高橋秀実「やせれば美人」新潮文庫

公開日: : 最終更新日:2011/09/11 書評(書籍)



ダイエットについての動きがおもしろく書かれている。特に男性である夫から見た女性である妻のダイエット。皮肉を含め、考えさせられるエピソードが多い



大変におもしろいと誰かが勧めていたような気がする。そんなことでもなければ、手に取らなかっただろう。確かにおもしろい。笑う。が、期待したほどでもない





p36.「しあわせ」とはもともと「仕合わせ」。つまり勝ち取るものではなく、運命のめぐり合わせを意味している



p42.失敗から学ぶ、という姿勢も大切ではありませんか? 「そういう、ひねった考え方を喜ぶのは、男だけです」――………。別に、ひねっているわけではない。体質の差こそあれ、ダイエット法はもっと淘汰されてもよいのではないかと思っただけである。「つまり」と彼女はつけ加える。「女性は自分を否定されるのが、最も嫌いなのです」



p45.ダイエット法はどこかから突然降ってくるものらしい。言うなれば「恵みの雨」のようなものだ



p46.彼女がとぼけるので、私は実例を挙げて詰め寄った。「なるほど」――でしょ? 「偶然の出会いがいいんです」「いい」「悪い」を訊いているのではない。真偽をたずねているのだ。「つまりロマンスです。白馬に乗った王子様と一緒です」それが悪いか、という口調で彼女は言い切った。――ダイエットとはロマンスなんですか? 私が確認しようとすると、彼女は「わかっていない」という顔をした。「女性誌、ちゃんと読まれたことあります?」――はあ。「ファッションやメイクの紹介ばっかりで、男の人はカタログみたいだとか思うんでしょうね」――はい、思います。私は正直に答えた。「くだらないと思ってるんでしょ」――決してそういうわけでは……。「女性たちはこれらを読んで疑似体験するんです。自分もこうなれるんじゃないかしらとか、自分がこうなったらどうかしらとか。要するに”夢”を見るんです」――ダイエットもそうなんですか? 「そうです。自分がダイエットに成功したら、こうなるんじゃないかと夢見るんです。ダイエット記事とはそのためにあるんです」現実はどうかなどと問うのは無粋らしい



p51.ダイエット。意味がバラバラである。何だかさっぱりわからないが、よくよく考えるとこれらの意味にはひとつの共通点がある。それは、「きちんと」ということ



p58.私は突如として、妻が「やってみたい」と言っていたダイエット法を思い出した。朝、目が覚めたら、やせてたというやつ」虫がよすぎるように見えて、これは心構えとしては経験なのだった。きちんとした計画を立てて、きちんとした生活を送る。そしてある日、気がついたらやせていた――妻の願いがわかったような気がして、私は思わず十字を切った



p67.つまり、160は女性にとって分かれ道。160以上と160未満で大きく二分されるということだった。160以上に分類されると、「スラリとした」「きれい」の資格を得る。そして未満だと「かわいい」という価値観の世界に入るらしい。言われてみれば、雑誌グラビアなどで女性タレントのプロフィールを見ても、160ピッタリという人は少ない。以上か未満か。はっきりとした棲み分けができており、妻は未満の世界で勝負しているのだ。未満で肥満だから、話が複雑になるのである



p83.カロリーとは何か? 食品のカロリーは、「爆発熱量計」と呼ばれる装置の中に食品を入れて完全燃焼させ、その際に発生する熱量を測定する。食品がもっている「エネルギー」ということである。人間が食品を食べると、原理的には燃焼と同様の反応(酸化)が行われるので、取り入れるエネルギー量として考えられているのだ。そのエネルギー量を、人間は「心臓、肺や筋肉の活動などに必要な運動エネルギー、体温保持に必要な熱エネルギー、神経での刺激の伝達というような電気エネルギー、体成分の合成のための化学エネルギーなどとして利用する」のである。ちなみに運動不足になると、その分は脂肪という化学エネルギーに変化するというわけだ



p125.「生活や感情はなかなか自分ではコントロールできません。でも体重だけは確実にコントロールできるんです。意に反して太るということはないんです。うれしいじゃないですか」ダイエットとは、自分をコントロールする喜びなのである。彼女は村上春樹ファンだった。彼の小説に登場する人々はみんな自分をコントロールできているらしく、その世界に浸るとダイエット感覚が自然に身についていくらしい



p140.走ることは「体のチェック」にもなるらしい。モデルを目指す人たちの専門学校である東京メディアアカデミーのモデル専攻科でも、次のようにランニングを勧めている。「ランニングをすすめる理由は、少しでも太ると重くて気持ちよく走れませんし、自分の身体のどこに余分な脂肪(贅肉)が付いているのか、走っているともっとも分かりやすいからです。その分を意識してランニングを行うことで、余分な脂肪を落とすことができるのです



p148.――じゃあ、どう暗示すればいいんですか?「”細い”です」なるほど、「細い」は繊細さにもつながり、「細腕繁盛記」のように時として力強くもある。そういえば、ある日妻に「足首は細いよね」と言った時、彼女は「でしょ、足首はもともと細いのよ」と自信満々に答えていた。「やせる」のは人為的だが、「細い」は先天的、つまりナチュラル・ボーン・ビューティーにも通じるのである





20110724232543



google adsense

関連記事

no image

近藤勝重「書くことが思いつかない人のための文章教室」幻冬舎新書

20120208213420 スキル/テクニックを教える本を読むときは、意識して外枠から攻める。表

記事を読む

no image

林望「知性の磨きかた」PHP新書

高校生か、または大学入学したばかりの人が読むべき本。勉強の仕方、大学生活のすごし方、本の読み方につい

記事を読む

no image

山崎元「新入社員に贈るマネー生活の基本的な心得(マネー経済の歩き方)」週刊ダイヤモンド2006/04/22

この人は、社会的なプレゼンスをどんどん高めているように思う。今週の本誌では中心人物だ。特集の「あとで

記事を読む

no image

永野良佑「銀行が超!衰退産業になったワケ」扶桑社

20121222081453 内容のレベルも精度も低い。が、それでもちょっとはノートを取れ

記事を読む

no image

毛受敏浩「人口激減 移民は日本に必要である」新潮新書

20111123203247 図書館で新着として並んでいたのをたまたま入手。人のダイナミックな動き

記事を読む

no image

須田慎一郎「下流喰い」ちくま新書

個別の事例集としては面白い。ここだけを読むのは有益だと思う。ただ、主張に関する部分には薄さが見られ、

記事を読む

no image

松永真理「なぜ仕事するの」角川文庫

軽めの内容で読みやすい。著者が女性であることと仕事人であることの葛藤をテーマとしている。そういう悩み

記事を読む

no image

藤川太「サラリーマンは2度破産する」朝日選書

良書。内容はオーソドクスであり、平均的だ。家計のプランニングにおいて必要最低限のことは網羅されている

記事を読む

no image

ピーター・アーネル「人生を無理なく変えていく「シフト」の法則」ハヤカワ新書

内容はおもしろかったんだけど、メモをとってみると、それほど有益なようには見えなかったりする。翻訳に苦

記事を読む

no image

ピーター・セージ「自分を超える法」ダイヤモンド社

20120707111440 また自己啓発的な本を読んでしまった。ダイヤモンド社らしい本だ

記事を読む

google adsense

Comment

  1. ky より:

    「ロマンス」「夢」いいねえ

google adsense

pay整理とKyashへの収束

20181209101111 ソフトバンク系と楽天系のポイントが

楽天ペイのアプリとローソン

20181208145713 Rakuten PayがPayPa

銀行の口座振替(引落し)設定の解除

20181207112040 とある事情で、とある業者への支払い

Pixel3の購入と現状の整理

20181120110248 Pixel初代とPixel2が日本

ドコモ「dアカウント」と「ポイント共有グループ」の整理

20181106112305 ドコモに3回線MNPの顛末(2

→もっと見る

  • 名前:Max 年齢:人生の2合目くらい 誕生日:夏の暑い日 一言:他言無用ということでお願いします
  • あわせて読みたい
  • にほんブログ村 本ブログへ
PAGE TOP ↑