済社

前書きに「知識と洞察力が必要なビジネスパーソン向けの本は、不思議なことにこれまで存在しなかった。この

記事を読む

no image

宮城谷昌光「新三河物語 中巻」新潮社

hiog: 宮城谷昌光「新三河物語 上巻」新潮社 のつづき 中巻における主な目線は、割合の順とし

記事を読む

no image

畑村洋太郎「みるわかる伝える」講談社

面白い。いくつか具体的な事例の紹介もある。すんなりと読み進められる平易さ。人にものを理解させる、知識

記事を読む

google adsense

google adsense

pay整理とKyashへの収束

20181209101111 ソフトバンク系と楽天系のポイントが

楽天ペイのアプリとローソン

20181208145713 Rakuten PayがPayPa

銀行の口座振替(引落し)設定の解除

20181207112040 とある事情で、とある業者への支払い

Pixel3の購入と現状の整理

20181120110248 Pixel初代とPixel2が日本

ドコモ「dアカウント」と「ポイント共有グループ」の整理

20181106112305 ドコモに3回線MNPの顛末(2

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑