岩崎夏海「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」ダイヤモンド社

公開日: : 最終更新日:2012/02/03 書評(書籍)



それなりに面白かった。じっくりと練られている


うまくドラッカーを伝えられている。また野球というスポーツ、それも高校野球という舞台設定をうまく絡められている


これは、ドラマ化または映画化されるに決まっている




p55.「つまり、『野球をすること』というのは、ここでいう『わかりきった答え』なのよね。だから、それはたぶん違うと思うの」


p128.「そうよね! 合ってるよね!」とみなみも、興奮して激しくうなずきながら言った。「私、知ってるの。一人、野球部に感動を求めている顧客がいることを!


そうなんだ、彼女が顧客だったんだ。そして、彼女が求めているものこそが、つまり野球部の定義だったんだ。だから、野球部のするべきことは、『顧客に感動を与えること』なんだ。『顧客に感動を与えるための組織』というのが、野球部の定義だったんだ!」


p287.いきなり、教室に大きな声が響き渡った。「そういうピッチャーはいないんだ!」 みなみは、びっくりして教室を見回した。


p305.そのためには、まずは「試合の魅力とは何か?」を分析しようと文乃は考えた。そこで、加地と二人で「試合にあって練習にないもの」は何か――というのを話し合った


p347.野球部がイノベーションを実現するためには、まず、既存の高校野球は全て陳腐化すると仮定するところから始めなければならなかった。そのうえで、高校野球の古いもの、死につつあるもの、陳腐化したものを、計画的かつ体系的に捨てていく必要があった


p355.すると加地は、これについてもすぐに答えた。「おれの知る限りだと、二人いる。一人は、池田高校を率いた蔦文也監督で、もう一人は、取手二高を率いた木内幸男監督だ」


p357.「この二人は、おれにとっても憧れの存在なんだ。甲子園の歴史を振り返った時、伝説の名将としてまず名前が挙がるのが、この二人だからね」


p371.それは、自分たちが取り組んできたマネジメントの方法を、野球部以外にも広げてみてはどうか、というものだった。マネジメントを通じて、他の部にも貢献する。マネジメントによって、他の部の部員たちをも生かす。そうすることで、社会の問題について貢献しようとしたのだ


p397.すると、いつもはニコニコ笑って「なれるよ」と答えていた父が、この時ばかりは苦笑いのような表情を浮かべ、それには何も答えなかった


p424.それは、アイデアの良し悪しを判断するのは自分の役目ではないと思っていたからだ


p426.みなみは、正義のやろうとしていることの良し悪しは分からなかったが、それが「新しいことを試み」ているというのはよく分かった。だから、彼の「意欲」や「士気」を大切にしようとしたのだ


p454.野球部では、ボール球を見送る練習を集中して行うことになり、攻撃に関しては、それ以外の練習は一切捨てた。


続いて、守備のポイントを「エラーを恐れない」ということに決めた。


加地は、投手陣には「ノーボール作戦」という指針を打ち出していた。これは、ボール球を投げずに、全球ストライクで勝負するというものだ


p462.グラウンドの同じところを、何度も何度も行き来した。おかげで、彼の走ったところだけ芝生がはがれ、くっきりとした跡が残った。そこはやがて「桑田ロード」と呼ばれるようになり、彼の伝説の一つとなった


p524.彼をキャプテンにすることを思いついた。そうすれば、たとえ下手でも大手を振ってベンチに入れる。そして、マネジメントが本当に欲し、重視し、報いようとしているものが何であるかを、組織の中の人間に対して知らせることができる


p531.これに目をつけた応援団は、いつしか文明がリードを始めると、その歩みを大声で数えるようになった。「イーチ! ニーイ!


サーン!」と、歩数を全員で唱和するのだ。 すると、これがさらなるプレッシャーとなって、相手エースを苦しめた


p623.「見ていろ。敬遠したことを、心の底から後悔させてやるから。敬遠のフォアボールは、いかなる場合も使うべきではないというイノベーションを、おれは今ここで起こすんだ」


p627.今回は八歩リードを取ったのである。そのため、八までを数えた観衆からは、おおというどよめきとともに、大きな拍手が湧きあがった


p632.そんなふうに、うんざりしかけた、その時だった。不意に、心にコツンと、小石の当たるような感覚を覚えた。


それで、思わず次郎に言った。「今、なんて言った?」




20100811235906


google adsense

関連記事

no image

三枝匡「戦略プロフェッショナル」日経ビジネス人文庫

タイトルは少し堅苦しい。しかし、内容は物語のかたちをとっているのでスラスラと読み進められる。少し単純

記事を読む

no image

住友不動産販売株式会社「不動産の税金がわかる本」有朋社

不動産に関して税が気になる5つの局面、すなわち、買う、売る、買い換える、贈与する、相続する、において

記事を読む

no image

中島義道「私の嫌いな10の言葉」新潮文庫

好きな著者の一人。きわめて胸が空く。過去にもこんな本を読んでいる。"中島義道「うるさい日本の私」新潮

記事を読む

no image

竹森俊平「資本主義は嫌いですか」日本経済新聞出版社

この人の予測、というかある人の予測についての分析、の示唆するところは、まあ、あんまりワクワクするよう

記事を読む

no image

生田哲「日本人だけが信じる間違いだらけの健康常識」角川oneテーマ21

20140824224436 日本人だけが信じる間違いだらけの健康常識 (角川oneテーマ21)著

記事を読む

no image

野口悠紀雄「ゴールドラッシュの「超」ビジネスモデル」新潮社

面白い。東海岸と西海岸の違い、ゴールドラッシュとシリコンバレーの要点を理解できる。それだけではない。

記事を読む

no image

マーク・ルイス「悪いヤツほど成功する7つの法則」ベストセラーズ

なぜいま5年前の本を読んでいるのか分からないけど そしてどうでもいいことに気づいたんだけど、KKベス

記事を読む

no image

渡部昇一「知的生活を求めて」講談社

先日読んだ”渡部昇一・林望「知的生活 楽しみのヒント」PHP研究所”の対談中、渡部氏が「古希を迎えた

記事を読む

no image

藤井孝一「週末起業」ちくま新書

20071229060000 不況やリストラに立ち向かい、副収入や独立を得るための考え方の

記事を読む

no image

山口正人・豊田圭一「自分がいなくてもまわるチームをつくろう!」明日香出版社

20090601013127 だいたい、こういうテーマの本は読むようにしている。新しい発見

記事を読む

google adsense

google adsense

pay整理とKyashへの収束

20181209101111 ソフトバンク系と楽天系のポイントが

楽天ペイのアプリとローソン

20181208145713 Rakuten PayがPayPa

銀行の口座振替(引落し)設定の解除

20181207112040 とある事情で、とある業者への支払い

Pixel3の購入と現状の整理

20181120110248 Pixel初代とPixel2が日本

ドコモ「dアカウント」と「ポイント共有グループ」の整理

20181106112305 ドコモに3回線MNPの顛末(2

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑