芦永奈雄「コミュニケーション力を高める文章の技術」フォレスト出版

公開日: : 最終更新日:2012/11/22 書評(書籍), 文章術/レトリック



20100918215229








文章の技術、というよりは、一言、「言いたいことを探せ」という感じだな。英語を話せるようになろう、というときも、これは変わらない。母国語の日本語ですらそうだ。話したいこと、書きたいことがなければ、それはできない




p37.「気持ち」は書かない方が伝わるのです


p57.相手にも、「開ける前のビックリ箱」を渡さなければならない。文章も同じ。文章で書く場合、あなた自身が、「伝えたい思い」が湧く元となった経験や出来事を文章にしなければならないということ


p68.求められるものを書きながら、読んでもらいたいように書く。プロはこういうふうにします


p69.相手も喜ばせながら、自分も思いっきり表現する。これがプロです


p87.プロは、一発で仕上げるのではなく、何度も何度も直しを入れて質を上げる。だから、プロなのです


p116.論文の場合、成果がメインなので、大した「組み立て」は要りません。「序論(導入)・本論(展開と詳しい内容)・結論(大事なことのまとめ)」でまとまります。これで終わりです。「文章の技術」なんてほとんど要りません


p153.本当に大事なことは、テーマを持つこと。そうすれば、テーマにふさわしい「題材」や「組み立て」、そして「文章の技術」もそなわってくる。テーマを見つけ、向きあう







google adsense

関連記事

no image

林信行「スティーブ・ジョブズ」アスキー

20080102060000 こんな大判で写真が豊富な本だとは思わなかった。ジョブズ関係の

記事を読む

no image

橋本努「自由に生きるとはどういうことか」ちくま新書

全体としての統一感というか、結局この本の主張が何かがイマイチわかりづらい。著者の博覧強記振りは分かる

記事を読む

no image

大橋悦夫、佐々木正悟著「スピードハックス 仕事のスピードをいきなり3倍にする技術」日本実業出版社

どうしても、こういうハックス物は好きで買ってしまう。それでも最近はメモを取る部分が減ってきたように思

記事を読む

no image

山田修「あなたの会社が買われる日」PHP研究所

なんか、実際に読んでみて、タイトルとは全然違う内容に驚いた。M&Aのことが書いてあるわけではない。会

記事を読む

no image

池田信夫「古典で読み解く現代経済」PHPビジネス新書

20120211000945 セミナーでの講演録。スミス、マルクス、ナイト、ケインズ、ハイエク、フ

記事を読む

no image

朝日新聞社編「『育休父さん』の成長日誌 育児休業を取った6人の男たち」朝日新聞社

育児休業した6人の男性の文章をまとめ、最後に弁護士による男性の育児休業の解説と実際の取得者に対して行

記事を読む

no image

小川洋子「博士の愛した数式」新潮社

帯に惹かれて購入。私の読後感は、その推薦に違わなかった。内容は気が利いているものの、静かであり、特に

記事を読む

no image

蛯谷敏「三井物産 人材活性プラン、そろり始動 (現場力)」日経ビジネス2009年5月18日号

社員が同質であることの限界。視野を広げる 部門を横断して様々な経験を退職の危うさなしに可能とする、社

記事を読む

no image

竹森俊平「資本主義は嫌いですか」日本経済新聞出版社

この人の予測、というかある人の予測についての分析、の示唆するところは、まあ、あんまりワクワクするよう

記事を読む

no image

吉川武男「バランス・スコアカードの知識」日経文庫

バランス・スコアカードに暫く前から興味があったので読んでみたもの 内容が煩雑なのでなんともいえない

記事を読む

google adsense

google adsense

pay整理とKyashへの収束

20181209101111 ソフトバンク系と楽天系のポイントが

楽天ペイのアプリとローソン

20181208145713 Rakuten PayがPayPa

銀行の口座振替(引落し)設定の解除

20181207112040 とある事情で、とある業者への支払い

Pixel3の購入と現状の整理

20181120110248 Pixel初代とPixel2が日本

ドコモ「dアカウント」と「ポイント共有グループ」の整理

20181106112305 ドコモに3回線MNPの顛末(2

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑