BusinessWeek「バフェット氏のCEO操縦法(リポート)」日経ビジネス2010.4.5

公開日: : 最終更新日:2012/12/31 書評(雑誌), 日経ビジネス



20100725121313




投資先の1つである米地銀M&Tバンクのロバート・ウィルマーズCEOは、バフェット氏をすばらしい助言をくれる「プライスレスな相談相手だ」と話す。1979年に米クライスラーの救済に参加するよう当局や投資銀行から圧力をかけられた時、ウィルマーズ氏は相談した。その時のバフェット氏の簡潔な助言は「儲けさせてくれない奴ほど話が長い」だった。バフェット氏は投資銀行家を「役に立たない、利己的なおしゃべり」としか見ていない




「仕事のできない奴」と「話が長い奴」には優位な相関関係がある。レポート先に多大な時間をとらせるべきではない。長い話をすることは「熟知の法則」の観点から合理的な行動であることは、なんとなく気づいてやっている。しかし、仕事のできない奴が、そんな概念を知っているようには思えない。これを見抜き、防止する意志が必要





google adsense

関連記事

no image

井上裕「金川千尋氏 最後は経営力で勝つ(編集長インタビュー)」日経ビジネス2006年3月6日号

昨日の"宮東治彦・小笠原啓「成長の限界に挑んだ信越化学 金川千尋怒りの経営」日経ビジネス2006年3

記事を読む

no image

石川潤「アイフル全店処分の必然(時流超流)」日経ビジネス2006年4月24日号

与謝野大臣については前にも気になったことがあった。"「金融相、信用取引、担保除外を批判―ライブドア株

記事を読む

no image

山田昌弘「『女ー女』格差の出現という難題(The compass)」週刊東洋経済2007.11.3

20080612060000 おもしろい分析だ。最初は、すごい20代女性の身勝手、と思ったが、社会

記事を読む

no image

「CSに「即効薬」なし(特集 2012年版アフターサービスランキング)」日経ビジネス2012.7.30

20120804164843 日経ビジネスの恒例の特集。かなり影響力を持つものと思う。自分でもこれ

記事を読む

no image

竹田孝洋「日経平均より経済実態を反映 『大証修正平均株価』」週刊ダイヤモンド2005/10/22

景気の動向が日経平均の騰落で論じられることについて、以前から気になっていた。この思いを強くしたのが、

記事を読む

no image

池田信太朗ほか「凡事徹底の半世紀(特集 ベイシアの諦めない経営)」日経ビジネス2008年7月14日号

先日、北関東の地方都市に行って国道を通っていたら、道の両脇にベイシアとカインズホームがあった。少し行

記事を読む

no image

長谷川高宏「毒ギョーザ騒動と危険妄想のウソ」週刊東洋経済2008.2.16

・どうやら“事件”の様相が強まってきた。JTの子会社が販売していた中国製商品によって各地で食中毒が引

記事を読む

no image

「注目の高濃度ビタミンC点滴ガン治療には効果があるのか(特集超健康術)」週刊ダイヤモンド2011/12/31・2012/01/07新年合併号

20120114003115 今週号は力が入っている。この特集は面白い。読者層にうまくピントをあわ

記事を読む

no image

野口悠紀雄「都知事選での大差と『宇宙戦争』の火星人(「超」整理日記)」週刊ダイヤモンド2007/04/28・05/05合併号

なるほどねえ。マラソンを開催したとか、オリンピックを開くとか、そういう争点についてもっとも正鵠を射て

記事を読む

no image

内田樹「終身雇用を死守しよう(編集長インタビュー)」日経ビジネス2009年6月8日号

20090620180947 主張は記憶に残らなかったけど、引証は記憶に残った ・エコという

記事を読む

google adsense

google adsense

pay整理とKyashへの収束

20181209101111 ソフトバンク系と楽天系のポイントが

楽天ペイのアプリとローソン

20181208145713 Rakuten PayがPayPa

銀行の口座振替(引落し)設定の解除

20181207112040 とある事情で、とある業者への支払い

Pixel3の購入と現状の整理

20181120110248 Pixel初代とPixel2が日本

ドコモ「dアカウント」と「ポイント共有グループ」の整理

20181106112305 ドコモに3回線MNPの顛末(2

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑