佐々木常夫「男性社員の育児休業は本人も会社にもプラス(ワークライフバランスを実現する仕事術 第33回)」週刊東洋経済2010.1.9



20100406092423





育児休暇は育児のための休暇であって、それ以上でも以下でもない。育児休暇が「出世をあきらめた」わけでもなければ、逆に「会社にとっても本人にとってもプラス」でもない


出世が遅れても、職場への貢献がそれだけ分は、別に差別と思わない。本人の経験が魂の成長に結びついたのは結果論に過ぎず、もとより何ごとからも得られない人もいる。やっぱり本質的には「子を育てる」ことが、「会社に貢献して対価を得る」ことと時間的または体力的に抵触し、かつ前者が極めて時期的な制約や代替不可能性を相対的に持っているから優先されるというに過ぎない、って感じ


そもそも育児休暇を論じられるのは大きな団体/会社の職員/従業員に限られる。自営業では望むべくもない、極めて贅沢なことだ。ただ自営業なら自立的に育児に時間を割り当てることもできよう


つまり、「1つのことに人生のほとんどを傾注する」ことへのアンチテーゼとして育児休暇を考える




・私は「1年間の育休を取れるか」と問われたら、とても自信がない。会社の自分の仕事を止めて1年間も休みをとるなど、とんでもないキャリアロスになるような気がするからだ


・しかし、よく考えてみるとビジネスマン人生では、重要でもない暇な部署や不遇な部署に配属されたり、海外でも滅多に人が来ない国の駐在員になった人が、そのときの経験を活かして特別なスキルを身に付けたり、自分なりの人生観を築いて、後で頭角を現してくる例がいくつもある。病気で2-3年会社を休んだ人の同じような例も少なくない。時間があるときに多くの本を読んだり、会社以外の場で違った経験をしたりすることが、人間の幅を広げていくのだろう


・60歳超まで40年間働き続ける期間の中で、1年や2年の休憩はどうということもない。山田さんのように職場に復帰してから仕事の風景が違って見え、そのことが組織によい意味での変化を起こすことに繋がるかもしれない。そう考えると男性の1年間の育休は、本人にとっても会社にとってもプラスになると考えていいのではないか


・私は長時間労働をする罪として、プロ意識の欠如、バランス感覚の欠如、想像力の欠如に加え、向上心の欠如を挙げている。すなわち自分に与えられた仕事ばかりしていて、自己啓発により自分の能力を高めようという志がないことを言っている。己の細かい仕事にのみ埋没して自分の成長投資をしない危うさを悲しむのである







google adsense

関連記事

no image

ロスチャイルドの富は「情報力」で築かれた(社会科学の女王か金儲けの手段か)」週刊東洋経済2007.9.8

ネイサン・ロスチャイルドが相場で大儲けをする有名な話。ここで気になったのは次の文章 ・仮にネイ

記事を読む

no image

塚田紀史「『マルクスは生きている』を書いた不破哲三氏に聞く(Books & Trends)」週刊東洋経済2009.6.13

週刊東洋経済の懐の深さ。この号は、リクルートやYahoo!などの広告業の特集もおもしろいし、佐藤優の

記事を読む

no image

菅原雅信ほか「化粧なき素顔をさらす(特別企画 人材奔流)」日経ビジネス2008年3月3日号

20080430060000 プロというのはいったい何だろうかと思わせる記事。やはり、「その人でな

記事を読む

no image

野口悠紀雄「英語力が国力を決める時代(「超」整理日記)」週刊ダイヤモンド2006/10/07

週刊ダイヤモンドの最新号は、「外国が日本のことをどのように見ているか」という、日本人好みといわれるテ

記事を読む

no image

江田憲司ほか「官僚支配からの脱却と国民の望行政改革の実行こそ急務(日本の政治を問う!)」週刊東洋経済2008.9.27

恐い恐い恐い ・私が橋本総理の政務秘書官のとき、最大のスーパー権力官庁の大蔵省分割がテーマとな

記事を読む

no image

鎌塚正良「ザッポス・ドットコムCEO トニー・シェイ(編集長インタビュー)」週刊ダイヤモンド2012/01/14

20120117003345 ・私は自分のおカネのためにザッポスを経営しているわけではありませ

記事を読む

no image

佐藤優「うまくやれとの指示にどう応えるか(知の技法 出世の作法 第246回)」週刊東洋経済2012.05.26

20120914223543 上司が「うまくやれ」とわざわざ曖昧に指示しているのに、記録と

記事を読む

no image

野口悠紀雄「株式会社はリスクに挑戦しなければ存在意義がない(社会科学の女王か金儲けの手段か)」週刊東洋経済2007.11.3

20080611060000 宮内義彦「経営論」において、会社がオーバープレゼンスだと言っていたこ

記事を読む

no image

梅沢正邦「ミタルvs.王子製紙 2つのTOB 2つの経営者像」週刊東洋経済2006.11.18

気になった記事。M&A、ひいては経営全般に対する2人の経営者のスタンスの違い あきらめない。成功する

記事を読む

no image

麻生祐司ほか「現場に広がる縄張り意識 問われる日産ウェイの真価(特集ゴーン大反論)」週刊ダイヤモンド2007/06/09

・じつは日産ウェイには別の思いも込められている。社員の評価軸の再構築である。日産の人事評価制度は日本

記事を読む

google adsense

google adsense

pay整理とKyashへの収束

20181209101111 ソフトバンク系と楽天系のポイントが

楽天ペイのアプリとローソン

20181208145713 Rakuten PayがPayPa

銀行の口座振替(引落し)設定の解除

20181207112040 とある事情で、とある業者への支払い

Pixel3の購入と現状の整理

20181120110248 Pixel初代とPixel2が日本

ドコモ「dアカウント」と「ポイント共有グループ」の整理

20181106112305 ドコモに3回線MNPの顛末(2

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑